FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2014-09-22 (Mon)
忙しくて思うように更新出来ずにいます、汗。
 

数日前、
あーくんに、何かの拍子に、

「もう、フィストしてやらねぇからな!」

と、言われて、
思わず、

「やだ!!」

と返していました。



言ってすぐ、
え…わたしは、またフィストされたいと思ってるの?

と、
自分で恥ずかしくなりました…


「されたいのか?」
と聞かれると、

「う…う…うん……」
と、なってしまう程、まだ躊躇してしまう本音。

だけど、
『フィストしてやらない』と言われると、
『それは困る!』と、焦る気持ち。


わたしは、
あーくんが他では出来ないことを楽しめる存在でいたいから、
複雑な気持ちに、揺れ動きます。


フィスト。
それは、とても怖い。

喜んでされたいと思うことは、
まだ難しい。


それでも、
あーくんの特別でいたくて。

あーくんを満たせる存在になりたくて。

あーくんの、
たくさんの欲求を吐き出せる場所でいたくて。



フィストをしてもらえる存在でありたいと…
思ってしまいます。



自分が好む行為ではないけれど…
でも、
あーくんにフィストされずに、
適度に大事に扱われたら、そのほうが苦しくて。

わたしは、
あーくんのやりたいことを自由にやれる、
そんな玩具じゃなきゃ、意味がないと思ってるから…。



だから、
フィストしてもらえる存在でいたいと…
思ってしまう自分が居ます。


すごく怖いのに。
されなかったら、心がもっと怖い。


これが、わたしの心の傷と、
そこから生まれる被虐体質と依存。

この先、
あーくんにフィストされながら、
わたしの心は、どう変化していくんでしょう。


壊れるのか、
癒されるか。


それは、
きっと長い先に見えるように思います。



きっときっと、良い方向で…☆


 

でいと記事は、いよいよフィスト。
時間作って更新できますように…☆



ありがとうございます。

ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

| 日記 | COM(2) | TB(0) |
コメント

















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。