FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2015-02-02 (Mon)
あーくんに新しい拘束具をセッティングするように言われます。

拘束具sample1

必死に準備をしようとすると、

「まひろ、何そんなに焦ってるのw?」
「はい!
少しでも不器用じゃないところを見せようと思って!」

「あ?無理無理ww」

( ; ゜Д゜)ひどい…
「ん~!!頑張ります!!」

できる子だと思われなきゃ、
合格できないもん…

パッケージを開けて、頑張って準備します。

新しい拘束具とは、

ドアを利用するタイプ。
ドアの上部に、拘束具をセットすることから始めます。

拘束具sample2

そう、ドアの上部なんです。

148センチの身体で。
拘束具を持って、ドアに近付き、
拘束具をドア上部に引っ掛けようと………

バシンバシンっ!!

届かない(´;ω;`)


「あーくん、届かないですっ!」

「あっはっはっ、お前小さいからwww
考えて、やれww」

このドアの上部に届けば…と、踏み台か!!

キョロキョロして、
パンパンに詰まったお道具バッグを持ってきて、
バッグの上に乗る。

よし!
これで届く………。。。。。。

????

あと1センチが届かない(´;ω;`)

バシンバシンっ!!
「あーくん、届きません(泣)!!」

「あっはっはっ、面白れぇーww
風呂から椅子持ってくれば?」


( * ゜∀゜)
「流石です!持ってきますー♪♪」

と、かなり安定した高さの椅子。
よし、これで絶対に届く!

ふふん♪
ドアのここに引っ掛けて、
そーっと、ドアを閉めて固定するぅー♪♪

ギィィィー

「いたぁぁぁい!!
あーくん!指挟んだぁぁ(泣)」


「はっはっはっはっwww
ヤベェ、腹痛ぇーwwwお前、面白すぎww」

あまりの痛さに転げ回るわたし。
(´;ω;`)

「痛いっ…痛いぃ…」
「はっはっはっはっwww」

あぁ、真剣にやってるのに、
やっぱりコントみたくなるのは何故か(´・ω・`)

「ごめんなさい。大丈夫です。
次はちゃんとやる!!」


そうして、ようやく仕上がった拘束具。

お風呂の椅子の上に立ち、あーくんの手を借りて、
腕をかけて、脚を通して、
わたしは本当に、身動きが取れなくなりました。

あーくんは笑顔。
「コレいいなぁ~♪」と満足げ。

と、お道具バッグから、何かを取り出している。

ん?ん?

!!!!!
出た、電マ。

あーくんはニヤニヤ楽しそうに。
電マを持ってきて、わたしのクリトリスを苛め始めました。

ブィィーーーン…

「ぁあぁぁっ!!!あぁあぁぁぁっ……」

電マは、いつものように、
ただ優しく気持ちイイより、苦しいくらいの快楽。

「ぅあぁぁぁっ……ああああっ…」

全体重を拘束具に預け、
逃げることの出来ない体は、快楽も調節できません。

あーくんは楽しそう。
遠くから眺めてみたり、近くに来て電マを当てたり。

「ぁあぁぁっ…ぅあぁぁぁんっ…!」

でも、なかなかの拘束具で、
全体重を預けるので、体にかなりの負担になります。

「あーくん、苦しい…」
と、何度か拘束具の長さを調節してもらい、
頑張ってチャレンジ。

「ぁあぁぁんっ…いっちゃぅ、いっちゃぃますっ……」

「だめー」
と、言われても。
電マの威力には敵わない。

「ぅあぁぁぁっ…いっちゃいます!!!!」
あーくんは電マをやめては、くれない。

「あぁぁあぁぁっ…
イク、いっちゃうぅぅあぁあぁああっ!!!」

と、イっても、
そのまま電マは当てられたまま。
拘束されて、何の身動きも取れないわたしは、
されるがまま。

「ぁあぁぁっ…はぁっ、はぁっ…イクぅぅあぁぁあぁっ…!!」
可愛らしくもない声で叫び、
何度もイクわたしを楽しみながら、

あーくんは、固定テープを持ってきて、
わたしの太ももに電マをテープで巻き付ける。

あーくんが手を使わなくても、 
固定された電マはわたしに刺激を与え続けるようになりました。

そうして、クリトリスの一番気持ちいいところに、
電マをセットされました。

「ぅあああぁぁっ…イクぅ、イグぅぅっ…!!!」

ビクンビクンと痙攣して、
またすぐに、
「ああっ、またイグぅっ…イクっぅあぁぁぁっ!!!」

「ぅあぁぁぁっ、イクぅぅいっちゃうぅぅ」

あーくんは楽しそうに眺めて、
ソファーに座り、
そんなわたしを見ながら、オナニーを始めてくれました///
かなりの幸せ気分。

わたしをみて、興奮してくれてる?
楽しんでもらえてますか?

嬉しい。
このまま続けてほしい… 

でも。
わたしの体が…………

「ぁあぁぁぁぁっ……イク、いっちゃうぅぅ!! 
ぁああんっ…イグぅぅ…あーくんっ…あーくんっ……

あーくん、痛いです(泣)!ごめんなさいっ…」


「どこが痛いの?」

「腕っ…感覚ない…痛いっ、痛いです…(泣)」


わたしの雰囲気を感じ、すぐに拘束具から解放してくれました。


あ…せっかくあーくんが、
わたしを見ながらオナニーしてくれたのに(泣)。

はぁぁぁ…
と、内心かなり落ち込みながら、
「ごめんなさい。重いからかな…」と言うと、
「そぅやろ」と、あーくん。

「え…だよね(汗)。痩せますぅ…」

「別に痩せんでええ。拘束具なんて、みんなそんなもんやろ?」
(あーくんは、ぽっちゃりさんが好き)

「はいっ。体力つけます!体力を。」

「ほんとなww体力つけろ。
いやー、コレええなw」

と、ご機嫌なままでいてくれました。 


この時点でTシャツ姿のあーくんは、
暑いと、冷房をいれる。

全裸のわたしは、あーくんのソファーの足下に正座中。
モジモジと。
今日の空気を考えながら、何も言葉に出ないままです。


あーくんは、
なにを考えているんだろ…

小さなミスも見られていたり、するのかな。

モジモジ、ソワソワ。

「まひろ、どうしたのwww」
「いや、テストだから…緊張します…」

「そなのw?」
「はぃ………」

すると、あーくん。
「コレコレ、見せたかったやつ♪」
と、携帯に落とした無料動画を見せてくれました。


!!!!!

針刺し。


携帯の動画の中で、
女の子が、針を刺されて叫んでる。
『いやぁぁぁ…ぅぅぅ…いやぁぁぁぁ…』

い、痛そう(´;ω;`)

わたしがあまり真剣に見ないと、
「なんや、まひろ、興味あるって言ったやん!」
と、あーくん。

「いや。あるけど…
わたしが興奮するのはしてる側の顔で…」

「だから、ほら」
と、また携帯を差し出される。

女の子が、口や胸に針を刺されてる。
(´;ω;`)

って、
だから女の子側の映像は痛そうで見られないんです!

「痛そうだから見たくない!
わたしが見たいのは、してる側の顔で!
これは、されてる側だからー(泣)」


「あ、そういうことwww?わかった、わかったww」

と、意味を理解して納得したあーくんは、
すぐに動画を止めてくれました。


「されてる側の映像は、見るのは痛そうで嫌…。
される事には興味あるけど、見られない。
してる側の顔にはすごく興奮します♪」

「なるほどね。」

人を苦しめたり、残虐な状況でニヤニヤ笑う男の人の顔を見ると、
興奮する。
それは、たぶん学生時代からずっと…。

なんて、
会話をしている間に気付きます。
冷房で、部屋がかなり寒いことに(笑)。

「あーくん…寒いです…」

「あ?布団入ったらええやん」

「えっ…でも……でも………」
テストだから…甘えたら、よくない。

わたしは、また『終了』と言われるんじゃないかと、
ビクビクしていると。

「www 大丈夫やから布団入れww」

わたしがテストを気にして、
震えながら寒さに堪えていることに気付いたあーくんは、
怒らないから、普通に布団入ったらいいと言ってくれました。



つづく

ありがとうございます。

ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

| でいと。【20】従試験。 | COM(4) | TB(0) |
2015-02-04 (Wed)
「布団あったかーい♪」

布団に潜り込んで、
冷えた体を温めながら、あーくんを伺う。

今日はテスト。
だから気は緩められないと思いながらも、
いつもの空気に、つい緩まる気持ち。

あーくんは、ソファーで携帯で遊んでる。

そうして、普通の空気で普通に会話している中で、
また、髪型を褒めてもらいました☆
一番好きな長さだと言われてニコニコ(*^^*)

ブログやブロガーさんについて話していたわたしに、

「なんや、結構、複数って人いるんやなw
最近、女子と全然絡んでないわーw」
と漏らしたあーくん。

要らぬことを言ってしまったかな、と思いながらも、
心の中でホッと息を撫で下ろす、わたし。
 
もう考えないようにしようとしながら、
やっぱり、そこはわたしの心が痛む場所であり、
気になっているんだと実感します…。


しばらくして、
あーくんもベッドへ入ってきてくれました。

携帯で遊ぶあーくんの隣で、
また、いろいろお話をします。

携帯で遊びながら、
あーくんは時々、わたしの首もとをグイっと片手で摘まんで楽しんでる。

そして、
「まひろは、こういうセックスが無くなったらどう?平気?
俺は、無理やなー」

えっ…えっ…
あまりそんな質問されないから、焦る。

の前に、
あーくんは無理だって言った!
それは…わたしを必要としてくれる可能性が…
この先も……………

「えっと…無くなったら?
無理じゃないと言えば無理じゃない…かな?
だからと、普通が良いのとは、違って……」

うまく説明出来ずにいるわたしに、
あーくんは笑いながら、

「俺が喜ぶような言葉を言おうとしなくていいから、
まひろの本音で言えw本音でいいよ」

「うーん、正直、あーくんと出来れば幸せで。
女は男みたく、気持ちが無いセックスで気持ちよくなれないから。
気持ちがあるセックスじゃないとダメで。
だから…」

「いやいやwそんなことないってww」

「まぁ、いろいろな子がいるから違うかも、だけど!
でもわたしは気持ちがなきゃ、セックスは気持ちよくならないから、 
あーくんとのセックスなら、
どんな形でも、普通でもきっと…気持ちいいと思う…」


「まぁ、無くなったことないから、分からんかwww」

「う、うん!」


確かに、あーくんから離れたことがないから、分からない。
心のどこかで抱いていたプレイが叶って、
失う寂しさはまだ知らない。

でも、
好きな気持ちがないと、気持ちよくなれないことも、
よくわかる。

前回特に分かったんです。

あの人とあーくんの関係を考え、
いっぱいいっぱいになったわたしは、
あーくんを好きな気持ちより、不安や悲しみが勝って、
前回、あーくんのオチンチンで気持ちよくイけませんでした。

女は、心と脳でセックスをするんです。
だから、気持ちがあれば、
あーくんとなら、どんなセックスも気持ちいい。

でもやっぱり、
それならば、
大好きな人と、願っていたプレイをすることが何よりも気持ちいい。

失いたくは…ないな。
傍に置いてもらって、これからもあーくんを満たせる場所でありたいな。


なんだか自然な空気で、いろいろなお話をしました。
テストと言われたけれど、
常に緊張感たっぷりではなくて、いつもと変わらない空気も流れる。

それがまた、
あーくんらしくて心地好い。

でも、
いろいろとお話をしながら、
「お茶」と言われてお茶を渡したり、
やっぱり今までとは少し雰囲気が違う瞬間もある。

指示や命令的な空気が、サラッとやってくる。


これがあーくんが、望んでいた空気なのかな。
それとも、
特に深く考えてなくて、自然と出てきた空気かな。

どちらでも、
あーくんの自由でいられる空気になれば、
嬉しい…


あーくんに言われるまま、
あーくんのTシャツと靴下を脱ぐお手伝い。

それから、
わたしはあーくんの隣にくっついて(許可をもらって)、
あーくんはAVチャンネルを換えながら、
「つまらん!」と、お気に召さない様子でした(笑)。

*この辺りの流れが、曖昧です(汗)。

あーくんに、「こういうAVでも女は興奮するの?」なんて聞かれる。

今日はいろいろ聞かれるな…なんて思いながら、
ただしているだけのAVに、

「うーん、興奮は…ヤってるだけのシーンでは、あんまり。
それより、ストーリー的なもののほうが興奮するかな?」

「あー、なるほどね。どんなの?」

「オジサン好きだから、オジサンが若い子を無理矢理…とか?」
「へー、このAVもオジサンじゃんw」

「これは!なんか違う。
もっとだらしないオジサンがいい。
気持ち悪い感じのオジサンに無理矢理的な…嫌だけど興奮する、みたいな(笑)」
(完全にわたしの被虐趣味です/笑)

「なんだ、それw」

と話をしながら、
モゾモゾしたわたしに、
「なに、してるの?」と、あーくんがわたしのクリトリスを触ってきます。

「してません!あっ……///」

急に触られて、焦る気持ちと、
あーくんの優しくてイヤらしい指使いに、
つい声が漏れてしまいます。

「ぁあっ…ぁんっ……///」

あーくんは無言で弄り続けます。
優しく触り、時には激しくされて、
「あぁんっ…ぃやぁっ、いっちゃぅぅ……」

イきそうになると、やっぱり止められる。

「んぁっ…あぁぁぁっ…………」

そうして気持ちよくしてもらっていると、
隣で横になっていたあーくんが、起き上がり、
覆い被さってきます。


あーくん……?


あーくんが、わたしの喉元を触る。

片手で。
わたしの喉元を摘まむ。

説明するならば、
猫の首(後ろ)を片手で摘まんで(掴んで)持ち上げるような、摘まみ方。

喉元を、クーッと摘まみながら絞められる。

あーくん…
今から起こることへの恐怖と、異様な幸せが交差していく。

あーくん……あーくん………

「んんっ、んぐっ……」
苦しぃ…

と、すぐに解放される。

そうしてまた、クーッと摘ままれる。
「んっ、んん…ぅぐっ……」

怖くて苦しくて、
わたしはされるがまま。

あーくん……あーくん………

あーくんは、徐々に力を込めて、
わたしの喉元を摘まんでいた手は、
グッとわたしの喉元を押さえ込むようになる。

「ぅがぁっ…んがぁっ………」

苦しい…苦しい……苦しい…苦しいぃぃ…
 

苦しいけれど、
あーくんが、好きなことをわたしにしてくれる嬉しさ……
だからわたしは、嫌だとは何も思わない。

それよりも、
これがもっと気持ちよく感じるようになりたいと、
どこかで欲してる。

ううん、これが本当は好きなことを、
わたしは自分で知っている……


と、手を離されて、
一気に血と酸素が流れ行く感覚に、
身体が痙攣する。

「ぅあぁぁぁーーーっ……!!!」

ビクンビクンと大きく身体が震えて、
遠退いた意識が戻ってくる。

とすぐにまた、
グゥーッと喉元を押さえ込まれ、
「んぐぐっ、んんぐっ………」

苦しぃぃ……苦しぃ……苦しぃ……
くる…しぃぃ…

「ぅあぁぁぁぁーーーっ」
手を離されて、また痙攣を起こす。

と、すぐまた押さえ込まれる。

何度となく繰り返され、
あーくんも止まらなくなるほど楽しんでいるだろう空気と、
わたしも苦しい中で、ナニかに興奮してる。

時間にして、数分間。
でも、異様なほどに脳と喉元に刻まれる感覚と記憶。

この時、
わたしはあーくんにクリトリスを弄ってもらっていたのか、
正直、その記憶はない…

苦しさの中の幸せしか記憶にない。


「んんぐっ、んがっっ…んがぁあぁっ……」

あーくんの顔も見れないほどに、
苦しい中で、もがいてもがいて。

手を離されて。
「ぁああぁぁっ………はぁっ、はぁっ…」

グィッと容赦なくまた押さえ込まれ、
「んがぁあぁっ……んががぁああっ………」


手を離されると、我に返るように、
自分が戻ってくる。

あーくんを感じたくて、
必死にあーくんを探す。

「ぅあぁっ………はぁっ、はぁっ……あーくん………」

あーくんがわたしに顔を近付けました。




「あーくん、じゃないでしょ?ご主人様。」



あぁぁ…
あーくんじゃ、なくなっちゃうの……?

ご主人様ぁ……



受け入れたくない気持ちと、
この空気でご主人様と呼んだらどれだけ幸せなんだろうかという感覚に、
酔いながらも、

ご主人様と声に出すことは出来ませんでした。




つづく

*危険な行為であることは、お互い理解ある中で、嗜好を満たすためにしています。
当たり前ですが、加減もしてもらっています。


ありがとうございます。

ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村

| でいと。【20】従試験。 | COM(4) | TB(0) |
2015-02-07 (Sat)
「あーくんじゃないでしょ?ご主人様。」

顔を近付けられて、
そう"ご主人様の顔"で言われて、

わたしの頭は、混乱しました。

もう、あーくんと呼べなくなっちゃうの?
あーくんが…あーくんが…いいのに。

もう、人として関われなくなるの?

という気持ちと、
でもきっと、
この空気で、ご主人様と呼べたら、
また何かを超えられて、きっと気持ちイイ空間が生まれる。

このあーくんを目の前にして。

この空気で、
目の前にいるこの人をご主人様と呼べたらどれだけ幸せだろうと思った。
ご主人様と呼んだら、
わたしの何かが外れていくのかな…

この時、
きっとわたしは、難しい顔をしていたはず。
首を押さえ付けられながら、
苦しいままに、難しい表情をしたように思う。

あまりに突然で、
"ご主人様"とは、声に出せなかったから…


と、
あーくんが、

「あぁ、こんなんしてたら興奮して勃ってきた」

え…

と、あーくんを見ると、
本当に勃っていた。

嬉しい…
普通に興奮されるよりずっとずっと…

わたしがずっと願っていた興奮。

あーくんがベッドに仰向けで横になり、
わたしは大きくなっているオチンチンを咥えました。

「んっ…ん………」

一生懸命に。一生懸命に。

「んんっ……んっ……」
と、しばらくしゃぶっていると、

「そんなんじゃねぇだろ?」
急に頭を掴まれて、激しく上下される。

あーくん!?

ジュブジュブジュブ。
「んんんん………!!!」

イラマチオって、これのこと?
初めての激しさに、戸惑いと興奮が押し寄せる。

あーくんが手を止めたから、
すぐにまた、自分のペースでしゃぶっていると、
違うと言うように、
また頭を掴まれて、激しく激しくイラマされる。

「んんんっ、んぐぐっ………!!!」

これだけ激しくされたのは、初めてで、
焦る気持ちもありながら、
とにかくついて行こうと必死に口を開け続けた。

苦しい…苦しい…苦しい………
「んぐぐぐっ………!!!!」

わたしの頭からあーくんが手を離されると、
さすがに口からオチンチンを離してしまいます。
呼吸は荒い。
「ゲホっ、はぁっ……はぁっ……!!!」

でも、また掴まれて、
容赦なく激しく口を犯される。

「んぐぐぐっ、んんん……んっ!!!」

ダメ、吐く…… 
あーくん、出ちゃう、出ちゃう……

この日初めて、
何も食べずに来た自分を本当に褒めたくなった。

「んんんっ!!!んぐっ、んぐっ………!!!
!!!ゲホッ、ゲホッ………」

もう、止められることの無い動きに、
喉奥から、胃液がゴボゴボと逆流しました。

朝から食べていないから、出るのは胃液だけ。

それでも、
何度となく、イラマを繰り返され、
あーくんのオチンチンは、わたしの胃液でグチャグチャになっていました。

よかった……(泣)
何も食べてこなくてよかった…
あーくんは、汚いって思わないかな…(泣)

そんな心配をグチャグチャの顔で考えていると、
「おい、ケツ穴舐めろ!」

!!!
「はいっ!」

驚いたのは、
あーくんが舐めさせてくれたこと、に。
舐めたくないのではなく、 
むしろ、わたしは好きな行為///

そうさせてもらえることに、
そんな指示を貰えたことに悦んで、
むしゃぶりつく位の勢いで、あーくんのアナルを舐め回す。

「ケツ穴舐めながら、オナニーしろ!」

言われるままに、
オナニーを始めるわたし。

興奮する。
顔を埋めるくらいの勢いで、アナルを悦んで舐める、わたし。
その被虐感に酔う。

ハシタナイ。

こんなことしながら、オナニーしてる///

「んんっ、んんっ…んはぁっ…はぁっ……」
気持ちいい、気持ちいい…

気持ちいいよりも、アナルを舐めることが、
こんなに興奮するなんて///


「んんっ、んはぁっ…んんっ…
いぃっ、イク、イクっ……」


「ほら、挿れろ」

そう言われて、
騎乗位で、あーくんの上に乗っかります。

「ぁあぁぁぁぁっ………」
気持ちいい……ちゃんと、気持ちいいよ…あーくん(泣)。

前回会ったあの日とは、全然違う。
ちゃんと、身体も心も感じてる…

「あぁんっ、ぁあぁんっ……」
腰を動かします。

あーくんに気持ちよくなってもらいたい。
イってもらいたい…

「はぁんっ……あぁぁん……」
頑張って動きます。

すると、

「セックス好きか?」と、あーくん。
「はい、好きです…」

「肉便器は、セックスが好きです、は?」

えぇぇ………
突然の言葉に、頭はパニックと、
その言葉の汚さに、
恥ずかしさと苦しさで、言いたくない本音を感じてる。

言いたくない(泣)、肉便器なんて…
わたしは……そんな汚くて惨めな名前なんかじゃない…(泣)…

いやだ…こわい……
自分がダメな汚い存在なんて…思いたくない…(泣)

心の中では、
そう叫びながら、

「あぁっ、あぁっ……
にく…べん…きは…セックスが…好き…です(泣)…ぁあぁぁっ……」

あーくんに言われた言葉を復唱する。
恥ずかしい…汚ならしい……いやだ…いやだ……


「チンポが好きです、は?」
「あぁっ、あぁぁん…チンポが…すき…です…(泣)」

「肉便器は、チンポが好きです」
「あっ、ぁぅっ…にく…べん…きは…チンポが…すき…です(泣)…
ぅあぁぁっ……あぁんっ………」

いやだ…いやだ……恥ずかしい……

あーくんに、
ハシタナイ言葉を言わされて、
心が抉れてしまいそう。


「アナルに挿れろ」
「ぅえっ…」

急なことに、焦ります。

「なに?綺麗にしてきたんじゃないの?」
「してきた。大丈夫です。」

そう、
アナルは完璧と言えるほどに綺麗にしてきた自信があります。
でも、アナルを頻繁に使う訳ではないから、
正直、挿入が成功するか、自信がないんです。

おまんこからオチンチンを抜いて、
アナルを緩めるように、息を吐きながら、挿入してみます。
「ぅがぁぁっ……あぁぁっ………」

キツくて苦しい。
しかも、深くまで入っていっていない。

動いてみても、キツくて痛くて、
「痛い…痛いっ………」

これでは、全然ダメ。

「あの…、ローションつけてもいいですか…?」
「まぁ、いいよ。」

許可がおりた!
と、走ってお道具バッグへ向かい、
ローションをアナルへたっぷりとつけます。

ベッドへ戻り、
急いでまた、あーくんに跨がり、オチンチンをアナルに当てる。

ハァーッと息を吐いて、
オチンチンを挿れていきます。

「はぁぁぁっ………ぅあぁっ…」
ローションをつけたお陰で、オチンチンをすんなり受け入れたアナル。

そっと動いていきます。
「ぅあぁぁっ……はぁんっ…んんっ、んんっ……」

アナル独特の気持ちよさに、
異様な声を出しながら、腰を動かしていく。

「あぁぁっ、気持ちいいです///…ぅあぁぁっ……」

「ほら、膝立てて」
あーくんに言われて、
騎乗位で跨がりながら、膝を立てます。
そうして、上下に動くと、

「ぅあぁぁっ…ぅはぁっ、ぅあぁぁんっ…」

アナルの奥深くまでオチンチンが挿り、
圧迫感と苦しさと、気持ちよさで…声を出さずにはいられません。

「ぁあぁんっ…ぅあぁぁっ…気持ちいい…気持ちいい…」

アナルが好き。
言い様のない気持ちよさに、無我夢中で動きました。
「あぁぁっ、ぁあぁぁっ…イクっ、いっちゃう……」


「イけ」

「ぁあぁぁんっ…イク、イクっ、イクぅーっ……」


「肉便器、アナルでイきますって言いながら。」

!!!!!

「あぁぁっ…、
にく…べんき…アナルでイきますぅーっっ、ぁあぁぁっ………」

「もっと!」
「にくべんき……アナルで…イきますっ、イクぅーーっ………」

やだやだやだ………
恥ずかしい…恥ずかしい……汚ならしい………

「あぁぁぁっ……アナルで…イきます(泣)…イきますぅーーっ!!」


と、ピキっと。

あ…切れた(笑)。
「痛い痛いっ!ごめんなさいっ…痛い痛い…
抜いてもいいですかっ?」

「いいよ。」

わたしの急な痛がり方もあったのか、
あーくんはアナルからオチンチンを抜くことを許してくれました。

そして、
アナルからオチンチンを抜いて、
迷わずわたしは、オチンチンを咥えて舐め始めました。

ローションがついてる、とか、
アナルにいれた後、とか。

そんなことも気にせずに。

まだイってもらえていないから、気持ちよくなってもらいたくて。
何も考えずに、咥えていました。


この2ヶ月を無駄にはしない。
勝手に考えた口のトレーニングも、ずっと続けた。

前回の終わり際、
もうグチャグチャな空気で、
冷たくあーくんに犯されました。

その時、オチンチンを咥えた時、
実は気持ちいいポイントをサラッと教えてくれた。
最後だから、と言わんばかりに。

それを何度も思い出しては、
この約2ヶ月、イメトレしていた。


あーくんが気持ちいいポイントの辺りを舌で舐めながら、
手もしっかり使う。

ポイントの位置で、舌を早く動かしながら、
咥え込めない部分は手でカバー。

かなり、真剣。
そして無我夢中。

「あぁ……いい………」
あーくんの声が漏れる度に、
リズムを読みながら、わたしは手の動きを速める。

気持ちよくなってもらいたい。
願うならば、イってもらいたい…

そしてこれからも、
傍に置きたいと思ってもらいたい………


「あぁ……あぁ………」
声を聴く度に、更に頑張る。

イってもらいたい。
まだまだ…まだまだ……

諦めない、頑張る。



「あぁ………あぁ、イク、イクぞ………」

うそっ!?


まさかの展開に、心は驚きながら、
わたしは最大の勢いで、口も舌も手も動かしました。
ただただ、必死。

と、
温かな液体が、口の中に広がっていく。


あぁ(涙)…信じられない………
イってもらえたんだ……(涙)

あーくんの温かな精子を飲み込もうとした時、
「まひろ、飲むなよ!」

えっ…!?
と、焦って止めると、
あーくんはガサゴソと何かしてる。

あーくんの股の間で待ちながら、

その間に。

溢れ出す涙。

ボロボロと、止まらない。


あぁ…あーくんに口で、イってもらえた…
初めて…やっと…口でイってもらえた………(涙)

嬉しい……嬉しい………


あーくんが準備が出来たようで、
「口開けて」と、言われます。

何だろうと、あーくんを見ると、
目の前には、あーくんの携帯。

わたしは、意味を理解して、
口に溜まった精子を見せるように大きく口を開けました。

パシャ、パシャ。
その顔を、写真におさめてもらいました///


ゴクンと、精子を飲み込み。


「まひろ、なんで泣いてるのww?」

「ぅえっ…その…嬉しくて…
初めて口でイってもらえたから…嬉しくて……(涙)」






「やれば出来るじゃないか」





グシャグシャっと、頭を撫でられました。

あぁぁ(涙)。
褒められた………(涙)。


「うん…うん………(涙)」
泣きながら、頷いて。


そのまま、あーくんの脇に納まると、
あーくんはしばらくずっと、
わたしの頭をクシャクシャと撫で続けてくれました。





つづく

ありがとうございます。

ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村



| でいと。【20】従試験。 | COM(4) | TB(0) |
2015-02-13 (Fri)
「まひろ、なんで泣いてるのww?」

「ぅえっ…その…嬉しくて…
初めて口でイってもらえたから…嬉しくて……(涙)」


「やれば出来るじゃないか」


グシャグシャっと、頭を撫でられて、
今までに、こんなにも褒められたことがなかったわたしは、

大きな幸せ感に包まれる。


褒められるって、嬉しい。
大事な人に、表現豊かに褒められると、人は満たされるってこの事。

自信が少し甦ります。


「隣、くっついてもいいですか?」

「あー……、腕枕は嫌だけど、
そうじゃなきゃ、いいよ。」

腕枕!?…////

腕枕の言葉に一瞬、驚く。

腕枕をお願いしたこともないし、
そんな気持ちは全然無かったから、
腕枕を連想してくれたあーくんに驚き、嬉しくなりました///

腕枕は、恋人のすることってイメージ。
そのせいか、わたしはあーくんに腕枕してもらうのは、違和感。
いや、そもそも、腕枕は首が疲れるから好きじゃないだけ(笑)。
(腕枕は、お互いが気を遣って無駄に体力を消耗するイメージです/汗)

腕枕なんて、しなくて大丈夫です.・:.*

あーくんの脇にすっぽりと納まって、
携帯のアプリで遊ぶあーくんを眺めながら、

口でイってもらえた幸せに浸ってる。


これって、現実。
手も沢山使ったから、フェラでイってもらえた、という表現には当たらないかもしれない。
だけど、それでも、
舌もつかい、口に出してもらえたことは事実で…

やっぱり、嬉しい。

ニマニマしながら、
喜びをあーくんに伝えていると、
アプリが一段落したあーくんは、わたしのほうを向き、

クシャクシャ、クシャクシャっ、
髪がグシャグシャになるくらいに頭を撫でてくれます。

まさに、
犬を褒める飼い主さんの図(笑)。

あーくん///
嬉しいけど……照れる///

心がくすぐったい。

そう、褒められる経験が少なすぎて、
心が過剰に反応してしまうのです///


でも、美容室へ行きストレートをかけてきたわたしは、
髪のクセがついてしまうことを気にする。

「ぅわぁぁぁーっ、髪がっ、髪が…」

クシャクシャ、クシャクシャ、

「あぁぁぁっ…髪がぁ……」


「なんだよ!じゃあ、もうしてあげないw」

( ; ゜Д゜)
「やだーっ、してくださーい(笑)!!」

「だめーww」

キャッキャッと笑い声が響く。
ベッドで。裸で向き合って、キャッキャッと笑う。
こうして、ジャレてる時間が、大好きです。

こういう瞬間に、
あーくんの傍に居られる幸せを感じます。
『この人がいい。あーくんがいい。』
そう思うのは、
笑いの間や、言葉にしなくても通じる、この空気感。

この何気ない時間の、
温かで穏やかな空気に、満たされていく時間が、
あーくんとのこの先の未来を願い続ける。


「あーくん、トイレ行ってきてもいいですか?」

「いいよ」


断りをいれてから、トイレを済ませて。
あーくんの隣にまた入って、アプリを覗く。

あーくんは、アプリに夢中。
わたしは、静かにあーくんを眺めたり、アプリを見たり。


と、突然。
あーくんの顔が近づく。


「まひろ、頑張ったからご褒美な♪」

チュッ……


!!!!!
…………///////


チュッて……
今、チュッて……!!!
(〃Д〃)

あーくんから急なキスのプレゼント。
普段、キスは帰り以外ではなかなか貰えないので、
かなり動揺するわたし。

しかも、
おねだりした訳ではなく、
あーくんからしてくれたという幸せ。


キュンってなる.・:.*


あーくんが、キスくれた。
あーくんがご褒美だなんて…キスを…くれた///

わたしは心の中で、かなり喜びながら、
何事もなくまたアプリで遊ぶあーくんのシレっとした態度に更にキュンとする(笑)。

あーくんが、
キスしたいと思うくらい、わたし頑張れたのかな。
嬉しい。
今までの3年間は、無駄ではなかった(泣)。


キスの余韻に浸りながら、ポーッとまたあーくんを眺めていると、

「今日、まひろにやらせようと思っててな!
やらずにとって置いたものがあるねん!」
と、ルンルンなあーくん。

えっ?
わたしのために、
あーくんがとって置いてくれたもの?
なんだろー(*´∀`)

「ちょっと待てよー。これがな…えっとな…
はい!!!」

ジャジャーン.・:.*



アプリのガチャ。



(;゜∀゜)
え、わたしの運を使おうとしてるのですか(笑)。

「あーくん、ちょっと…」

「ダイヤがこれだけあってな。ガチャには、これだけ使う。
つまり2回のチャンス!で、レアキャラ出せ!」

( ; ゜Д゜)
レアキャラをわたしの運で出せと…

「レアキャラ出現度は6%な!よし、がんばれww」


ろ…ろく…ぱーせんと………!?
((((;゜Д゜)))


「出なかったら、課金させるぞ」

(´;ω;`)
ひどい……

と、あーくんの携帯の、ガチャのボタンをポチっと…
「おっ、このアクションはイイやつだぞ!!ヨシッ来るか!」

ジャジャーン.・:.*

既に持ってるキャラ。

(´・ω・`)
ざんねん…


「はい、まひろもう一回ね♪」

「やだー!こわいよー、こわいよー」

プルプルと指を震わせていると、
「押すだけやんかwはよ、やれww」

(´;ω;`)
これで出せなかったら、申し訳ないじゃん…

と、ポチっと。

ジャジャーン.・:.*

「はい、これも持ってるw残念でしたww」


・゜・(つД`)・゜・
申し訳なさすぎて、
こういう時に発揮されない自分の運を恨みます(笑)。
 

別に怒られることもなく、普通に流れていき、
あーくんはさりげなく、
「このアプリに課金なんかしないしな」とも言ってくれて。

"キャラ出せなかったら課金"の話も、冗談だと分かりました。
わたしを不安にさせるのが好きなあーくんの、
さりげないフォローにキュンとなる。

そして、
あーくんの携帯を一緒に覗きながら、
アプリ内のキャラを説明してもらいました☆

萌えキャラが多いアプリの可愛さに興奮するわたしに(笑)、
細かく説明してくれたり、何度も画像を見せてくれたり。

セックスやプレイ以外での、
この至近距離と構ってもらえてる感覚に、
幸せで楽しすぎて仕方ない。

そう、顔の距離は十数センチ…////


一段落して、
あーくんが何かを探していることに気付き、
「あ、あれかな?冷蔵庫にしまったの。はい」
と、コンビニであーくんが選んだスイーツを渡します。

「これでしょ?」
「おっ、そうそう。ぅんまー♪」

と、美味しそうにスイーツ食べるあーくん。

可愛い。
甘いものを食べる男性が萌えポイントなのは何故でしょう(笑)。

「わたしも、おにぎり食べていい?」
「どうぞ」

この時点で、
もう今回は、この空気でイラマは無いとわかるから、
一日ぶりの食事をします。

あーっ、美味しい(笑)。

あーくんのための空腹だった一日が、
こんなにも幸せに感じられたのは初めてでした。

テストという緊張感の中で頑張る気持ちよさと、
結果がついてきたことへの満たされ感。

あーくんのために頑張ることが、
こんなにわたしを幸せにしてくれるんだなぁ…
そう自然と感じられたことが、嬉しくありました。


そうして、
まったりと、
TVのバラエティーを観たり、AV観たり。

けっこうゆっくりと、まったりとしました☆

わたしは今日は、時計を見ることをやめていました。
いつも、
あと何時間一緒に居られるだろうかと、ソワソワしてた。
今日は全てをあーくんに任せて、
わたしはあーくんの世界であーくんの時間で動いていようと決めて。

何も気にせず楽しもうと思っていました。

時間を気にしたら、
その時間までに合格もらわなきゃ、とかまた焦って、
空回りしてしまいそうだから(汗)。

それよりも、
あーくんだけを見て、真っ直ぐに頑張るほうが、
楽しく満たされます。

でも、たぶん、
もう、いい時間になっているんじゃないかな…
そんな気もする。

わたしは、あーくんのアプリをする姿を眺めたり、
一緒にTVを観て笑ったりしていました。


そんな中、
今日はホテルのAVがイマイチでした(笑)。
あーくんの好みから外れすぎていて、
あーくんはつまらん!と不満そうに、最後は自分の携帯の中に納めてある動画を観始めました。

おそらくAVモノの露出動画。

そしてあーくん、オナニーを始める。
わたしの心が、キュッて苦しくなる。



ヤキモチだ。

AV女優さんへの嫉妬。



あーくんが、
わたし以外の人で気持ちよくなる瞬間を見ていることの苦しさと悲しみ。

わたしはソッと…
あーくんから目を離しました。

見たくない。
ううん、もう…傷つきたくないし、
こんなことであーくんに当たるようなこと、無くしたいんだ。

この前会った…あの日のようには…、
もうなりたくない。


一生懸命に、あーくんを見ないように、見ないように。
心も視線もどこかに向けようとしてみる。

それでも…
やっぱり気になる。


そして何より、
あーくんに気にされてる。


あーくんは意地悪そうに、
あえてわたしを見ながら、「気持ちいい…」って言ってきます。

悲しそうなわたしの顔を見ながら、
「気持ちいい…」そう声を漏らす。

わたしが悲しむのを知って、そうやってくる。
そう、
あーくんは動画で気持ちよくなりながらも、
ちゃんと、わたしを構って楽しんでくれてる。

それが分かるから、
苦しいのに…嬉しい。

悲しくて泣きそうなのに、
構われてる嬉しさが、歓びを与えて、変な感覚。


切なさが、心をキュッと苦しめる。


もう、見ないでやり過ごそうとした気持ちが、
あーくんに構われたことで、
ちょっと頑張ろうと思えた。

拗ねそうになった気持ちを、
あーくんの加減でなんとか持ち直しました。


あーくんを見つめる。

あーくんに触れようとします。

「だめーー。あぁ、気持ちいい…」

シュンとなる。

気持ちよくなっているあーくんに触れたくて、
お手伝いしたくて、近付くと、

「だめーーー。」

「あぁ……(泣)」

わたしの存在はちっぽけだなぁ。
あーくんはやっぱり、わたしなんかより、
その女優さんが魅力的なんだな…そう思えてきて、

泣きそうな気持ちを、必死に堪えて、
それでも、頑張って触れようとする。


だって、分かってる。
わたしがシュンとなることを、あーくんが楽しんでいるのを。

シュンとしたまま、どっかへ逃げたら、アウトだ。

あーくんは、
わたしの心をグチャグチャにして楽しんでるのを、分かってる。
だから余計に、わたしは食らい付く。
好かれたい。まひろがいい、楽しいって思ってもらわなきゃ…


それでもやっぱり、悲しくて切ない。


動画で楽しむあーくんが、ふと、体勢を崩したので、
わたしはすかさず、
仰向けのあーくんの股の間に入り込みます。

オチンチン舐めちゃえばいいんだ!
よし!

と、目の前にあるオチンチンを咥えようとしたら。


グイっ…


あーくんは、両足で、わたしの肩を押さえ込みました。

「うっ…」

肩を押さえ込まれ、オチンチンに近づけない。

完全に、"待て"の状態。

あーくんは、携帯を持ち動画を観ながら、
気持ちよくなってる。
「あぁ…気持ちいい……」

自分でしているあーくんを眺めながら、
わたしは舌を出して、オチンチンを舐めようと必死。

「あぅ…あぅ……」
少しでもグッと近付こうとすると、

あーくんは両足の力を込めて、わたしの肩を更に押さえ込む。

「ぁぁぁぁぁ………」

それでも、必死に舌を出して、
餌を求める犬のように、ハァハァと息を荒げます。

「はぁっ…はぁっ…あぅー…はぁはぁ……」

もう少しでオチンチンに触れられる。
あと1センチ…あとほんの少し…

「だめーー。」
グイッと押さえ込まれる。

「ぅぅぅぅ………」

しばらくずっと、お預けをくらう中で、
わたしはあーくんの押さえ付ける力に酔いながら、
もどかしさに興奮して、舌を出してはあーくんを求めて、自分の立場を思い知らされる。


そんな状態で、
あーくんが気持ちよくなっていっている中、
だんだんと、あーくん自身が疲れてきて、手の動きが悪くなります。

あきらかに、疲れてる。

オチンチンを触るのをやめてしまったあーくん。
わたしは迷わずにすぐに、あーくんのオチンチンを咥えました。

気持ちよくなって、
イけるならイってしまいたいだろう、あーくんの状態に、
わたしが少しでも力になれたらと、
オチンチンを咥えました。

「んんっ…んっ………」

あーくん、また口でイってくれるかな。
気持ちよくなってもらいたい…

頑張って舌を動かし、手も動かし…
あーくんが気持ちよくなってくれているのが分かり、
更に頑張ると、



「まひろ、まんこ使ってやる!」

「はっ…はい!!」






つづく

ありがとうございます。

ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村


| でいと。【20】従試験。 | COM(4) | TB(0) |
2015-02-18 (Wed)
「まひろ、まんこ使ってやる!」

「はっ…はい!!」

口で頑張って、
このままもう一度口でイってもらえたら幸せ!
なんて思っていたら、

すぐにおまんこの指示。

嬉しい気持ちと、寂しい気持ちが交わりながら、
「早く横になれ」と言われたので、
正常位だと理解して、わたしは仰向けになります。

そのまま挿れられるので、
念のために自分でおまんこを触って、
ちゃんと濡れているか、オチンチンをすんなり受け入れられるか、
確かめる(笑)。(ほんの数秒の話)

と、間髪いれずに、
あーくんのオチンチンがおまんこにはいってきます。

「あぁぁっ……あぁん…あぁぁっ……」

気持ちいい…
嬉しい…

今日の満たされたわたしが、
嬉しさいっぱいであーくんのオチンチンを受け入れて、
おまんこは気持ちよくて仕方ない。

「あぁんっ……あぁっ、あぁぁん……」

気持ちいい…
あーくん……あーくん……


と。 



「てめぇ、忘れてんじゃねぇよ!!!」

バシンっ!!

グッ……ギューッ…………


!!!!


と、頭を叩かれて、
そのまま両手で首を絞められて、気付く。


あ!
乳首触るの忘れてた!

正常位になったら、
あーくんの乳首を触る。
これがいつも貰っている指示。

気持ちよすぎて…忘れてました(汗)///


「ごめ…んな……さ…い……ゴホッ、ゴホッ…」

首を絞められたまま、
謝りながら乳首を触ります。

「忘れんなよ」
グーッと絞められる。
「はぃ……んぐっ…んんっ…ぁあぁぁぁっ………」

首を絞められている手を離されると、
身体は痙攣する。

そうしてまた、軽く首を絞められる。

「んんっ…んんーーっ…んはぁっ、ぁぁっ……」

さっきの息苦しさとは違う。
軽く絞められる、気持ちよさと…おまんこの気持ちよさ。

何より、あーくんを見つめながら、
絞められる快感。


あーくんが、
唾液を垂らしてくれます。
首を絞められたままに、口を開けて舌を出して…
餌を貰うように歓んで必死に飲み込んで。

何が気持ちいいのか分からないくらい、
脳も体も満たされて、
おまんこが伸縮しているのが、わかります。

「ぅぁぁぁ……!!!んぐっ…んんーーーっ………」

何度と絞められて解放され、
気持ちよくて、気持ちよくて、
かなり興奮している自分を身体で感じます///

「ぅがぁぁぁ……いぃっ……んんっ、んはぁっ、ぃぃっ………」

気持ちいい…
オチンチンも、首に与えられる苦しさも、
全部が気持ちいい…

あーくんがわたしに与えてくれるもの。
きっと、
あーくんとわたしだから分かち合える快楽。


と、
「ぁ、もうイクわ…ぁぁっ…」
あーくんの腰の動きが速くなります。

「ぅんっ………ぃぃっ、んんっ、んぁっ………」
「ぁぁ、イクぞ…」


と、いつもより断然早くにイってもらえたように思いました。

わたしもあーくんがイきながら、かなり身体は痙攣していて、
お互いが、
この行為に気持ちよくなれることを体感した瞬間のよう。


なんだろう、この興奮と気持ちよさ……



「あーっ、暑っ!!」

相変わらず暑がりのあーくんを軽く扇ぎながらいると、
「あ、腰痛ぇな…」と、あーくん。

あーくんは腰痛持ちなので、
わたしは技術も力も無いことを自覚しながら、
少しでも和らいでくれたらと、

「腰、揉もうか?」と、尋ねました。

いつもは自信もないから、
揉もうとはしない時もある、わたし。

今日は、やれるだけのことはやろうと…
後悔ない時間を過ごすと決めてきたから、
自信は無くても、自然と口と体が動いていきます。

うつ伏せになってくれたので、
揉んでいいんだ!と、喜んで腰を親指で押していくと、

「弱いから、くすぐったいww」

やっぱり、
わたしの力では、びくともしない(汗)。

ので、手をグーにして、
ゴリゴリと押してみます。

「お、このほうがまだいいな。」

言われて、
少しは役に立てるかなと、頑張って全身の力を込めて、
グーでグリグリゴリゴリ。

「はぁっ…はぁっ…はぁっ…」

やばい、
速攻で限界(笑)。

全体重をかけて押しているから、すぐに息切れです(汗)。

「ハァハァ言ってるやんww」

「だって…全身の力を使ってるんだもんっ…はぁっ、はぁっ…」



「やめてもいいよ?」

え、やめてもいいの?
やめてもいいんだ…

優しいあーくんだから、きっとやめても怒らないだろうな。

でも…
今日は、諦めない。
やって…みよう。続けたいと、思うから。

無言でそのまま、続けていると、
「おっ、今日は頑張るじゃーん」と、あーくん。

え…あーくん…
頑張るじゃんって…

それも、褒めてくれてる部類に入ってる?


まひろ、意外にも続けるじゃんって、
いつものわたしとは違うことを感じてくれているような言葉に、
なんだか急に、グッと来るものを感じます。

うん、
わたしは頑張ることが本当に嫌い。

頑張ってダメだと言われる恐怖から、
頑張ることすらやめてしまう、わたしの癖。
ダメだと言われるくらいなら、
頑張らずにダメだと言われたほうが、自分のプライドを守れるから。

わたしは、限界を超えることはしない。


でも、今は頑張ろうって思ったんだ。

これが…もしも最後になるならば、やれるだけのことはやっておこうって。
いや、最後になんて…ならないと…思うけど……
だけど、後悔ない時間にしたいし、
あーくんのためなら頑張りたいって、素直に思えた。


あーくんの言葉に更に頑張る力が入り続けていく。

すると、
腕の痛みや疲れのような限界を超えて、
疲れる!って感覚から、この力加減が当たり前のような…変な領域に入っていきます。

あ、これだ。

頑張ってみたら、頑張り続けられる体力に出会えた感覚。
今まで、この通過点を全部恐怖から限界値にしていたんだろうな…

新しい発見。

あーくんのために頑張れたからこそ、
知ることの出来た新しい自分。

しばらく押し続けていたけれど、
あーくんがアプリのことを話し始めて、
わたしがあーくんの携帯を覗いたりしたので、流れのままにマッサージは終わりました☆

もちろん、
何か突っ込まれることもなく、叱られることもなく。
自然と、
あーくんのアプリをわたしが隣で眺める形が出来上がります。


あーくんは、本当にアプリが好きなんだなぁ…
わたしには、ちんぷんかんぷん(笑)。

でも、こうして眺めさせてもらえることが嬉しい。


今日は、どうだったのかな。
あーくんは今日のわたしを、どう思ってくれていたんだろう。

こうして、
あーくんの隣にいられて…そして…これからも一緒に………

あ…どうしよ…眠い…………


今日は、さすがに起きていなきゃ…
テストだし………………

……………………………………
……………………………


ハッ!!!

「おはよう♪」

笑顔のあーくん。

そう。
わたし、寝た(笑)。

この状況で…テストなのに。
満たされて…安心していて…………寝ました(汗)。

あぁぁ、こんな日に寝落ちなんて(汗)。


いけない…テストだから緊張感を…
持ってしっかり…しないと………………

……………………
……………………………………


ハッ!!

「まひろ、おはよう♪」

!!!
(;゜∀゜)また寝てた…

まさかの二度寝落ち(笑)。

「ごめん(汗)」
「いいよー」

あちゃーっ……… 
たぶん、そんな長い時間ではないと思うけれど、
こんな日に寝落ちなんて(汗)。

でも、それだけ満たされて安心してる。
心は分かってる、あーくんと繋がっていること… 


「まひろ、そろそろ支度するよ」
「えっ、そんな時間?」

「もう4時過ぎた」

((((;゜Д゜)))
「あーくん!ごめん!」

まさかの時間に焦る自分と、
この時間まで何も言わずに一緒に居てくれるあーくんに、嬉しくなります///

「さぁ、支度するか!」

「いや…あーくん…待って…その合否は……」


「あ?」

大事なこと。
今日の一番、大事なこと。

しっかり言葉にして、貰いたい。


「だから!テストだから…合否は……?」


……………
…………………………


「………郷ですっ☆!!!」

( ; ゜Д゜)
あーくん、郷ひろみのモノマネした…

「いやいや(笑)、それ、"合否"じゃなくて"郷ひ"だから(笑)!
そうじゃなくて、合否……」

……………
「郷ですっ☆!!!!」

キランと、ノリノリでモノマネ。

( ; ゜Д゜)
また、郷ひろみ出てきた…

「だから!郷ひろみじゃなくて、合否を(笑)!」

「郷ですっ☆!!!」

((((;゜Д゜)))
遊ばれてるな、わたし………


「あーくん!!」
グイグイとあーくんを押して聞き直す。
「合否!!
今日のテストわたしは…合格は………………」

これを聞かなきゃ帰れないの。
わたしは、この先もあーくんの傍にいられるのか……

アプリをし続けているあーくんに、
わたしは一生懸命に食らいつく。

と、



「いいんじゃないっスかーー♪」


(;゜∀゜)
え…


えーーっ!!!
それだけ…!?

もっと、目を見つめて、
『これからも傍に置いてやる』とか、
『お前は俺のペットだ』とか、(妄想が激しい)

その、こう、いろいろと…………

あぁぁぁーーっっ!!!

あーくんは今の言葉は本当なんだろうかっ…
やだ、そんなに簡単だと、
あーくんらしいけど…やっぱり心配になってしまう……(泣)

あぁ、めんどくさい自分。
そんなの、わかってる…


「えーーっ!!!!、
あーくん、本当?えっ、ウソっ、ねぇ、本当?」

アタフタしたわたし。
すると、あーくん。


「あぁ!!しょーがねぇなーっ!」


と、イライラとベッドから急に出て、
お道具バッグをガサゴソしている様子。


あーくん、何してるの?

何かするの?


ん?
あれは………

ピアス!!


視力の悪いわたしも、さすがに袋を見て気付きました。
これは、
わたしの塞がったピアス穴を開けてもらおうと、買ってあったピアッサー。
開けて欲しいとお願いして、却下されたまま、バッグに突っ込んだままだったもの。

あーくん、
ピアッサーを入れたままにしてあったこと、知っていたんだ。

あーくんは、
何も言わないけれど、
ちゃんといろいろチェックしてくれている…

「あーくん、それ…!!」

「なんや。」

「いや…その////」

まさかの展開に、わたしも起き上がり、
ベッドの隅に座って待ちます。

ドキドキ………ドキドキ………

ガサガサと、パッケージを剥がすあーくん。
わたしの元まで来て、
ピアッサーを近付けてくれる。

ドキドキ…ドキドキ……

と、
乳首を摘ままれて、ピアッサーが…!!

!!!

「あーくん!乳首は…これ、耳用だしっ……」
「あ?なんや、文句あんの?」

乳首を摘ままれたまま、
あーくんに静かに言われて怯える。

「ちがう…これ、耳用だから…長さ的に無理で…」
と、
説明しながらも、実はかなり必死。

乳首用じゃないものを乳首に付ける危険性と恐怖、
環境上、まだ乳首に付けられたらマズイ事も重なって…

たくさん考えたら、
怖くて怖くて…かなり必死に、怯えた顔だったと思います。

「あ?」

バンっ!!!


あーくんに押し倒されました。

押し倒されて、腕を抑え込まれる。
「あーくん!待って…やだ…乳首は……」

こわいこわい…こわい………ダメ…

やだ…ごめんなさい………


あーくんがスッと離れます。

ガサガサガサガサ。

え、なに…?


!!!!
針だ……………


あーくんが針を持ってきて、
またわたしを抑え込んで、乳首に針を近付けてる。

「あーくん!やだ…こわい……待って…こわいこわい………」

冗談だよね…
今からそんなこと、しないでしょ…

こわいよ…やっぱりこわい………

あーくん…本気…?

まだ心の準備が………………


「今からやったら時間的に無理やろww」
と、
笑って針を戻しにいくあーくん。

だよね、だよね(T-T)
よかった…心の準備が出来てないから焦った……… 

と、
またピアッサーを持ってきて、
乳首を摘まむ、あーくん。

!?

「いやっ…あーくん、乳首は…やだ…ダメだって……」

本当にお願い。
耳用で乳首は、無理があり過ぎるから………

と、わたしで散々遊んだあーくん。
「ったく…で、どこにするの?」

「えっと、ココくらいしか無いかな(汗)?」

(あーくんはいつも、
冗談とは分からない位の空気で、わたしの心を遊びます。)

既に5個(1個は塞がってるけど)開けているから、
開けるスペースが少ない耳たぶ(笑)。


空いている場所に。
ピアッサーが当てられる。

あーくんの手の温もりを感じます。

あーくんの手で、
ピアスを開けてもらえるんだ…



パチンっ…



あぁ……(涙)。


証とか、形に残すことは嫌いなのかな、というイメージだから、
尚更に嬉しい。

ジンジンと痛む耳が、気持ちよく感じます。


「ありがとう…あーくん……」

「そういうことだ。」

あーくん………////


「うん(涙)!証…です///嬉しい。」



嬉しい…

あーくんが、イライラしながら、
それでも咄嗟に形にして表してくれた気持ちが、
あーくんの想いだと分かるから…

こんなに嬉しいことはない。



「あーくん、わたし、ペットなんですよね……////」

やっぱりしっかり聞きたくて、
ニヤニヤとあーくんに聞いてみる。

やっぱりペットって呼んで貰いたい///



「え?」

「えっ、違うの…??」


 


「…………奴隷。」

!!!!


ど…れ…い………?



「嘘でしょ……あーくん……奴隷って……」

「なに?」




「あーくん…やだ…奴隷は………
わたしは、ペットが………いいです………」





つづく

ありがとうございます。

ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村

| でいと。【20】従試験。 | COM(2) | TB(0) |
2015-02-22 (Sun)
「あーくん…やだ…奴隷は………
わたしは、ペットが………いいです………
だって………」

「だって、なに?
あ、トイレ行ってくるわ」


奴隷という言葉に、
心がギュッと畏縮して。
わたしは躊躇なくペットがいいと、伝えていました。

奴隷は、嫌だよ、あーくん。

従という立場で、そんな我儘は間違っていると言われるかもしれない。
だけど、
奴隷って、苦しい気持ちも吐けずにいい顔ばかりする、
心を出させてもらえない機械のような生き物のことでしょ…?
(あくまでも、わたしの中でのイメージです/汗)

そんな立場になるの?
ご主人様、ご主人様って必死にいい顔ばっかするの?
甘えられなくて、心も出さない関係になるの?

それは、
もう家族だけで充分…

笑顔作って、泣き言隠して平気なフリして。
わたしの心も知らずに満足してる人間たち。

あーくんの前では、わたしはそんな風になりたくない。
この歳になって今更、そんな関係は要らない。

心出して、心繋がって行きたいから…
奴隷という響きでは、わたしはきっと畏縮する。

我儘なのかな。
従らしくない考えなのは分かってる。
でも、譲れないものがあるの。
あーくんとは心を出せる関係でいたい。
そのために必要な言葉の"響き"なんだと思う。


あーくんがトイレに行っている間に、
わたしはそんなことを考えたりしていました。

とにかく、奴隷という響きに心が苦しくなったのは確かでした。

あーくんがトイレから戻ってきて、
わたしに聞きます。

「で?だって、何だって?」

「その……ちょっと座ってください!」

無理矢理あーくんを引っ張って、
ベッドに座ってもらう。

「なんやねんw!」

ベッドに座らされたあーくんと向かい合うように座り、
わたしはたくさんの考えを伝えることもなく、
突然、あーくんに抱き付きました。

ギュッ……… 



「わたしは…ペットが、いいです。
だって…だって…………

こうして、時々、ジャレたいんですもんっ(笑)!!!」



奴隷では畏縮してしまうこと、ペットなら自分を出せること、
それを表した精一杯の表現。
重くならずに、笑って伝えました。



バシンっ!

頭を叩かれる。


「いたいーーーっ!!」


「アホかw
ったく!、しょうがねぇなっ」

(〃д〃)
許された。


へへっ.・:.*

しょうがねぇな、と言いながら立ち上がり、
帰り支度を始めるあーくん。

含み笑いに、
あーくんの想いが届く。

わたしは言葉にしなくても通じる想いに安心して、
それ以上は何も返さずに、
ようやく支度を始めました。


うん、ペットがいいです。
ペットは甘えることを許されてる存在のイメージ。
甘えてジャレて、構ってもらえるもの。

わたしは、それがいい。

ううん、
きっとあーくんは、
奴隷と言ったとしても、何も変わらずにいてくれると思う。
わたしも奴隷と呼ばれたとしても、ペットでも、
何も変わらずに頑張ると思います。

ただの言葉のやり取りだっただけで、
きっとお互いの気持ちも関わり方も変わらないのは分かってる。

それでも、ペットという響きが良いのは、
それは、安心して甘えられるために。
わたしが畏縮せずに、心を出していけるために必要な表現。

奴隷と呼ばれたら、わたしの心はきっと扉を閉める。
そうして、きっと何も言えなくなったら、
あーくんは怒ると思うから。

今はまだ、ペットでいさせて欲しい。

あーくん、ごめんなさい。
変わらず甘ったれで、人に対して、恐怖と不安が消えきらないわたしで…

帰り支度を急いでして、
忘れ物がないか確認して、あーくんにプレゼントも渡して、
ホテルを出ました。


ホテルを出て、
今日は満たされて幸せいっぱい☆
合格できて、この先も傍に居られるから幸せ!

ううん、
実はまだ、そうでもない。

心の片隅?…真ん中にある、このシコリ。

あと一つだけ引っ掛かってること。



これ、伝えなきゃ、ね。
流してしまおうかな…ううん、流したら、心のモヤモヤは消えないだろうな。

きっと伝えなきゃ、苦しいままになる。


帰りの車の中、
わたしが一番引きずっていた事を、話していくために、
わたしはこんな言葉から始めました。

「あーくん、
わたしはあーくんをこれからも好きでいていいですか?
恋愛感情を持ったままで…、いいですか?」


どうして、今更こんなこと?
それは、
あの日の"あの言葉たち"に、わたしの心が怯えたままだから。

あーくんが何て言うかなんて分かるのに、
それでも聞きたくなりました。

どこかで、好きでいることを躊躇している自分がいる。

あーくんがわたしではない人を好きでいるなら、
好きで居続けることは…苦しい、と、
この2ヶ月、何度も悩んで心に鍵を閉めようとした。

わたしは、あーくんを信じたいだけ。
まだ同じ想いであると…信じたい気持ちと恐怖が行き来している。

その恐怖を消したい。
だから、聞いてみました。


「いいよ。いいって言ってるやん。
つか、お前、恋愛感情無くせるのww?無理やろww」

(;゜∀゜)
ひどい…(笑)。

「えーっ!やっぱり無くせないかな(笑)?
わたし、無くせないかなぁー!?
でも、主従に恋愛感情は必要ないとか言う人いるじゃん」

なんて言いながら、
恋愛感情を無くしたら、心が傍に居られなくなるのを自分で分かって、
恋愛感情の無い主従なんて言葉にしてみる。
自虐的だ、わたし。
(あーくんの前では、あまのじゃく全開)


「まぁ、俺も、恋愛と主従は違うと思ってる側だけどね。」


え…?
ちょっと、待って。

それは、あーくんはわたしを好きでは無いと言うこと?
わたしの心がキュッと固まる。


いや、きっと違う。
違うと思うんだ。

言葉の表現の仕方の違いだよね、今のは。

違うと信じたい気持ちも含めて、
わたしは言葉を繋げます。

「うん。あーくん言ってくれたよね。
"恋人"と主従は違うって。
だけど、主従でも恋愛感情を持つのは、人それぞれじゃないかって…前に言ってたよね?」

「うん。
だから!恋愛感情持っていいよって、言ってるやんww」

はぁーっ。
なんだか、あーくんの気持ちは全然見えないままで、消化不良…
しょぼんとした気持ちになる、わたし(笑)。


わたしがしょんぼりしているなんて知ることもないあーくんが、
話を続けます。

「第一さ、恋愛感情を無くせるなら、
好きじゃなかったら、あの時、
離れるって言いながら、"やっぱり無理ー!"なんて、お前、言わねぇだろww」

う…
痛いとこ突かれた(汗)。

「言ったね、わたし(笑)。
だってやっぱり離れたくなかったんだもんー!」

あの時、
離れたいと口にしながら、本当に離れる方向に動いて、
焦ってわたしは、やっぱり離れたくないと言ったんです(汗)。

「しかもお前、ブログ閉鎖するとか言って、
すぐ違うところで書いてるしなww
やめてないじゃんって思ったわww」

あ、あーくん、
ブログ読んでたんだ…

あの時、しっかり気にされていた、わたし///

あーくんは続けます。
「まぁ…今はブログ読んでないけどなw!
あの時は読んでた。」

うん、気にしてもらってた、きっとずっと…



「恋愛感情があるから、引き留めたくなったり、
思い留まったり、するもんじゃねぇの?」

「うん、そうかなぁ…
だからわたし、引き留めちゃったのかぁ(笑)」

恋愛感情があるから、引き起こされたもの、か。

だって、
すごくあーくんのこと、好きだもん…


ねぇ……

あーくん、
それってさ…

わたしに当てはまることだけどね、

わたしの勘違いか、期待し過ぎかもしれないけれど、ね。



終わりにした、あのあと、

あーくんがLINEで、
わたしを引っ張り上げてくれたのも。

またペットとして置いてくれようとしたのも。


あーくんの考えを当てはめたら、
あーくんも……わたしに対して………………

同じような感情を持ってくれて……いるって…ことになるよね?

……………///


来るもの拒まず、去るもの追わず。

そんな付き合いをしてきたあーくんが、
初めに追いかけてくれた気持ちと、また引っ張り上げてくれた気持ちは………

きっときっと、
そういうことなんだと……思う///

(いや、思いたい/笑)。←希望


きっと気持ちは、同じところで繋がってるはず。
だったら尚更に…
"あの言葉たち"の胸の痛みを解消しなきゃ…

あの言葉たち、あれは本当の話じゃないはずと、思ってる。
でも、自信のないわたしは、あの言葉たちが耳から離れずに怯えてる。

真実を知りたい訳じゃない。
希望を持って歩くために、忘れてしまいたい。


わたしは唐突に話始めました。

「あーくん………あの……」

「ん?」


「もうね、結果とか事実とか、
今どうなってるとかは、いいの。
それは聞かなくて大丈夫だし、もう考えないようにするって決めた。
でもね、
どうしても気になってる。
あの言葉を思い出すと、頑張れなくなるから…
忘れることを許して欲しいの。」

そう、臆病なわたしは、事実も現状も聞きたくない。
ただ、許してほしい。

忘れることを許して欲しい。
あの、悲しい言葉たち…



「ん?」

「この前会った時の…言葉。
3つだけ、忘れたいんだ。

あの子とヤったこと、と、
それはティッシュ(性処理)じゃなくて気持ちがあってヤった、ということと、
今までで…一番好きだって…………」

「あぁ…」

一気に空気が重たくなります。

それは、わたしたちのすれ違いの根本だから。
あの日のあの出来事と言葉たち、
わたしたちの今回の痛みの核心だから。

あーくんの口調が一瞬にして、重くなりました。

それでも、
話さなくてはいけないと思った。
わたしたちがすれ違った一番の原因を、解かずにはこの先、心を繋げていけない気がするから…

あの言葉が、
あーくんの本音だとは…正直、思っていない。
でも、自信のないわたしは、その言葉を本気に受け取って悲しんで揺らいだまま。
わたしの直感は、
そんなの本音じゃないでしょって言っているけど…

自信がないから、
事実を聞く勇気はない。

だから、忘れることを許してほしいだけ。



何となくの間があいて。

なんとも言えない空気になりそうだから、
必死に間があかないように言葉を出します。

「忘れても、いい?
忘れることを許してもらえたら…頑張れるから…」


…………
……………………

……………………………
…………………………


「………忘れてイイっしょっ」


あーくん………!


強すぎず弱すぎずの、
苦笑いのようで笑いのないような、
溜めてからの含みある言い方に。

わたしはやっと、確信した。 



あの日はやっぱり、わたしたち、変だった。



その確信を、言葉にします。

「よかった…忘れていいよね(笑)、うん、忘れる。
…………………
あーくん!…………あの日は…!
あの時は、いろいろあって、普通じゃ…なかったよね?」


「まぁ、そうねw」


やっぱり!
忘れていいのは、そういう意味なんだ。

確信に変わったわたしは、
身を乗り出して早口であーくんに話します。

「だよね!だよね!
"お互い"!なんか、おかしかったよね!?(笑)」

「おぅ。だからー、
だから、忘れていいって言ったやんww」

「だよねー(笑)。
うん、忘れるー(笑)!!」

「忘れろ、忘れろwww」

「うんっ(笑)」


解けた.・:.*

溶けて重なった(泣)。



よかった…(泣)。
やっとしっかり、言葉にして確認して、
誤解が解けて仲直りした感じ。

うん、あの日はわたしたちの本音じゃなかった.・:.*

あーくんが、あの子を今更好きになるなんて有り得ないし。
(自信がないくせに、自信がある/笑)
あの子とヤるなんて…ヤったとしても、
気持ちがわたし以上になるわけない。

あーくんはわたしを今も変わらず大切に想ってくれてる。

わたしたちの関係には、
しっかり気持ちがあって、同じ温度で繋がってる.・:.*


だから、
こうして戻れて、こうやって笑えるんだよね…



ちょうどのタイミングで、
いつものネットカフェに着きました。 

「あーくん、ありがとう。」

「おぅ、こちらこそ♪」

全てが解けて、いつもの空気。


「あーくん…ちゅう…………」

「あ?今日は、ご褒美でキスしてあげたでしょw?
滅多にないよ、あんなこと」

「うん、してもらった…」

「だから今日は、我慢しなさい」

「はぃー(´・ω・`)」

ん?
我慢しなさい…我慢しなさい…
しなさい…しなさい…………きゅんっ////
『我慢"しなさい"』に萌え////

だから、我慢します(笑)。


「あーくん、気を付けてね。またね!!」

手を振ってバイバイしました。

時間は5時をすぎて。
明るくなろうとしている空に。


またこの地に来れて、
あーくんとのこの先を感じられる満たされた心に、
充実感と安心を感じながら、

あーくんの車をしばらく眺めて手を振り続けました。



よかった、よかった(笑)。


☆おしまい☆


好きとか、
実際に言葉にしてもらうことは変わらず無いけれど、
あーくんとのこの空気や、あーくんの含まれた笑いに、
わたしは気持ちを感じながら、傍にいます。

あーくんの気持ちの本当の部分は、実際には分からないけれど、
大切にしてもらっていることは、とても感じていて。

主従も恋愛も本当は気にすることなく、
大切な人と繋がれる幸せをただ感じ、わたしらしく尽くせることが目標です。

わたしたちにしか分からないこの絶妙な空気が、
少しでも伝わってくれたなら、嬉しいです.・:.*




ありがとうございます。

ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| でいと。【20】従試験。 | COM(4) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。