FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-08-02 (Fri)
先日、記事にアップした、ご主人様からのメッセージ。


本当は、
もっと綺麗な記事にできたのかもしれないと、
少し反省しています、汗。

ご主人様からのメッセージだけを、
ストレートにアップすれば良かったのかなぁ…なんて。


だから、ご主人様、
出しゃばって、ごめんなさい☆


それから、実はその記事は、一日かけて、かなり補修していたことを、
ご主人様が知っていてくれて、嬉しかったです。



この最近までの、わたしの不安定の本当の原因を、
ご主人様は知っています。

だから、大丈夫。


ご主人様なりに、理解してくれているはずで。

だからこそ、
今度こそ、もう、惑わされないように。


わたしをしっかり、立たせていきたい。



ご主人様とは、
毎日、また変わらずに落ち着いています。

わたしのお仕事もまた、忙しくなり、
ご主人様に、お仕事用のブログをかなり触ってもらっていて。


ありがとう、なんです☆



不思議な感覚。

いつもの空気。


当たり前のように、ご主人様は居て。


メールを送っても、届いても、無くても…、
ご主人様はわたしの傍に居てくれている感覚で。


心がキュンって、幸せな感覚で。


あーくんが居てくれて、
本当に良かったと思える毎日に、感謝しています。



逢えなくても。

それでも、近くに感じている。


何ヶ月と逢えないことが当たり前だからこそ、大切にしている、心と感覚。


いつでもアンテナの耳を立てて、澄まして、
尻尾振りながら、過ごしています。



感じたい。

毎日でも。


心と感覚だけで、感じ、逝き続ける毎日に。



わたしは、幸せだと、自分の心を感じれば、分かります。




ご主人様がいて、わたしがいる。

それだけで、幸せで。



大切な空間。






今日も終わる一日に…


LINEのアプリ。

ご主人様から「ハートが届きました」の文字。

それだけで、キュンってしている、笑。


過剰反応の、変な子、笑。



そのくらい、好きで。

そのキュンだけで、幸せの中、眠りにつきます。





おやすみ、あーくん…


今日は、
お話聞いてくれて、ありがとう、泣。




ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
| 日記 | COM(2) | TB(0) |
2013-08-07 (Wed)
先週から、
ご主人様がまた、体調を崩されて。

その理由を、わたしは分かるから。

そっと、祈ります.・:.*


たぶん、もう元気に復活するはずです☆

.・:.*.・:.*


私はこの週末、また、苦しんでいました。

それは、
ご主人様が原因ではありません。


本当にもう、縁を切りたかった人。

昨年からブログを読んでくださっている方は、分かると思います。
辛くて、このブログでも、昨年の秋から、いっぱい書いてきました。

今は辞めてしまった、会社。

何とか辞めることの出来た会社。


その会社の上司。
「悩みごと」の相手。


その女性から、連絡が来て。

メールで、わたしが辞めたことを酷く当たられました。
「あのとき、私が苦しい時にどうして辞めたのか」、と。

わたしのご主人様との関係を知っている、その人は、
その話まで持ち出し、私を脅すように、追い詰めるメールを、

何通も送ってきました。

家に行くと言われたり、本当に怖かったです。


全てをバラされる恐怖と、酷い言葉に、
パニックになりながら、

ご主人様に、
「バラされるかも。迷惑はかけないから。」

などと、必死にメールして。


結局は、今は、
「もうメールしません、さよなら。」
とのメールを最後に、その人からは連絡はありませんが。


本当に怖かったです。


わたしは本当に不安だったのに、
ご主人様は、全然平気そうにメールをくれて、

笑ってしまった、その夜。


ご主人様は、その人のことも知っていて、
ただ、騒いでいるだけだと分かっていたみたいで、

余裕でいてくれました。


「(あーくん)との不安定を、私との不安定だと言って、私を周りに酷く言って、卑怯者!」
って、言われたんだよ!


と、ご主人様にメールすると、

「不安定じゃねーしw」

と、ご主人様からのお返事。


あーくん…(*・д・)

はぃぃ、わたしたち不安定じゃないです!
と気分ルンルンに、

「うんw」
とお返事すると、

「よろこばなーいw」
と、メールが来ました、笑。


ご主人様にそう言ってもらえるって、安心.・:.*


そう、
本当は全然、不安定じゃなくて、

ご主人様の体調不良だって、タイミングが良すぎました。



人の恨みは、怖いです。



わたしは、ただ、
あの「悩みごと」の相手から離れたかっただけで。

その人を苦しめたかった訳ではないけれど、
結果、苦しめてしまったのだと思う。


寂しい人でした。

だからいつも、一生懸命な人でした。


ご主人様との関係を知っている、その人が、

わたしが仕事上、何かに困り、返答に迷ったとき、
「ご主人様はもう一人いるでしょ?」

と、わたしに笑いながら言ってきたことが、ありました。


私の言うことを聞けば間違いないのよ。私の言うことは聞けるでしょ?

守るから、安心して大丈夫よ。と言いながら、
暗示をかけられそうでした。



あの瞬間、物凄い違和感と、引いた気持ち。
わたしのご主人様は、あーくんだけだから。

主従を知っている、その人が、
よく言えたな、と、感じました。



あの人は、わたしを支配したかった。

そこから抜け出したわたしを、許せなかったんだと思います。



わたしは、自由が良い。

やりたいことを、やりたい。

奴隷では、無い…。



わたしがご主人様の傍に今、変わらず居るのは、
ご主人様はわたしの歩く道を、サポートし理解してくれるから。

沢山の教えと、
あたたかな気持ちをいっぱいくれるから。



ご主人様とペットは、わたしたちの大切な形。




主従と、人としての部分を、
しっかり自分たちの中で、使い分けている感じ。

感覚的だけれど。




もう、大丈夫。

あの人とは、これで終わったはず。



そんな日曜が過ぎた翌日から、
あーくんの体調はまた、戻りつつあるから。




もう絶対に、邪魔させません。





ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村

| 独り言。 | COM(4) | TB(0) |
2013-08-13 (Tue)
いつも、
ご主人様との連絡のツールは、メール。

でも先日のある日、
ご主人様発信で連絡が来た時、

そのツールは、LINEでした。

だから、ご主人様に、
「LINEのほうが良い?」と、聞くと、

ご主人様的には、LINEが楽みたい☆


だから、最近は、LINEでのやり取りが増えました♪


そうして知ったこと。

それは、ご主人様のLINEを見るペースや、
お返事のタイミング。

LINEは「既読」と表示されるから、分かりやすいです、笑。


わたしは、LINEからの連絡があると、迷わずすぐに読みます。
そうして、
お返事のタイミングを考えて、しばらくしてからお返事。

ご主人様は、
通知にしていないのか、
トークでメッセージを送っても、なかなか読まれず、
でも、読むとほぼすぐに、お返事をくれる感じ。


そこで知る、
ご主人様の行動パターン。

メールの時は、
いつ読まれて、どんなタイミングでお返事が来ているのかも、予想に過ぎなかったこと。

それがLINEだと、
明確に分かること。


ご主人様は、やっぱりしっかり、お返事をくれる人。


メールのほうが、
空気や雰囲気は読みやすかったけれど、

スタンプが届いたり、
チャットのようなペースでやり取り出来るLINEも、
良いなぁって思います。


でも、
「既読」が表示されるからこそ、
読んでもらえていないことも分かってしまう、心の痛さ。

昨夜最後のメッセージと、
今朝のメッセージが、夕方までずっと読まれないことに、

今日は、少し寂しくなって…


ご主人様に、
「LINEやだーっ」って、言ってみたりしました、笑。

素直に、
「LINEだと読まれないことが分かるのが、寂しい」
ってメールで伝えると。

ご主人様は笑いながら、
メールでもLINEでも、
「どっちでも良いけどww」と。

さらに、
「でも、LINEのほうがレスしてる気が(爆)」と。


分かってますよぅ。
贅沢な悩みなんだって。

LINEのほうが、
いっぱいお返事が来ます☆

(実際、丸一日、LINEし続けた日もあるくらいです、笑)



時々、構ってもらいたくなって。

寂しい気持ちも、
モヤモヤ溜めずにお話をする。

でもご主人様は、
そんなわたしを笑いながら、
当たり前のように、ペースを崩さない。


だから、安心して甘えられる。
ご主人様はいつでも、ご主人様なんだなぁって、感じるから。


ブレないことを、教えてくれる。



わたしは、

ご主人様との、心地いい場所や距離を探しながら、
寄り添う。


逢える時間が少ないからこそ、
大切に考えること。




あーくん、
そろそろ逢いたいよ。

逢えそうで、逢えなくて。



触れたいと、想うのです.・:.*





ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村

| 日記 | COM(2) | TB(0) |
2013-08-16 (Fri)
このブログを始めてから、変わったことの一つ。

それが、タイトル通りなのですが。


わたしは最近、
ご主人様と以前から仲良くしている女性のことを、
ブログ上で「女性」と呼ぶことにしました。

その女性は、わたしのブログの初めの頃から登場してきている、
ご主人様の「彼女」と呼ばれてきた女性のこと。


そう、「彼女」と呼んでいた女性を、

わたしは、あえて、「女性」と呼ぶことにしました。


それは、ヤキモチとか、不安とか、苛々とか、
そういうことだけではなくて。


言霊というか。



彼女と呼ぶから、彼女だと感じる訳で。

自分の中で、モヤモヤと考えてしまうもの。

だから、わたしから彼女と呼ぶことに問題があるんだって、気付いたんです、笑。

自ら、その女性の存在を、
自分とご主人様との中で、大きくしてしまっていました。



わたしは、主従を知らなかったからこそ、
主従の深さよりも、恋愛のほうが最上なのでは?という考えがあり、

「彼女」と呼ばれる女性の存在は、
ご主人様にとって大きなものでは無いかと、いつも不安に感じていました。


だって、世間一般、
大切な人のことを「彼女」と呼ぶものだから。

だから、「彼女」と考える度に苛々して、
いつもその存在を気にするようになっていました。


本当は全然、比べるところに居ないのにね。
ですよね?ご主人様♪



わたしは知らず知らずの内に、
自ら、その女性を同じステージに上げようとしていました。


でも、そうでは無いこと、

ペットの位置を、
ご主人様にはずっと言葉にしてきてもらっていました。


「わたしは、恋人じゃないでしょ…」と拗ねた時にも、
「だから、そこを超えてるって言ったでしょ?」と、お話してもらったり。

その女性にヤキモチ妬いた時にも、
「お前は、うちの子。よその子を可愛がって噛み付くのか?例えば散歩に出掛けて、俺がよその犬の頭を撫でたら、お前は横で噛み付くのか?ってこと」

と言われたことがあって。


その時は、
うちの子?よその子?

それって、良い言葉なんだよね?

半分、ポカーンだったのですが、笑。
今考えると、とっても素敵な言葉だって、理解できます、汗。


その女性は、ご主人様の外側にいて、
わたしはきっと、内側というか…

ほんと、傍に置いてもらっている感じ。


『主従兼恋人』

時々、目にする文字。


でも、わたしたちは、そうじゃない。
ご主人様に教わった、ご主人様の感覚。

恋人は、ご主人様にとって、代わりがきく存在で。
ご主人様の恋人を望むことは、
「格下げ」みたいなものっぽい、汗。


「彼女なりたいのw?ふーん、いいのw?」

そんな風に、意地悪そうに言ったご主人様を思い出します。

彼女になったら、
優しくされて、愛してると、言われる。

そこに、心が無くても。


だから、『主従兼恋人』は違和感。
でも『主従恋愛』は、しっくり来ます、笑。


わたしは、ご主人様が大好き。

あーくんが、大好きで大切です。

わたしは、恋愛感情があって、大切な人だから、
抱かれたいと思うし、いろいろな姿を出せる。


ご主人様は本音をなかなか言わない人だけど、

きっと、
大切に想ってもらっている。



だから、
こうやって、関係を繋げていられるのだと思います。



正直、
主従を結ぶ前に、考えてみたら、

いろいろ聞かせてもらっていました。


その、彼女と呼んでいた女性とは、離れてもいいって思っていること。
ご主人様から好きになった訳ではないこと。

この数年で、本気で好きになったのは、たった一人で。
その相手は、
わたしも認める、わたしの知人にも当たる、素敵な子だってこと。


不思議な感覚で、
主従を結ぶ前に、いろいろ話してました。

オウチのことも、恋愛観も。


だから、
すごく不思議で、でも大切な感じ。


最近、意味不明に不安定になっていました。

でも、わたしはご主人様の、しっかり大切な場所にいることを、
わたし自身の心の真ん中で、本当は、分かっていました。


だから、
もう、「彼女」と呼ばないようにしました。

どれだけ、彼女が、ご主人様にとって、
その程度の存在でも、


良い響きではないから、笑。


恋愛経験の少ないわたしは、
ご主人様に翻弄され、不安になったり、ヤキモチ妬いたり。

でも、
ご主人様にそんな姿まで出せるのは、大丈夫だという安心があるからです。




わたしは、
わたしに自信を持ちたくて。

もう、遣いたくない言葉では表現しません。




ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村

| 日記 | COM(4) | TB(0) |
2013-08-22 (Thu)
わたしには、ご主人様も知り得ない、
大きな夢が、あります。


とっても小さく、
誰にも分からないように、そっと…

自分の心の中で、育んできた、夢です。



今の、
やりたいと思ってきたことを、仕事という形にして。

独り、歩き出した、あの時。


うっすら描き、願い始めた、夢。




ご主人様が、そこに、

声を掛けてきてくれた時から。



おぼろ気な夢は、はっきりと色をつけ、

色濃く、広がり始めました。




ご主人様でも、想像出来ないであろうことを、

わたしは今、
強く願い、夢として掲げています。


自分の、心の真ん中で。




ご主人様でも、想像出来ないこと。




それで、いいんです。






本気だからこそ、

形が見えてこなきゃ、口に出さないんです。




軽い気持ちじゃない。

だから、言わないままで。






今、本気。






人生、ワクワクしなきゃ、意味がない。

手に入れたいものは、
本気の夢は、最後まで絶対、諦めたくないから。

わたしは今だけは、わたしを信じてる。






今の仕事は、

人生をかけて、やりたいこと。



だから、

言葉数、少なく、

ただ、結果を出すだけ。




ほんわか、ふわふわ。

のんびり、よわよわ。


そんないつものイメージを掻き消せるくらいの、

闘志を燃やしています、笑。




ご主人様、見ててください。




*主従や恋愛系のお話じゃなくて、すいません、汗。


ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村

| わたしの心 | COM(2) | TB(0) |
2013-08-24 (Sat)
前回、ご主人様に逢ってから、
3ヶ月が過ぎました。

3ヶ月ぶり.・:.*


今は、電車の中。
(19時台)

3時間かけて、逢いに行きます。



今日こそ、逢えるかな。




1ヶ月前、逢える予定が数日前で、キャンセルになってしまいました。


それは、ご主人様の体調不良でした。


実は、8月に入ってからも一度、約束をしたのに、
それも驚くような出来事で、
ダメになってしまっていました。


今日こそは…


でも、今この瞬間も、逢えるか心配でいます。


だけど、
ご主人様も逢う気持ちでいてくれているから…

だから、頑張れる。



ドタキャンや、期待していたものが崩れるのは、
すごく心が痛いから。

いつでもギリギリまで、
逢えないかもしれない気持ちを持っておく。


傷の大きさが、小さくて済むように。




でも、逢いたいです。

ご主人様…





あーくん、逢いたいよ.・:.*





ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村

| 『逢』 | COM(0) | TB(0) |
2013-08-25 (Sun)
つい、数時間前まで、
ご主人様と一緒にいました。



あれ?、不安。


わたしは、

ご主人様の心が、
見えなくなってしまったような気がして、

もやもや、している。



ご主人様にとっての主従って、何だろ。

わたしの存在は、
ご主人様にとったら、とても小さいのかもしれない。


たぶん、要らない心配。


それでも、心が、もやもやしてる。



ご主人様は、
わたしがご主人様から離れていくことがあっても、

それは、仕方のないことだと、言いました。


人の心は、変わるものだから、と。






主従も、簡単に、

心変わりしていくものですか?



わたしは、

ご主人様の本当の心が見えなくて、



動揺しています。




ご主人様の住む町。

駅で一人今、帰る電車を待ちながら、
そんなことを考えている。





きっと、また、

この、もやもやが消えて、

この場所へ、来れますように。




ご主人様には、

素直に今の気持ちを、メールして、

この町から、離れようと思います…






ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村

| わたしの心 | COM(4) | TB(0) |
2013-08-28 (Wed)
前回、ご主人様に逢ったのは5月。

あれから、3ヵ月。

久しぶりの、でいと。
でも、前回や前々回みたいな、不安定な気持ちではなくて、
素直に楽しみな気持ち。

いろいろなことを超えて、
大丈夫だという気持ちがあるから。


ご主人様も、会おうと思ってくれている。


それが何よりも、嬉しい…


今日の土曜日。
昨日は、ご主人様の町の近くで花火大会でした。

この最近の、日本全国での天候不安定。

もし金曜日に雨が降って、
ご主人様の町付近の花火大会が延期になったら、
逢いに行くのは、控えようと思っていました。

家族の時間を大切にして欲しいから。

それから、
人が増えた町、バレるような行動は、避けたいから。


ご主人様の状況に、負担をかけたくないから…


そんな気持ちで、
花火大会が土曜日に延期になったら、
行くのを控えようと思っていることを伝えると、

「どうして延期になったら会えないの?」

と、聞かれ。

理由を素直に伝えると、
「見に行かないしw」と。

それから、そこまで混まない状況を、
ご主人様は理解しているんだろうな。


そのやり取りがあったから、
ご主人様は、花火大会とか関係なく、
わたしと会おうと思ってくれていることが嬉しくて、

危ない橋は渡らない(無理な状況では逢わない)、わたしたちの、

デイトが叶いそうな感覚があり。


安心して、当日を迎えました。



でも、何となくの直感?
逢えそうな時って分かります。

デイト日の数日前から、
わたしはご主人様に逢う準備を始めていました。


いっぱいのプレゼントたち♪

本当なら7月に逢えるはずだった予定が、
1ヶ月延びて、その間にも渡したいものは増え、

気づけば、
いつも持っていく大きなお道具バッグと、
同じ大きさのバッグに、満杯のプレゼント、笑。

ご主人様、喜んでくれるかなぁ.・:.*


直前に、
ご主人様が探しているものを一緒に探して欲しいと頼まれ、
偶然見つけたから、それも一緒に詰め込みます。

で、…チャック閉まらない。。。

もぅ!!


でも、それだけいっぱい、笑。

ご主人様が喜ぶ顔を浮かべながらの、準備。


お道具バッグとプレゼントバッグは、
前日には、車にそっと、積み込んでおきました。


夕方には、ご主人様の元へ向かいます。



当日の午後。

最後の準備を始めます。


偶然、一人になれた時間。

あ、これなら綺麗に出来るかな?



そう、お風呂へ向かいます。

今回は、どうやって綺麗にしよう…アナル。

イチジク浣腸を使っても、
痛くて、一人じゃ、まだまだ我慢出来なくて、綺麗にならない感覚。

お湯を使う人もいるみたいだし、
それで、やってみようかな?


お風呂。

シャワーを利用して、アナルにお湯を注いでみます。

アナルの力を抜くと、急にお湯が入ってくる。

「はぁっ…」

余りの勢いに、思わず声を漏らしながら、
ある程度?、お湯が入った感覚。


意外と、慣れていない分、痛いかも…


二階のお風呂場から、
一階にあるトイレに駆け込み、

でもしばらくは、痛みを我慢。


物凄く痛い!と感じる痛みを一度越えると、
少し我慢出来る感じ。

でも、時間があまり無いことと、
一人にはなれたけど、いつ人が戻ってくるか、分からない状況で、

長い時間、この状況を続けられないことと、
ストッパーも何もしていない状態での我慢には限界を感じ…


お腹、、、痛い…
このくらいじゃ、まだかなぁ…



どんな感じかと、便座に座ります。


やっぱり、
イマイチな、感じ…



綺麗になったようには全然思えなくて、
今度は、諦めて、
苦手なイチジク浣腸をします。


痛い…泣。


すぐに襲われた痛みに、
トイレに座り込みたい気持ちと、早すぎるでしょって気持ちで、

ぐるぐる。

とにかく堪えるけど、
我慢したい気持ちと連動してくれないアナル。

お腹の痛みから、アナルは「出したい」と反応し、
チジク浣腸の液が漏れてきそうになります。


このまま、ストッパーでもして、
アナルをグリグリして、お腹の痛みを忘れられればいいのに…

バイブでも突っ込んで、
ぐちゃぐちゃに掻き回してしまいたい…



状況的に、時間は限られ、
また、今は一人になれても、いつ人が来るか分からない。

大胆なことは、出来ない環境に、
複雑な気持ちになります。


独りなら、もっと綺麗に出来るのかな…泣。



時間もあまり無い中、
諦めて、トイレに座り込み、我慢をやめる。

「あぁぁぁ……泣」

何とも言えないお腹の痛みから、解放されていきます。


だけどやっぱり、
あまり綺麗になっていないような感じがします。


思うように、出ないなぁ…

昨日は、少し悩んで、実はお腹が緩かった…
ご主人様に逢える緊張で、
すでに昨日から、ソワソワして食欲もあまり無くて食べていない。

思うように出ないのは、
それも原因だって、思いたい…はぁ。


それでも諦めきれずに、
これが最後のチャレンジと、再び、
お風呂に戻って、シャワーのお湯をアナルに入れます。

少しだけ。


少しなら、痛みは感じません。
これなら、しばらく我慢出来るはず。


そうして、最後の準備。


おまんこの毛を剃ります。

久しぶりのパイパンおまんこ。

遣ってもらえることを楽しみに、
ご主人様のおまんこだって…感じられる姿になる自分に、
ドキドキする。


早く、逢いたい…

ご主人様に逢いたい…

ご主人様のオチンチンが欲しい…



考えるだけで、おまんこは濡れてきました。

3ヵ月ぶりのご主人様。
3ヵ月ぶりの、セックス。

前回ご主人様に逢ったあの日以来、
ご主人様以外、受け入れていないわたしの身体。

3ヵ月もセックスしなかったことって、
セックスを覚えてから、そうそう無かった…

ご主人様に出逢うまでのわたしは、
セックス出来ないと気が狂いそうで、
欲しくて欲しくて、イライラしたりした。


でも今、
セックスしないでいられた自分が、嬉しい…と思う。


わたしの身体は…おまんこは…
ご主人様を、求めている。


ご主人様に、気持ちよく、遣ってもらいたい。


おまんこをパイパンにして、
痛くならないお腹に、アナルにシャワーを再び当てます。

もう少しだけ…

「はぁぁっ…」


そうして、痛くなったお腹をおさえ、
我慢して、
しばらくして、トイレで済ませます。


まだまだ…

そんな気がする。

でも、いつもよりはしっかり出来たかな?


時計は、すでに、夕方4時を過ぎていました。


急いで、
荷物の最終準備。

お道具バッグとプレゼントバッグとは別に、
財布などを入れる、普通の肩掛けポーチ。

お財布と化粧品、タオルに…携帯、


あ!!!

一番、大切なプレゼント!


大切に保管しておいた、
私が一番プレゼントするのを楽しみにしているものを、
ポーチにそっと、しまいます。

それは、アクセサリー。

私が材料を選んで、デザインしたもの。

ご主人様の、心と体が元気になりますように…って、
考えて作ったアクセサリー。


きっと、喜んでもらえるはず。

これだけは、自信があります.・:.*


さぁ、車に乗って、
電車の駅まで向かいます。

夕方5時過ぎの電車に乗ります。
時間は、少しの余裕か、ギリギリくらい。


ちょっと、急がなきゃ。



久しぶりに、あーくんに逢えるんだなぁ…

へへ、楽しみです、ご主人様.・:.*



つづく


ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村

| 『逢』 | COM(2) | TB(0) |
2013-08-29 (Thu)
車で駅まで向かいます。

半年前に引っ越してきた町は、緑広がる、田舎町。
信号の少ない道を、
ご主人様に教えてもらい聴くようになったバンドの曲を流しながら、

ドキドキと、駅に向かい走らせます。


あれ…車が、多い。

人混みも…


まさか!!

そう、小さな田舎町には、大きなスタジアム。
今日は、サッカーの試合で、人が溢れていました。

不思議な気持ち。

なんか、キュンってご主人様を想う。

ご主人様は、サッカーが好きで
私の今住む町にホームグラウンドがあるサッカーチームが好きなんです。

だから、
そんな小さなことに嬉しくなります。


あーくん、もうすぐ逢えるね.・:.*


って、予定外。
駅周辺の駐車場が、どこも満車。

うそ、でしょ…

予定の電車時刻まで、あと15分~20分くらい。

間に合う?


早く逢いたい気持ち、
少しでも長く一緒に居たい気持ちから、

空かない駐車場に、不安で若干のパニックになりつつ、
結局、無事、駐車場は空きましたが、
電車は一本遅らせることにしました。


遅れながらも、電車に乗り、約3時間。

長い道のり。
でも、もう慣れました、笑。

3時間もの間、
ご主人様のことだけを想い続けられる幸せな時間.・:.*

我慢出来ずに、ブログも更新しました。


わたしが、わたしに戻る、
解放されていく大切な時間です。


本当は、夜の9時前にはご主人様の町に着いて、
珈琲飲みながら、お仕事しようかなと思っていたけれど、
一本遅れた電車が、ご主人様の町に着いたのは、

夜の9時過ぎ。

ご主人様は、早くてきっと、9時半頃に出てこれるはずだから。


ご主人様を想いながら、
ゆっくり珈琲を飲むだけにしよう。

花火大会は、金曜日の昨日、無事に終わったみたいで。

浴衣姿の人がいる訳でもなく、
いつもの、ご主人様の町。


珈琲を外の席で飲もうと、席に着いて、下を見下ろすと、
そこは、駅のバス停。

わたしの座った席は、
ロータリーになっているところが、はっきり見える位置でした。

いつも、ご主人様の車が停まって、乗り込む場所が、
真下に見えました。


今日は、逢える。

やっと、逢えるね.・:.*


この最近は特にね、ご主人様の体調も心配しながら、
アクセサリーを作ったんだよ。

早く、渡したかったの。

プレゼントたちもね、きっと、気に入るよ。

それから…
おまんこ、遣ってください///



外の風が気持ちいい席で。

ミニスカートに、ノーパンで、
ご主人様からの連絡を待ちます。

あ!
LINE通知。
ご主人様からの連絡だって、わかります。


時間は、夜の9時半を過ぎた頃。

うまく出てこれそうなんだ。良かった。


珈琲を片付けて、
近くの階段をかけ下ります。

さっき、眺めていた場所。
いつもご主人様を待つ場所。


しばらく待つと、ご主人様の車が見えました。

あっ、あーくん.・:.*


ご主人様が、
走らせる車の中からわたしを見つけて、
指で「あっち、あっちに回って」って、合図をしたので、
走って向かいます。

停まっていた、ご主人様の車の後部座席の扉を開けて、
いっぱいの荷物を積み込み。

助手席に座ります。


あーくんだ.・:.*


ガンガンに大音量の音楽。

わたしもよくやるので、心地好い♪


でも、車内がエアコンで寒すぎる…汗。

「寒いよぉ!」
「あ?ちょっと待て、まず車出してから」

「あと、コンビニね!」
「あ?」

大音量だから、大声で伝えたけれど、
伝わっているのか、わかりません、笑。

走り出すと、会話が出来るくらいに音量を下げてくれて、
エアコンも風量を抑えてくれる。


あ、しっかり聞こえてた、笑。


と、久しぶりのご主人様。
いつも見るたびに新鮮で、不思議な感覚です。

走る車の中、
わたしは最近のお仕事のことをお話して、

ご主人様は、鼻歌☆


最近また教えてもらった、ご主人様の好きな音楽も流れて、
すごく嬉しい気持ち。

ご主人様の好きな音楽を、教えてもらえること。
ご主人様の好きなものを共有させてもらえる歓び。


音楽は、
ご主人様の特別大切なスペースなイメージ。

だから、
ご主人様の好きな音楽に触れられると、すごく嬉しいんです。

わたしにヒットする曲も、いくつもあります。
気づけば、歌えるようになった曲だってあるくらいに。


ご主人様の、いっぱいあるスペースの、
わたしはほんの一部かもしれない…

でも、いろいろ教えてもらえている。

だから、きっと、大丈夫で…


少しだけ、
ライブに一緒に行ける女性を羨ましく思いながら、

きっと、大丈夫。
そう、自分に言い聞かせる…


そんなことを考えながらお話をして、
車を走らせる道を眺めていると、


あれ?

お店が減ってきたよ、あーくん…


いつも寄るコンビニも過ぎた気がして…

「ねぇ、コンビニは?」
「あ?コンビニ?聞いてないし!」

「え!?言ったし!!」
「いや、聞いてないしww」

「あの大音量の中で、言ったもん、笑!」
「聞こえてないw」

と、そのまま走らせ、
「コンビニ確か、一軒あるわ」とご主人様。

左車線を走ります。

と、ご主人様が突然、

「あぁぁぁ!!」

私も明るい店舗を横目に、
( ゜Д゜)

反対車線、コンビニが過ぎ去りました、笑。

「反対やったぁぁ!
ごめん、これは本当、ごめんなさいw」

「もう、いいです、笑」
「いや、本当にごめん!あっち側だと思ってなかった」

「ルームサービス頼むから、大丈夫だよ。そのまま、行こう?」


こうやって笑う空気も好き。
ほんと、面白い、笑。

でも、
ルームサービス、かぁ.・:.*

お食事っぽいなぁ。

うん、
食事みたい、だよね…?

一緒に、食べてくれるかな…?



いつも、わたしの空腹を満たすために、
軽くコンビニでお買い物をするけれど、


ルームサービスは、初めてのこと。

そんなことも、嬉しい☆


そして、
この最近の出来事も重なり、
過度に期待してる、食事を摂るという行為。

言葉にはしません。
あのときの胸の痛みは、今はもう消えてしまったから。


でも、思い出は、増やしたい。

ご主人様との体験がひとつ増えていく度に、
心がいっぱい嬉しくなっていくから.・:.*




コンビニを諦めて、
いつものホテルへ向かいました。





つづく

ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村




| 『逢』 | COM(2) | TB(0) |
2013-08-30 (Fri)
本当は、
でいと。の記事の流れを壊したくなくて。

だから、
今の状況を記事にすることを躊躇ったのだけど。




限界。




ご主人様から、返信がない。

既読になるだけの、LINEのトーク。

いつも、お返事をくれるご主人様が、
返信をくれない。


わたしは、一昨日、
聞いたらいけないことを、ご主人様に聞きました。


それは、
今回のデイトから繋がった、わたしの不安から。


ご主人様の心を、確かめたくなった…



ご主人様は、怒りました。

ご主人様は、わたしへの気持ちを、
言うことは無いと、言いました。


今は、一方通行の、
わたしからのメッセージが残るLINEを開き、

泣きそうになるだけ。



捨てられる?

嫌われた?



心の距離が開いてしまうのではないかと、
怖くて仕方ない。

ガッカリさせて、

心の距離が開いてしまったら…


もう、一緒には、居られないでしょ、泣。



体だけなら、必要ない。

適当な気持ちなら、意味はない。



わたしは不安から、
それを確かめたくなって、

答えをもらえず、

逆にその確かめる言葉が、
ご主人様の心を傷め、
心の距離を開かせる結果になったのではないかと、



怯えている…



ご主人様の、傍に居たいのに、
わたしは自分で、
それを壊すような言葉を、伝えてしまった。



昨日は、
あまり眠れなかった。

ボーッとしてる。


でも、体が疼く。


数日前を思い出しながら、
オナニーをしてる。


ぐちゃぐちゃする。


心が、痛い…



わたしはやっぱり、ダメな子?



ご主人様は、わたしをどうしたいのだろう…





ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村


| わたしの心 | COM(2) | TB(0) |
2013-08-30 (Fri)
あーくん、ごめんね。

今は、ここにしか、本音が書けない、泣。



わたしは、あーくんが、
ただ好きなだけでした。

主従の世界も、知らないまま、関係を結んだ。



わたしは、
大切に、想い合えると思って、夢見ていました。



.・:.*.・:.*



ご主人様は、
わたしが、聞いてはいけないことを聞き、

怒り、

先ほど、


「レズ相手を見つけたら許してやるよ」

と、LINEから連絡をくれました。



わたしは、

バイだから、女の子は好き。

興味もある。




でも、現状、それがどれだけ大変か、考え、

また、今、


オウチで正常でいられない精神を考え、

どうするべきか、戸惑っている。



ご飯も食べれず、泣き出しそうな、わたしは、

オウチで、怪しまれた。


今、どうしたらいいのか、わからない。



ご主人様が怖くて、

何も本音が、言えなくなって…
一人、悩んでいる。



早く許されたいから、

出会い系サイトでも入ればいいのかと、考えた。


それよりも、それはご主人様の本音なのか?


ご主人様の女性関係で、ぐちゃぐちゃなわたしに、

ご主人様は、3Pが出来る人と、要求しました。



今、これが実現したら、

わたしの心は、崩壊する。




オウチも、子供も…大切に出来なくなるに、違いない。

そのリスクを背負うべき?



ご主人様が、こわい。

何も、話せない。



嫌われたくない気持ち、

出来ないのか?と言われる恐怖、



でも、それよりも、

仕事も手につかず、オウチで正常ではないわたしを、
続けることは、プラスなのか?



レズプレイ。

してみたいって、
ご主人様と楽しく話していた頃が懐かしい。


本当にしてみたかった。

信頼出来る女の子と交わって、
ご主人様に喜んでもらいたかった…


今は、どうやって、そんな女の子を探したらいいのか考えて、

無理なら許されないまま、
捨てられるのかなと、考えている。


期間は?

見つけられない間は、ずっとこんな、
ギクシャクした関係を続けるの?




主従は、苦しいね。





わたしはただ、

あーくんの唯一に、なりたかっただけなのに…









この記事が消され、

また、でいと。の続きが、書ける日が来ますように…


あーくんを信じたい。

でも、壊された心は、追い付かない。




相談できる相手でもいたら、

違ったかもしれない。


一人ではもう、消化できません、泣。



誰か、わたしと交わってくれる、女性はいませんか、泣?

このブログで探したらいいのかな…泣。





ご主人様と、

あーくんと、話がしたい、泣。


| 未分類 | COM(10) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。