FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-01-07 (Mon)
新年明けましておめでとうございます。

もう、お正月は過ぎてしまいましたが(汗)、
ようやくゆっくりとPCに向かえる時間が出来たので、
今年もマイペースに、
ご主人様への想いと…わたしの心のお話をしていけたらいいなと、思っています♪

足を運んでくださるみなさんに、いっぱいの感謝を込めて…
みなさんにとって2013年が素敵な一年になりますように、願います.・:.*

.・:.*..・.:*

新年早々、こんなタイトルでごめんなさい(笑)。
でも、ご主人様と何かあった訳ではありません♪

年末年始というのは、向き合う場所があり、
なかなかご主人様とメールが出来る時間もありませんでした。

勿論、わたしが数日ずっと微熱続きでダウンしていたせいもありますが…。
(微熱は3日には完治しました♪)

ご主人様にゆっくりメールしたい。
メール出来なくても、ずっと考えていたい…

そう思いながら、それなりに平穏な休日を過ごしていました。

あっという間に過ぎていく時間。
でも、物凄く長く感じる連休という日数。

朝に「おはよう」と送るのが精一杯だったり。

ご主人様から、一日に一通でも、お返事が来ることが嬉しくて。
待ち遠しく、布団で横になりながら、待ちながら眠りにつく。

少しの寂しさを、一生懸命掻き消して、、、

でも、そっと…
逢える日までをカウントダウンしてみる。

そう、もうすぐだもん。

あと少しで、ご主人様に逢える、かもしれないから頑張ろ.・:.*

あまりに我慢出来なくて、
珍しく早いけれど、ご主人様の地元のホテルの予約を済ませました♪

『期待はしないこと』

それがわたしの心の中のルール。

それは、小さい頃から、親にたくさん約束をすっぽかされて、
悲しい気持ちで泣いていた頃の、心の傷が湧き出てくるから。

ご主人様とわたしは、
簡単に逢える訳では無いからこそ、
期待しないように心がける。

それは、わたしの心が涙でいっぱいにならないために…

だから、でいとの約束の日が近付いても、
ドキドキは控えめに、ホテルの予約もギリギリまでしないこと。

そうしています。

でも、
今回は我慢出来ずに、ホテルの予約をお正月の間に済ませてしまいました(笑)。

今回も、予定があって関東へ出るので、
どうやってもホテルには泊まらなくてはいけない。

まったくの白紙になる訳ではないので、予約しておきました♪

逢えなくても…ご主人様が眠る町で、一緒に眠ることができる.・:.*
でも、
逢えると、信じたい。。。


そうやって、不安定な予定がまた、
わたしの心を複雑な気持ちで、気持ちよくさせていく…

苦しいことが好き?

どうしてか分からないけれど、この感覚が変に気持ちいい。

逢えますように…
そう願って、体のお手入れは念入りに。

12月の終わりに脱毛に行き、
またパイパンに近付いたおまんこ(*´∀`*)

お正月の間、抜けゆく毛をお手入れしている時間が、愛しかったです.・:.*

ご主人様を想える時間が愛しいです。


考えていると、とても幸せな気持ちになれるから…

わたしに、温かな気持ちを、いっぱい教えてくれるご主人様。


あーくん、
今年も変わらずに、傍に置いてください。

傍に置いてもらえるペットで居られるように、
頑張っていきます.・:.*




そんなお正月。

ふと、いつものPMS(月経前症候群)だと気付いて、
「あぁ、寂しがっているんだなぁ、わたし」
と、笑います。


カウントダウンしながら、体調にだけ一生懸命気をつけて、
お道具の準備も始めていきます.・:.*




あーくんが、好きです。

いつも、大切なときに、傍で支えてくれてありがとう…

その支えを無駄にしない結果を出していけるように、
今年も頑張って生きていきます☆




ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[PR]

| 日記 | COM(2) | TB(0) |
2013-01-08 (Tue)
あーくん、ありがとぅ…

新年早々、相変わらずの悩みごとでのトラブルに、
わたしは心が苦しくて、感情が、溢れ出して行く。

止まらない苛立ちを、
思わずご主人様に、ぶつけてしまいました。。。


愚痴。


昨日の夕方、
思いっきり、ご主人様宛のメールに投げつけた内容は、
恥ずかしながら、よくあるオンナの愚痴でした。

でも、それって、聞いたほうは絶対に気持ちよくならないはずで。

わたしはご主人様の気分を害してしまったと…
一人ずっと、考え込んでいました。


このまま、あーくんに嫌われてしまわないかな…、
そんな不安を抱きながら、

夜、改めて、謝罪のメールを送ると、

いつものように、
「大丈夫だから、気にするな」

そう、お返事がきました。


あーくん……

あーくん…泣。。。

ありがとうっっ………


その優しさにわたしは、
さらに自分が吐き出した内容に恥ずかしくなる。

人を悪く言うのは、本当は好きではありません。
とても心が汚れていくような感じがして、悲しくて仕方なくなる。

だから、出来る限り、
こういうこと…減らしていきたい。。。


本当は毎日、温かな気持ちで過ごし、
優しく穏やかな心を持ち続けていたいもの。



そんなわたしの心に、見えてきた、答え。



心が汚れていくような言葉ばかり吐いてしまうなら、
心がもう汚れないように…、

離れることを、考えていこう。

今までの感謝を込めて、
精一杯まで頑張ったその時は、
優しい心に戻れるように、

離れる選択肢を、持っていよう。


この答えは、きっと揺るぎません。


ご主人様のように、人に優しく居られる人でありたいから。
わたしの心が壊れてしまう前に、
わたしの心が笑って生きられる場所を見つけよう。

ご主人様にまた、泣きついてしまう毎日よりも、
笑って温かくいられる毎日がいい。

ご主人様に、楽しい報告と、
優しい気持ちを贈れるわたしに、戻りたいの。



ご主人様が教えてくれた、大切な心。


わたしは、
ご主人様が、人を悪く言う姿をあまり見たことがありません。

最近のわたしの悩みごとでも、
悲しみでいっぱいのわたしに、
どうしても心が許せない気持ちでいっぱいのわたしに、

少しずつ、その人の信用していけるところを探していけばいいって…

プラスの言葉をかけてくれた。


誰かを否定することよりも、
その人の中の良い部分を見れる人。

それが、ご主人様。

だから、ご主人様から、何かを悪く言うような言葉は、滅多に聞かない。
誰かを責めるより、自分を責めてしまう人。
そんな優しいご主人様。

だから人が周りに集まってくるんだろうな.・:.*


わたしはご主人様のペットだもの。

見合う人でいられるように、もっと心を磨きたいです。



ご主人様からの言葉や行動から、学ぶことはとても多い。

ご主人様の生き方が、いつもわたしの道に、
ヒントをくれているような、そんな感じ。

だから、感謝がいつも溢れてきます。



あーくん、
昨日の夜は、ありがとう。

あなたの優しさに救われるわたしは、
あなたの心に優しさを贈れるように、もう一度、歩きます.・:.*

(そうやって、またすぐに泣きついたりしてww)






ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 日記 | COM(2) | TB(0) |
2013-01-10 (Thu)
ドキドキ、しています。

いけない、この感じ。。。


一昨日の夜、ふと来た、ご主人様からのメール。

「来るのいつだっけ?」

うわっ…
ちょっと、待って……////


確かにもうすぐだけれど、
そう言ってもらえることが嬉しくて、心臓が急に高鳴り始める。


逢えるかなんて、分からない。


いつも、そう心で思いながら、
逢いたい気持ちを、最小限にまで抑え、隠しています。

近くなったら、日程を伝えるメールを送る。

ご主人様の気分次第で選べるように、出来る限り感情を隠して、
求めすぎないように、そっと、願う…


逢いたい…
すごく、逢いたいです…


その気持ちは必死に隠して、
逢えたらいいなと、メールを送る。


一応、先月に一度、予定は伝えてあったから、
ギリギリまで、メールを送る予定ではいませんでした。

まさかの、不意打ち。。。


ご主人様から、聞いてもらえたことに、
物凄く反応している、わたしの心臓。

ご主人様が、わたしとの時間のこと、
少しでも気に掛けてくれたことが嬉しくて…

久しぶりに、心臓がバクバク鳴り始めてしまいました。


もう…
こんなドキドキは困ります。


「来週の土曜日だよ。大丈夫?」

「了解」

…了解、してもらっちゃった///


もちろん、いろいろな理由から、
逢えなくなることも、頭の中には入っています。

それでもやっぱり、嬉しくて…

ドキドキが止まらなくて、何も手につかなくなる瞬間が出てきちゃう。


あと少し。
逢えますように…


美容院にも行こう。

下着は、どれにしようかな。

洋服は…ワンピースとか可愛いかな。
でも…すぐ脱ぐかもしれないから///、脱ぎやすい服にしようかな。。。

お泊り荷物のチェックと、お道具のチェック///

あと、プレゼントは…
無くてもいいですかww??


ダメだ…
やっぱり、緊張してくる。

3ヶ月ぶりの、ご主人様の姿。
声を聴くのだって3ヶ月ぶりになるんだもん…

嬉しくて、ドキドキするに決まってる。


だって……大好きだから。


オンナでごめんなさい、ご主人様。

でも、やっぱり、ドキドキするんだぉ


そう言いながら、
一日一日が早く過ぎますようにと、願ってる。

いろいろなお話がしたいです。
この3ヶ月、本当に支えてもらったから…

感謝と、相談と…
お説教されたらどうしよー(>_<)

楽しみです。



でも、期待し過ぎないこと。

うん、分かってる…





ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 日記 | COM(2) | TB(0) |
2013-01-13 (Sun)
金曜日は、美容院へ行ってきました♪

これは3ヶ月前から決めていた日程。

1月にご主人様に逢いに行ける日は、
実はもう、秋くらいから決まっていました。

大好きなバンドのライブへのお出かけ、として。
(ライブ後にご主人様に逢いに行きます♪)

だから、美容院もずっと前から予約をしていて、
今回は、50%オフのハガキが届いたこともあり、
フルコースで綺麗にしてきました.・:.*

ストレートも、いつもは部分的にするけれど、今回は、全体を改めてストレートに♪
もちろん、トリートメントもしてもらいました。


迷いました。

この日は、疲れていたのか、全然ダメな感じで、
こんな顔は見せたくなくて…
でもやっぱり、美容院に行ったら、その姿を見てもらいたくなっちゃう。

それが、オンナ心。

いつもと変わっていない髪型。
だって、ストレートにして、髪は毛先しかカットしてもらっていないもん(笑)。


でも、やっぱり見てもらいたい気持ちが勝って、
久しぶりに写メしました。

しっかり洋服を着たまま、本当に、髪を見てもらうための写メ。


夕方にメールは来なくて、
少しだけ、心配をする。


なんだろう…この数日は、少しだけ心配していたの。
何となくの空気。

あーくん、元気?

そんな感じ。

だから、メールが無くても、やっぱりなぁ…って思うくらいだけれど、

そんな時に、
自分の姿を送ってしまったことに、申し訳なくなってしまって。。。

見てもらいたい!
って、欲求を出しすぎて、我慢出来なかったから、
少しだけ、独り、反省をしていました。

そんな夜、
ご主人様からメールをもらえました。

「変わらずやww」

(゜∀゜;)

ですよねww

「サラサラ感が違うのです!!」
「画像じゃわかんねーしww」

そんなメールのやり取り。
でも、嬉しかったです、すごく…


メールを送ってくれたことが、すごく、嬉しく感じた。
いつも以上に、すごく…

わたしが送った写メ、迷惑じゃなかったかも。

そう思えました。
そんな、空気。


この前日の日も、何となく、メールは来ないかもなって思いながら、
やっぱり、来ない感じで、
わたしは我慢出来ずメール欲しさに…、
夕方の、ご主人様が帰宅中だろう時間に更にメールを送り、

速攻でお返事をいただいちゃった。。。

あ、わたしがメール欲しがっている空気、伝わっちゃったかなぁ…
そう、やっぱり申し訳なくなったんだけれど、

この心は、本当にバランスが取れない日があって困りもの。


ご主人様を想い、心配もし、安心もし、
連絡が無くても平気だよって思えるわたしと、

連絡が無いことに、寂しさと不安で壊れそうになってしまうわたしがいる。

最近は、悩みごともあり、
きっと、心が安定していないんだろうな。


あーくんが、大切。

だから、想える人でありたい。


もっと、優しく穏やかで居たいと思うの。

わたしは、わたしを見失っていない、かな…


負担にはなりたくなくて。
でも、泣きそうな日もあって。

逢えるか不安に思うから、もっと焦って…(笑)。

独りで、空回りしている。



だから、ブログを書こうと思いました。
そうすると、
温かな気持ちが蘇ってくる、感じ…
大丈夫だよって、自分で自分に言ってあげられるくらい、
温かな気持ちになれるの。


だから、このブログに感謝しよ.・:.*


今日の昼間は、
お買い物に出かけて、LUSHでスキンケアを買い、
大好きなLIZで、仲良しのスタッフさんとお話しながらセール品を買い、
ご主人様に逢える日を、想ってた。

「この服、可愛いって思ってもらえるかな?って選ぶの楽しいですよね~」

と、言われ、
思わずニヤけてしまう、わたし///

「うん…」
(妄想、妄想。ニヤニヤ)

「ですよね~!!わかる~!!」

こういう時間も、とても好きだし大切。
離れているけれど、想っていたい…

わたしを、可愛くさせてくれるのがご主人様。

洋服選びもスキンケアも、
大切な人を想って、わたしを磨く時間です。

ご主人様がガッカリしないように、
頑張って頑張って、「それなり」で居続けたいです(汗)。


がんばろ。

今日は、ご主人様からメールが無くて、
少しだけ、しょんぼり(笑)。

だから、あとで、おやすみなさいって言お。



あと少し。

逢えても、逢えなくても、
あなたの存在が変わらずにあってくれたら、それでいいのです。

想える幸せを、忘れずに過ごせますように…





ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 日記 | COM(2) | TB(0) |
2013-01-15 (Tue)
昨日は、雪が各地で降りました。
わたしの住む町は、雪が降らない代わりに、一日、大雨でした。

ご主人様の住む町は、雪が降っているみたいで、
ご主人様からは、可愛い絵文字と一言のメールが届きました☆


そうして、一つの写真を思い出します。
大切に、携帯のメモリーの中に入っている思い出。

一年前、
そう…昨シーズンの雪景色。

ご主人様のおうちの前が一面、雪になっている写真。


ご主人様から送られてきた写真は、
大切にメモリー保存していきます。

時々、携帯で確認しながら、
あの頃の心の想いも一緒に開いてみる。


懐かしいです。

確か、その雪景色は、早朝に送られてきた写メ。
だから、出勤前に撮った写真を、そのまま送ってくれたんだろうなって、
嬉しくなったんだった…

忙しい朝の、その一手間をかけてもらえたことが嬉しかったのを覚えています。


ご主人様がメールをくれるたびに、
送ってくれたその気持ちに、嬉しさでいっぱいになっていく。

繋がれる瞬間が、とても嬉しい。


離れているからこそ、小さなことが大きな喜びになっていく。

この、感じる心を大切に過ごしたいですね.・:.*




もうすぐ逢えるかもしれなくて。

考えると、濡れちゃうから…考えないように必死になってみます///

別に、セックスする、と言われている訳ではないし、
勿論しなくてもいいし、
顔を見れて、声が聴けたら幸せで…

でも、気付くと濡れてる。。。

どうして、こんな体になってしまったのかな…


悦びを、違う場所で表現できないのかな、わたし///


でも、期待しないの。


それでも、一日は過ぎていって…

わたしはやっぱり、毎日お腹の調子を崩して、お薬を飲んでいます(汗)。
緊張したり、不安になると、いつも、こうだもの。

それだけ何故か、
今回はすごいドキドキしています。


どうしてかな…


逢ったら、抱きしめさせてもらおうかな。
ぎゅって…
で、泣いちゃうかもしれない。

いっぱい、支えられてもらった気持ちが、溢れそうだから…



あぁ、やっぱり、ドキドキするから、考えるのやめます///


あと、4日….・:.*


神様に、お願いしよ.・:.*

また一つ、思い出が増えますように、と。




ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 日記 | COM(2) | TB(0) |
2013-01-17 (Thu)
昨日は、また悩みごとのことで、
揺さ振られ…

またまた、ご主人様に泣きついてしまいました。

それでも、ご主人様は大切な言葉をくれ、
わたしに、考えるべきことに気付かせてくれます。


朝は感情が高ぶって、

メールで「逢いたい」と言ってしまいました。

いつもなら、言わずにおけることなのに…
我慢出来ずに、そう伝えてしまいました。。。

それだけ、自分が今、目一杯なんだって…
気付かされます。


悩みごとの件に直面すると、
本当にズタズタのボロボロ。

明後日には、関東へ向かうというのに、
昨日から今日は、それどころではなく…何も準備は出来ていません(汗)。

気持ちだけは本当にご主人様に逢いたくて…

泣き言をボロボロと。。。


今日のご主人様からのメールに、
また、今考えるべき大切なことに気付く。

わたしの毎日に、大切なことを教えてくれる、
ご主人様からの言葉たち…

ありがとう。。。
それから、吐き出して、ごめんね…


あ、勿論、「逢いたい」という言葉はスルーされました(笑)。
いつものことです(笑)。

スルーされるのは、暗黙の了解と言いますか…、

きっと、このどうなるか分からない感じがまた、
わたしの心に不思議な苦しさと快感を与えていく。。。

だから、これで良くて、
これが良くて…

なんとも言えないバランスで、ご主人様を想い、
その想いをそっと、しまう。


そうして、
自分がどれだけ甘えているんだってことにも気付いて、
また、恥ずかしくなって…


いっぱい、いろいろ、考えたりします。



あーくん、ありがとう…

逢いたいけれど、
本当は逢えなくても大丈夫で、

我儘言って、ごめんなさい。

でも、その我儘を聞いてくれる人だってことも知って、甘えてるの。

だから、聞いてくれて、ありがとう.・:.*


わたしの欲求と、愛情と、
いろいろなものを感じ、出させてくれる、大切なご主人様。

この最近のすべてに、本当に感謝しています…



明日は静かに、

そうしてそっと、願わせてください.・:.*





ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 日記 | COM(2) | TB(0) |
2013-01-18 (Fri)
ご主人様、不意なご褒美は、困ります。。。

でも、嬉しいから、
わたしは、こうしてブログを書きたくなってしまう…


昨日は朝、
「すごく逢いたい」とメールで伝えてしまいました。

わたしがそんな感情的に伝えることって、
少ないんです。

だって…負担になりたくないもん.・:.*


それでも我慢できないくらいに、
いっぱいいっぱいだったわたしへ、

ご主人様は、「逢いたい」という部分には触れない、
普通のお返事をくれました。


心が、きゅぅっ…て、なる。

切ない、苦しさ。


でも、何となく分かっている。
何も言わないということは、逢う予定でいてくれているということ。

本当に無理な時は、しっかり教えてくれるのが、
ご主人様だから。


それでも、スルーされたことで、
自分だけが欲しがって求めている感じが恥ずかしくて、

求めているのは、自分だけかもしれないという不安で、

心は勝手に苦しくなって…
それが気持ち良さになっていくから、困りもの。


この切なく苦しい感じが、好き。

わたしの被虐の気持ちよさ。

心を壊される感じが、気持ちいい…


そうして、お仕事をしながら一日を過ごし、
ふと、夕方にご主人様からのメール。

来ないと思っていた、メール。


「プレゼントに、アレってあったっけ?」

え!?
あ…うわぁ…


実は、今回のプレゼントは、ご主人様はすでに知っている。
でも、その内容や種類まではっきりは伝えていなかったから、それを聞かれました。

「うん、アレ、あるぉ。いる?要らないなら持って行かないよ。」


ドキドキ。
ご主人様のリクエストに応えていくのは、嬉しいから、お返事を待ちます。


「いるから持って来て」


…………/////

持って来て

持って来て………

来て………/////


逢いに行ってよくて、
逢うことを考えてくれているってこと、ですよね!!!!


それを言葉にしてもらえた。


あーくんっ…….・:.*


もぅ…
心が急に、キュンってなった。


きゅぅ…じゃない。

キュン、してる。


ペットの苦しさから、オンナの部分が溢れていく感じ。

だめ…
やだ、ドキドキしてます…



嬉しくて嬉しくて、
その日の夜は、お風呂で、石鹸をいっぱいつけた指でアナルを、確かめます。

あ…大丈夫。

うん…入る…

一本、二本……三本は、少しキツイかな///


あぁ…ご主人様の顔が見れるかもしれなくて、

声を聴けるかもしれなくて、

触れることが、できるかもしれない。



嬉しさとドキドキで、どうしたらいいのか、分からないです。。。



それでも今回は毎日、とても忙しくて、
前日の今日も、私生活に振り回されている。

明日はライブに行くので、新幹線で友人と合流。

普通の顔。
音楽の話。

でも、バッグにお道具いっぱいで…

濡らしたりなんか、しませんから///



ほどほどの期待と、
大きなドキドキで、明日を迎えようと思います.・:.*




ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 未分類 | COM(2) | TB(0) |
2013-01-21 (Mon)
ご主人様に、お逢いしてきました.・:.*

今回は恥ずかしながら、失態だらけ、ですが…
感じたまま、記憶を辿り、残してみようと思います。

.・:.*..・.:*

19日の夜に、ご主人様に逢ってきました。

今回は、わたしの大切なバンドのライブに合わせて、
ご主人様には日程を伝えてありました。

前夜にしっかり準備を済ませ、当日は余裕を持って出かけよう…
その予定だったのですが、仕事での睡眠不足が重なり、
前夜は、早い時間に寝落ちとなってしまいました(汗)。

ご主人様にお逢いする当日の朝、必死に準備をします。


でも、この時点では、絶対に逢えるとは思っていませんでした。

何故なら、
ご主人様は前日、いつもの重い偏頭痛に悩まされていたから…

夜遅くの「めちゃくちゃ痛い」という言葉がずっと心配になっていました。

逢いたいけれど、何よりも、ご主人様の体調が心配で、
無理はして欲しくないし、少しでも良くなっていてもらいたい…

でも、逢いたい…

想う気持ちと、我儘な気持ち。
その両方で、やっぱり心の奥では逢いたいって思ってしまう。

ソワソワ不安になりながら、逢えますようにと、朝、支度をします。


時間は自然と過ぎていき、
オウチのことを済ませながら、こっそりと、バイブを充電します。

ローターの電池を確認して、
それから、新しく購入したものの、チェック。。。

前回の教訓。
どんな状況になるか分からないから、
揃えられるもの、準備はしっかりしておく。

使う、使わない、は別として、お道具はしっかり確認をします。


そうして、慌てながら、友人との約束の新幹線に乗り、
そこからは、ライブへの時間でした。


わたしは今、本当に悩みごとのことで精一杯です。

毎日、そのことで頭がいっぱいで、悩まされ、
ご主人様にも相談ばかりで泣きついています。

だからそんなわたしにとって、
このライブはとても大きな大切なタイミングだと感じていました。

そして、そんなタイミングにご主人様に逢えること…

この日をずっと、待っていました。
全てが重なる、この大切な時を…

わたしが大切なタイミングに、いつもこのバンドがいてくれました。

この音楽に救われてきました。

18歳の時、仕事でイジメにあった時も、辞めようと伝えて辞めれなかったあの冬、
このバンドが休憩(休止)をする直前のタイミングに、必死にライブに行って救われたことを思い出します。


このタイミングに、何かを、感じていました…


10年以上の付き合いになる友人に、数年ぶりに新幹線で会い、
変わらない想いと関係に、大切なことを感じながら…、ライブに向かいます。

友人には、大切な人に逢うから、
夜は一緒に居られないこと、ライブを途中で抜けるかもしれないことは伝えてありました。

「あんたがライブを抜けるくらいの気持ちって…どれ程の気持ち!?」

…(笑)。

わたしが何よりも優先してきたものを、途中放棄したいと思わせてくれる、
大切なご主人様という、存在が、あります。

今のわたしの、一番の救いになってくれているのも、事実。



あーくんに、逢いたい。

音楽だって大切だけれど、今のわたしは、あーくんに逢いたい…



後々、この想いのせいもあり、今回の調教デイトは…失態を注意される、
本当に自分で悲しくなる状態になってしまったのですが。。。



ご主人様には朝、一通メールを送りました。

「頭痛は、どう?一日、ゆっくり休んでね。
 逢えそうなら、いつもくらいの時間にホテルにいます♪
 また夜にメールするね。今から、関東へ向かいます。」

お返事は意外とすぐに来ました。

「あんまり良くないけど、まー大丈夫でしょう。
 楽しんで♪」

……あ、逢ってくれるんだ。

そう、感じました。
しかも、頭痛は良くないけれど、逢ってくれようとしてくれている気持ちが伝わります。

あーくん……

今回のデイトは、前回、前々回に比べて、逢えそうな感覚はありました。
ご主人様からのメールでの言葉や、
ご主人様の雰囲気で、何となく分かります。

それでも、絶対じゃないから、
少しの不安をいつも抱きながら当日を迎えます。


今回も、逢わせてもらえそうです…ありがとう。。。


ライブは、勿論、最高で。
わたしはやっぱり泣いていました。

一度、終幕という名前で休止をしてしまったバンド。
でも、また再び、動き始めたバンド。

ずっとライブを共に観て来た友人と、肩を抱いて暴れて、泣いて…

ライブの後半、
気になって携帯の時計を見ました。

18時47分。

あと、少し…かな。

そう、やっぱり、ライブを楽しみながら、
ご主人様との時間のことも、気になっていました。

とりあえず、薄着になっていたので、
帰る準備でトレーナーを着ておこう。

ご主人様の地元への電車の時間は確認済みです。
余裕を持って、19時30分頃の電車に乗れば、いつもの時間までにご主人様の元へ行ける。

その電車に乗れば、
暴れて汗をかいた体をシャワーで流し、お洋服を着替えて…そんな準備もしっかりできます。

でも、歩くのは遅いし、
途中の乗換え駅に、お道具バッグをロッカーに預けてあるし、

不安、不安…

19時台の初めには出ようかな。
どうしようかな。

でもやっぱり、ライブはギリギリまで観たくって…

どうしようどうしよう、
そう思いながら、ライブも後半、
荷物をまとめ、後はコートを着るだけの姿で、もう一度携帯を見ると、

19時を回っている。

どうしよ…もう、行こうかな。

最後まで観たいけど、ご主人様にはもっと逢いたい…
と、その瞬間、

『ラスト、ソーング…』

うそ!!
もうラスト!!聴くでしょう(笑)。

ラストソングはいつもこの曲…、というライブ定番の最高な曲。
聴くしかない!!

と、聴いて、
会場みんなで手を繋いでジャンプして速攻、

「行くの?」
「うん!!ありがとう。行くね」

まだメンバーがステージに残る会場を後に、走って電車に向かいます。

こんなこと、滅多に無い…

いつも最後の最後まで残って、余韻に浸って、この感動を味わっていくけれど、
今回は、違います。


あーくんに…逢えるから。。。


電車に乗り、乗換えの駅で預けたお道具バッグを取り出し、
ご主人様の地元まで向かう電車に、乗ります。

出発一分前に、ギリギリセーフでの乗り込み。

落ち着いて、
ご主人様に、向かっていることをメールしました。

返事は来ないと思っていたけれど、すぐに来ます。

「最後まで観れたの?」

すごく、嬉しくなる。
なんだろう…これは、音楽好きの感覚として。

そう、まだ19時台。

普通のライブなら、盛り上がっている時間帯です(笑)。

だからきっとご主人様は、物凄い途中で抜け出したと思ったと思います。
中盤で抜けるなんて、その悔しさってハンパない。

だから驚いてメールをくれたかな?
そんなことをいろいろ考えながら、嬉しくなるんです。

ご主人様はきっと、わたしがもっと遅くまでライブを観ても、
怒らなかったんじゃないかなって、思います。

ライブの楽しさを知っているから…

大好きなバンドでの、自分の解放を、知っているから…

ライブや音楽の大切さを、知っている人。


「曲は全部、聴けたよ」

そうメールを送り、一時間をかけて、ご主人様の元へと向かいました。

大丈夫、今日は逢えそうだから…
不安は少なめ。

それから、ライブでの余韻が残っていて、
不思議と、安定している、心。


それでも、ドキドキする瞬間はやってきます。

『次は…』

と、電車に、ご主人様の住む町の名前が出た瞬間、
いつものように、ソワソワします。

あぁ…また、この場所へ来れた…

降りた瞬間に、ココの空気を吸うと、不思議な気持ちになります。
重たい荷物を持って、いつものホテルへ向かいました。


途中、デパートへ寄り、ちょっとお買い物♪

ご主人様の地元に、好きなお店が出来ました.・:.*

初めてで、何も知らなかった頃とは違うこと。
道も、お店も、少しずつ知って…異国の世界では無くなっていく感覚。

ドキドキだけの頃とは違う、変な安心感。

この先、どれだけ、この場所を訪れることが出来るのかな…

そう思いながら、
多くの想いに、気持ちを揺らせ、
買い物を済ませた後、ホテルへ向かって歩きます。

時間は、21時。

そう、早ければ逢うことが出来る時間です。


ホテルに着いたことをメールしました。

ご主人様も、オウチのことを済ませるところみたいだったので、
お風呂に入って準備をすることを伝え、

シャワーを浴びます。

汗を流して、出てきて、
自分の顔を見て、お化粧を直さないと恥ずかしいことに気付き(笑)、

急いでメイク直し。

と、そんな頃に、
「用意出来たらメールして」

ぅわっ…わたしのほうが準備が遅いって(汗)。

ご主人様に待ってもらうパターンはなかなか無いので焦って準備します。

可愛くブラウスに着替え、
黒のスカートに、ニーハイソックス。

勿論、パンツは穿いていません///


頭の中で少し、妄想しながら、
車で触られるかもしれないし…///、と、変に期待しながら、
ノーパンに、スカートとニーハイソックスを穿く自分が恥ずかしい。

そうして、準備が終わり、メールを送ります。

ソワソワしながらも、
とにかく早く逢いたくて、急いで、お道具バッグをチェックし直して、
すぐに行ける状態にしておく。


この時点では、ドキドキがいつもよりありませんでした。

きっと、ライブの余韻が残っていたからだと、思います。
いつもとは少し違う感覚。

ペットだけど、わたし。

悩みごとで目一杯だったこともあり、いつもと状態が違う自分に、
この時すでに、感じていました…


しばらくしてメールが届きます。
「外で待ってて」


あーくん…….・:.*

プレゼントと、お道具バッグ、
大きな荷物を抱えて、急いで外へ出ました。


外へ出て数分、
ご主人様が車から手を振っているのに気付きます。


よかった、逢えた……





つづく


ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 『逢』 | COM(2) | TB(0) |
2013-01-23 (Wed)
緊張という感じよりも、自然な感じ、
ご主人様の車に乗ります。

時間は、22時の少し前くらい。

ご主人様に、ライブが早く終わったことを突っ込まれ、
ライブが始まった時間が早かったことを話し、

そんな、音楽の話が出来るのは、何だかとっても嬉しいです。

いつものように、食事を摂っていなかったわたしは、
コンビニへ寄ってもらいます。

ご主人様が持つカゴに、食料を入れていくわたし。

ちょっと申し訳なくて、
「カゴ?持とうか?」と聞くと、

「ん?ええよ」

ご主人様がカゴを持ってくれている…
ニマニマ甘えていましたね。

『カゴを持ってくれている』それだけで嬉しくて…
ご主人様に持たせていいのかな(汗)、なんて思いながら、
わたしは、ジュースやスイーツまで選んでいました.・:.*


ご主人様と過ごすための、いつものホテルへ向かいます。

そのホテルへ向かう車の中だったか…
ご主人様に、ブログでご主人様のことを褒め過ぎだって、言われました

そ、そうですか?

ご主人様には当たり前の言葉だと、
どうしてわたしがそんなに反応するのか、分からないみたいです(汗)。

ご主人様が人と接する時の態度や、言葉選び。
それには、本当に関心するし尊敬をしています。

「当たり前」と言えてしまう、
それが自然と出来るご主人様が、やっぱり凄いなって思う.・:.*


今回は何故か、
いつもよりも、この車での移動時間がとても長く感じました。

大きな音で、音楽が鳴り響く車の中。
わたしはまだ少し、ライブの余韻を残しながら、不思議な気持ちで外を眺めます。

ご主人様の顔を見ると、
やっぱり恥ずかしくなるから…顔はあまり見ないように、
でも、好きだから見たくて、チラチラと気にしつつ、ホテルに着きました。


お部屋を選ぶのは、ご主人様♪
大きなお道具バッグをご主人様に持ってもらい、お部屋に向かう。

あれ?何だろう…

ご主人様は、何かを持っていました。
CD?DVD?
なんだろうな…

今まで、ご主人様が何かを持ってくるということが無かったので、
実はかなり気になっていました。

でも、そこに触れることはせず、
お部屋に入って、服のまま、トイレに行ったご主人様を待っています。


変な、感じ…

やっぱり、ライブ後、だから?
ううん…話したいことがいっぱいあって、うん、いろいろ話したい…

.・:.*..・.:*

そう、この感情が良くなかったのかもしれません。

悩みごとのことも重なって、
わたしは、あーくんといろいろお話もしたくて、気持ちは自分の心で精一杯でした。

だから、全然、ペットとしての気持ちが、整っていなかったんだと思います。
わたしは、この時きっと、普通のオンナでした。

.・:.*..・.:*

トイレから戻ってきたご主人様。

「どれどれ~♪♪」

今日は早速、お道具バッグの中身のチェックを始めます。

最近の悩みごとでのグダグダ加減に、『説教』と言われ、
鞭の話題になっていたので、
今回は迷わず、バラ鞭を買ってありました。

「これ、鞭。こんな感じでいい?」
「おぉ~!!」

と納得しながら、ご主人様は、違うものに目が行きます。

それは、リモコンローター。
遠隔操作が出来るローターでした。

前回、ご主人様に指示をもらい購入したのですが、
それはイマイチで、使い物にならない感じ。

ご主人様がガッカリしていたのを見ていたので、
わたしは今回こっそり、新たに違うリモコンローターを購入してみたのです♪

喜んでいる感じが伝わり、購入して正解だったと、安心。

それから、もう一つ、拘束用のテープも購入。
ご主人様が、拘束が好きなのも知っているので、
手軽に拘束出来るものがあれば楽しめるかなと思い、勝手に購入してみました♪

それも気になっていたみたいで、気に入ってもらえた様子です。


すると、お道具チェックが終わったご主人様は、
ベッドに座っているわたしに言いました。


「綺麗にしてあるか、見せてみなさい」

「あぁ…いやぁ…///」


今日のご主人様は、そんなモード。
前回、前々回の始まりとは、明らかに違う雰囲気を感じていました。

スカートを捲し上げられ、両脚をご主人様の手で拡げられ、
物凄い恥ずかしさでいっぱいに、なる…

パンツを穿いていないわたし。
ツルツルにしてある、おまんこ。

「見てください」
そう言えませんでした…

抵抗して、思いっきり、脚を閉じてしまいます。

「いや」って言う言葉は、甘えている証拠。
わたしは、可愛子ぶって、そんな風に抵抗しました。

ペット、なのに…

そんなわたしの脚を開かせ、
ご主人様はわたしのおまんこに、指を入れて…

いつものように掻き回しました。

「あぁぁっ…いやぁぁ……ぁあぁぁ…」

ご主人様の指で、気持ちのイイ処を掻き回され、
あっという間に潮をふく、わたしのおまんこ…

少し掻き回されただけなのに、ベッドのシーツをビショビショにしてしまいました///

「あーぁ…」

…////

ご主人様は呆れた顔をしながら、
四つん這いになるように指示をします。

服を着たままのわたし、四つん這いで、言われるまま、お尻を出します。

すると、

ピシャッ!!

鞭を振り落とされました。

勿論、優しく。
程ほどの加減で打ってくれていることを感じます。

「ぁあぁっ…」

ピシャッ!!ピシャッ!!!

「ぁんっ…ああぁ…」

そう、何度か繰り返されます。
慣らし打ちという、感じ。

冷たい音と冷たい感触に、痛みだけを感じ、
この寂しさに、「痛い痛い…」と悲しくなっていく。

痛いのは好きだけど、鞭は好きになれないかもしれません…
だって、冷たい。

本当にこれは、お仕置き向き、ですね。
手で叩かれるのとは違う、冷酷な道具。ただの痛みを与えるためだけの、道具…


そうしてそのまま、四つん這いのわたしのおまんこにオチンチンが入ってきます。
(多分、です…かなり曖昧な記憶/汗)

「あぁぁ…」

ご主人様ぁ…ご主人様のオチンチン…

バックで犯されるのが好きです。
ご主人様に主導権があり、無理やりでもされる感じが、堪らなく好き///

犯されながら、一度、平手でお尻を叩かれた記憶があります。

ペシッ!
「あぁぁ…」

気持ちいい…やっぱり、鞭より、ご主人様の手が好き。
ご主人様の温かさを感じられるから、
手で叩かれると、嬉しくて嬉しくて仕方なくなります。

「そのままで待ってろ」

「はい…」

オチンチンを抜き、
ご主人様は、何かをしている。

四つん這いのまま、何も見えていないわたしは、
背後の物音だけで、何をしているのか想像します。

リモコンローター?

新たに購入したものは、基本、パッケージを開けることなく、
ご主人様に見せています。

まだ、未開封だったリモコンローターを、準備している様子でした。

リモコンローター。
実は、ローター部分が二つになっているもの。
連結されていて、長さも調節できるものを買ってありました。

大きなローターは、おまんこに。
小さなローターは、クリにもアナルにも使えるという感じ。

準備が出来たご主人様は、大きなローターをおまんこに入れてくれます。
そうして、小さなローターをクリトリスに当てて、わたしが感じる場所を探します。

「あぁぁ…あぁ…」

イイ感じのところで固定します。
そう、拘束用のテープで、グルグルと、ローターを固定されて、
わたしは、遊ばれます。

リモコン操作をチェックするため、

「動いてる?」

「うん、動いてる…」

「これは?」

「ぁあああっ…ぁん……」

どうやら、クリトリスに当てた小さなローターのほうが、振動が大きいみたい…
わたしは思いっきり感じてしまいます。

リモコンで振動パターンを変えられるたびに、感じます。

「ぅあぁっ……あぁんっ…」

「どこが感じるの?」
「ク……///」

「何?」

「クリが…感じる…」

そうしてまた、鞭を打たれました。。。
(多分/汗)


気持ちよくなりながら、痛みを与えられると、
その痛みは、物凄い気持ちよさに変わってしまいます…

ただ鞭を打たれている時とは違う、気持ちのいい感覚。

痛い、じゃなくて…気持ちイイ…

ピシャッ!!
「はぁぁんっ…あぁ…」

声だって、変わります。
気持ちイイから…

「感じてるのか?」

「はい、ごめんなさい…」

痛いのは嫌いでは無い。
でも鞭だけの時は、痛いだけで悲しくて、もう嫌って思ったのに…

おまんこが気持ちよくなっているだけで、
この鞭の痛みだって、気持ちイイ材料になってしまう。


そうしてしばらくすると、
ご主人様はまた、何かを探し始めます。

「あれ?どこだ~??」

何を探しているの、ご主人様?

「パンツどこだ?」

パンツ?ご主人様、寒い?

心の中で勝手にそう言いながら、
ご主人様の目的も分からずに、わたしは埋められたローターに感じています。

静かにただ、ご主人様を待ちます。


「お、あったあった。」

と、下半身は脱いでいたご主人様が、
何故かまた、下着やパンツを穿いている姿に、疑問でいっぱい。

ご主人様…何してるの?

本当に、この時までは想像もしていなかった。
ご主人様が何をしたいのか、全然分かりませんでした。


「まひろ、立って。ほら…」

「え?…え!?」

もしかして……

「ほら、立って。おいで。」


ローターを埋められたままのわたしは、ご主人様の手を借りながら立ち上がります。
そして、
ご主人様が服をしっかり着た意味に、ハッと、気付きました。

!!!!
「待って…え!?」

「なに?ほら、早く」


ドアに向かって歩いていくご主人様。

まさか…まさか?

ご主人様、そっちは…


わたしは、スタスタとドアに向かい歩いていくご主人様の後ろを、

不安と、少しの期待の中…、
恥ずかしくなりながら、ただそっと、付いて行きました…




つづく

ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 『逢』 | COM(2) | TB(0) |
2013-01-24 (Thu)
「おいで」

そう言われて、わたしは緊張しながら、
ご主人様の後をついて行きます。

ドアの手前、ホテル用のスリッパを履いたご主人様を見て、

やっぱり…

と、思う。

そして、わたしもスリッパを履くように指示をされ、
固定されたローターを感じながら、そっと、付いて行きます。

ドアを開けるご主人様に、
『本当?』というような目を向けると、

「何?ほら…」

と、逃げることは許されない空気で、部屋の外、
ホテルの廊下へ出されました。

ご主人様も一緒なのが、救い。


ローターを入れたまま、普通には歩けずに、
ちまちまと、歩いていきます。

目の前には、自動販売機。

宿泊タイムとは言え、誰かが買いに来てもおかしくない。

でも、宿泊タイムだから、人の行き来は少ないはず。
だから、きっと大丈夫だよね…

そう思いながら、でもしっかり立っていられなくて、壁にしがみつく。

エレベーター真横の壁に、必死にしがみつきます。
動くローターが、気持ちいいから…

ご主人様は、一人で自販機まで歩いていきます。

わたしは立っているのが精一杯です…だって、ローターが…

あっ…あぁ…

おまんことクリトリスにローターを感じながら、
ご主人様が離れる不安に、怯えてる。

ご主人様、傍にいて…一人にしないでください…

『ガチャガチャっ…』

!!!!

何かの物音に、焦ります。

え!?絶対安全な場所じゃ、無いの…泣?

話し声と鳴り響く音に、
ホテルの従業員のスペースが、近くにあるんだと、分かりました。


ご主人様…
もし誰かが出てきたら、、、


そう、声にすることは出来ず、壁にしがみついて、
離れたご主人様に、目で訴えるしか出来ません。


傍に戻ってきてくれたご主人様。
ご主人様に、しがみつく…

『ガチャガチャっ…』

!!!!

時々聴こえてくる音が、不安を煽ります。

ご主人様にしがみついたままの、わたし。

ご主人様と向かい合った状態で、
ご主人様の腕にしがみつき、支えられながら、少し、歩く。

ローターのスイッチを押され、
振動パターンが変わるたびに、声が漏れそうになります…

「ぁ…ぁ…」

恥ずかしいから、必死に、
小さな声を、出すくらいに、抑える。

「何?」

「ぁっ……///」

感じているなんて、言えなくて。。。

首を振って、
わたしは感じていない!ってアピールのつもり…

でも、当然のように、この遊びをやめてくれないご主人様は、
感じているわたしを見て、

「感じているのか?」
そう、言います。

コクコク、と頷くしか出来ない、わたし。
声を出して、従業員の人が来たら、困るから…泣。

「イクのか?」

え?…ダメです、イクのは……

そんなこと、出来ない…///


でも、漏れる声。
「ぁ……ぁぁ…」

感じているわたしを見ながら、
ご主人様は、冷たく言いました。

「イケ」

!?

ご主人様ぁ………泣


泣きそうでした。

でも、そんな余裕も無く、体は反応します。

ご主人様の腕に掴まったまま、わたしは、イってしまう。

「んっ…ぁぁっ……」

体をビクビクさせると、
ご主人様は、そんなわたしから離れていきます。

ご主人様……泣?

「声出して、イケ」

!!!!

許されることなんて、無い空気に、わたしは、諦めて、
離れたご主人様を前に、

ホテルの廊下、

ローターと、ご主人様の声に、イきました。

「っ…ぁぁっ……んんっ………ぁあっ…」

数回、イきます。

こんなこと、恥ずかしくて泣きそうなのに…
ドキドキして、
冷たいご主人様にまた、興奮してる…

わたし…わたし…感じてる……



ご主人様は、そんなわたしを連れて、お部屋へ戻ってくれました。




つづく

ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 『逢』 | COM(2) | TB(0) |
2013-01-27 (Sun)
リモコンローターで、ホテルの廊下、声をあげてイったわたしは、
恥ずかしさでいっぱいになりながら、部屋に戻ります。

部屋に入り、楽しそうなご主人様に、
固定されたローターを外すことに許可をもらい、急いで外して…

と、立っているわたしのおまんこを触るご主人様。
焦っていると、

また、おまんこを指で掻き回され、
あっという間に気持ち良くなります。

「あっ…あぁんっ…だめっ…」

激しく指を動かすご主人様に、あっという間にイかされてしまいます///

「ぅあぁぁっ……」

服を着たままイかされるわたしは、
溢れ出す潮を止めることも出来ずに…

太股をつたって流れる潮で、ニーハイソックスが濡れていくのを感じながら、
大好きなご主人様の指に、思いっきり感じていました。

ご主人様ぁ…ご主人様ぁ…

「って、ちょっと、服が汚れちゃうよぉ!」

「知らんw潮ふきすぎww」

「もぅー!!」

と、スカートとニーハイソックスを急いで脱いで、
ご主人様も服を脱いでいるのを見て、わたしもブラウスも全て脱いでいきます。


水分を飲みながら、少しだけお話。
今回は、一緒に居た時間の半分くらいは、楽しくお話をしていました♪

(ここから、もうかなり曖昧になっていきますが…)


そうして、ベッドで横になるご主人様のオチンチンを舐めます。
やっぱり、フェラは苦手で、頑張るけれどまだまだ長時間出来ません…

一生懸命しゃぶる。

口いっぱい…
ご主人様の気持ち良く感じるポイントを探していきます。

でも、今回は、なかなか気持ち良くなってもらえなかった感じがします…
ご主人様、ごめんなさい。。。

「おいで」

跨るように指示されて、
騎乗位で、ご主人様のオチンチンをおまんこに、入れてもらいます。

「あぁん…あぁぁん………」

うん…ちゃんと、覚えている…
ご主人様のオチンチン。

温かくて、太くて、気持ちいい…

「ほら、動いて」
「うん…」

ご主人様の上で一生懸命、腰を動かします。

「ぅあっ…あぁぁん…」

気持ちがいい。
だから、動きがゆっくりになってしまいます…

「もっと腰動かして」
「はい…」

でも、ただわたしが気持ちよくなるばかり。

あぁぁ…だめ…イきそうになっちゃう…

「腰、止まってるぞ?」

「あぁん…ごめんなさい……ぁあぁぁん…」

動いたらイきそうになるから、
やっぱり動きが鈍くなって…注意されて、また動いて、その繰り返し。


途中、正常位でも入れてもらいます。

正常位は、ご主人様との顔の距離が近付いて、
物凄くドキドキして…

ペットとか、そういうの…
吹っ飛んでしまう瞬間がある…

あーくん……
気持ちいい?
わたしも、気持ちいい…

気持ちいい顔をされると、心が嬉しくて仕方なくて、
満たされていくよ…

あーくんのこの表情も、本当に好き…


正常位は、ちょっと特別な気分です。


あ…目があった…

そのまま、深くキスをくれるご主人様。
舌を絡めて、求め合います。

いつも焦らして、なかなかくれないキス。

こんな簡単にくれると、
そのご主人様の気持ちにドキドキするから、やめてください…

逢えてよかった…
触れて、重なることが出来て、嬉しい…

正常位で重なる時間。
ご主人様の首に腕を絡めて、甘える愛しい時間。

何度も突かれるたびに気持ちよくて、
声をあげ続けます。

目があって…

ほんの少し、『ご主人様』の顔。

唾を上から、垂らしてくれて…
嬉しくて、口を開けて舌まで延ばして待ち受けます。

美味しい餌。

ご主人様からの、餌。

わたしは、ご主人様のペット、です…


他人の唾液なんて気持ち悪いって、ずっと思っていました。
ご主人様の唾液をもらうたびに嬉しくなる自分が、本当に不思議…

それだけ、わたしは、
ご主人様が好きで、甘えているんだって思う。


正常位からまた、騎乗位にかえて、
わたしたちはずっと、繋がっていました。

ご主人様に気持ちよくなってもらいたくて、
でも、わたしも気持ちよくて…
一生懸命頑張って、動きます。

ご主人様が気持ち良さそうな顔をしてる。

「あぁ…」

そう、ご主人様の声を聴くと嬉しくて、
頑張って頑張って動きたくなります。

「あぁ、気持ちいい…」

嬉しい。もっともっと、わたしで気持ちよくなってください…

「あぁ、イク…おい、ほんと、イク」

そのご主人様の言葉に、
オチンチンをおまんこから抜いて、急いで口で受け止める。

そう、久しぶりにご主人様の精子を口で頂いて、
ごっくん…

あ、平気。
ううん、美味しい…かも。

最初は精液だって飲めなくて…
初めての日は、ティッシュに出させてもらったくらいなのに、
今回飲んだご主人様の精子は、すごく美味しいと、思いました。


そうして、まったりタイム~♪
と、背中を向けるご主人様に、

「ちょっと~!!構ってくださいww」
「へ?あ、ムリムリww」

バチン!!

「痛っ!!お前~!!」

叩いてやりましたww


楽しい時間。
なんだろう…行為とトークでの雰囲気は本当に違うけれど、
でも、だからって、ご主人様のことを適当に思っているとかではありません。

こういう事をさせてくれるご主人様に、感謝しています.・:.*

この時間も全部、主従の冷たい空気でいたら、
わたしはきっと、心のキュンキュンも無いまま、
本当に『人形』になってしまいそう…

わたしには、この加減が心地好い…


わたしがわたしらしく居ても大丈夫な場所。

主従で甘えて、人としてもしっかり自分を出していられる。

楽しくて、嬉しくて、幸せで、温かくて.・:.*


やっぱり、あーくんだなって、想う。


そうして、今回、逢いにきた本題でもあること。
逢ってお話をしたかったことを、聞いてみました…





つづく

ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 『逢』 | COM(2) | TB(0) |
2013-01-28 (Mon)
でいと。のお話は、また少しずつ書いていきます。

今日は、今の気持ちを…少し.・:.*


何故か分からないけれど、
とても安定している自分がいます。

この前の「でいと。」は、本当に楽しい時間を過ごすことが出来ました。
そのお陰なのかな…

変な不安がまた少し、減った感じがしています。


昨日の日曜日は、メールが一通も来ませんでした。
いつもなら、寂しく思うところ。

でも何故か、安心していられたの.・:.*


もしかしたら、その前日の夜に、
ご主人様といっぱいメール出来たからかもしれないけれど(笑)。

なんか、大丈夫って思える、わたしの心。


本当に、でいと。は楽しかったです。

うん….・:.*

あーくんに出逢えて、こういう形になって、
良かったって…心から思っているよ。

でいと。の時、恥ずかしくて素直に言えなかったけれど///、

あーくんとの関わり、わたしの今の心に本当にひかりを与えてくれていて…
学ぶこと、感じること…いっぱいあって、感謝をしているよ。
こうなれて、本当に良かった.・:.*

あーくん、
ご主人様…///、ありがとう.・:.*


日曜はメールが無かったけれど、
不安に思うこともないまま、今日はいつものように朝、メールを送りました。

メールを送ったタイミングのせいか、
すぐに返信がきて、心、キュンってする.・:.*

そうして、メールを見て、

また、いっぱいの嬉しい気持ち。


いつもわたしがご主人様にメールを送る時に使う顔文字を、
ご主人様がメールで使ってくれていて、

なんか、それだけで嬉しくて.・:.*


しばらく、心がホクホクしていました。



一年の中、逢えないことのほうが多いけれど、
逢った時間を大切に、逢えなくても関われる時間をもっと大切に…

この心、育てていきたいです。


わたしに、こんな温かな気持ちを教えてくれて、ありがとう.・:.*



少し忘れかけているけれどw、
また、でいと。の続き、楽しく書いていきますねー♪


おやすみなさい.・:.*





ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 日記 | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。