FC2ブログ
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-11-01 (Thu)
悩みを打ち明け、相談に乗ってもらったあと、
わたしたちは、また、まったり.・:.*

ふと、ご主人様の携帯の待受けが見えて、
今までと違うことに気付き、ビックリすると、

「めっちゃ良くね?俺、こういうの好きやねん♪」
と、可愛い待受け画像を見せてもらいます。

あ…アリスだ。

色は、ピンクと黒。
ウサギがメインの、不思議の国のアリスの待受け画面。

「可愛い!!!アリス好き!!わたしもそれがいいな
「これって、まだサイトにあるかな~」

と、サイトを探し出してくれて、
お揃いの設定をしてくれました.・:.*

お揃いとか…キュン、します
わたしは携帯を開くたびに、幸せになれますね♪

たとえご主人様が、違う待受けにしていたとしてもw、
わたしはずっと知らないままなら、
携帯を開くたびに、お揃いだと…嬉しくなれます。

だからわたしは、毎日、幸せが溢れます.・:.*

それにしても、アリス、か…。
数日前、今回のご主人様へのプレゼントを入れるために買ったバッグ。
実は、ピンクと黒でプリントされた「不思議の国のアリス」の柄。
偶然?…こういう小さなリンクが、嬉しい。

ホテルに置いてきちゃったけれど、
偶然にも重なったアリスに、わたしはとっても幸せな気分です.・:.*

離れているからこそ、
こういう、想いが繋がった感じを大切にしたいのです。


そして、ご主人様の携帯を一緒に覗かせてもらいつつ♪、
(ワンピースの可愛いキャラをいっぱい見せてもらいました~
いつものお願い。

「写真、撮りたいな~」
「いいよ~」

う~ん、今回はどんな感じにしようかな…
と、とりあえず、ご主人様をパシャ♪

「そんなボケーっとした顔でええの?」

え…全然、カッコいいし大丈夫ですけど…

しかも角度的に、いつもわたしがご主人様を眺める角度。
隣にいる気分になれることに、後で気付きました
でも、
もっと撮らせてもらえるの??

どうしようかな~、なんて顔を横に並べて一緒に写ろうと考えていると、
ご主人様がわたしのほうを見て、
舌をベローって出してくれます。

え…いいの?
ヤバい…緊張しちゃう。。。

でも、ご主人様の気分が変わらないうちに!と、
せかせかと、急いで一緒に撮影の準備…

あまりに恥ずかしくて、出してくれている舌ベロの、横のほうでチュッ…パシャ。

ご主人様は、その写真を確認して、
もう一度、舌をわたしに向けて出してきます。

え…今のはダメですか?
もっとしていいってこと///?

恥ずかしさと嬉しさの中で、
ご主人様の舌ベロに…そっと、ちゅっ…パシャ。

「うん、よし!」
ご主人様のOKが出ました(笑)。

「コレは完全に、まひろのオカズだな、笑!」
「そうだね~

と言いながら、ニマニマのわたし。
でも、実際、恥ずかしくてあまり見れないのです///

それに…この写真見ると、オナニーしたくなっちゃうもの…
ご主人様に可愛がってもらってる感じ…
嬉しくて、見るだけで濡れます。

やっぱり、オカズですね(〃ω〃)

そんな、まったりな時間だけが過ぎていくと思っていました。
今日は、まったりゴロゴロだも~ん♪

そういえば、ご主人様は何時まで一緒に居てくれるんだろうか…
ご主人様の体調や気分を考えて、
深夜2時~3時くらいかな、と。

そろそろ時間的にスイーツでも食べて、まったりですね~♪
そうじゃないと、スイーツの時間が無くなります!!
と、思っていたところ、

お道具バッグを開けるご主人様。

え??

何やら、いろいろチェックしています。
「このバイブ、でかくねw?」
「うん…買ってみたら、大きすぎて焦ったwだから袋から出してないの!」

他にも、いろいろチェック。

「あ~!このパンツを外で穿かせたかったのに~!!」
「だから、あーくんは今日、そんな気分じゃ無かったでしょw?」
「そうやねん。。。」

「まひろ、これは?」

それは、たぶん2回目のデートの時に用意したもの。
手枷&足枷。
手枷同士を繋げることも出来るし、手枷と足枷を繋げることもできます。

ご主人様に説明していきます。

ご主人様は、
「でもこれって、けっこう自由になっちゃうよな?」と。

「うん…前のベッドで使った手足4箇所拘束ベルトに比べるとね。
動けるよ、きっと。でも、M字になって手と足を繋げたら…」

「ふ~ん。それじゃ、つまらんな」
と、カチャカチャ…

「まひろ、とりあえず分からんから、どんな感じか付けてみて」

え?あ…はい。
どんな雰囲気になるか、見てみたいのかな…

と、ピンク色の可愛い手枷と足枷を、付けてみます。
「これで、どう繋げるか~」

手と足を繋げても、イマイチ。

「やっぱり動くよな~。」
と、つまらなそうなご主人様。

「でも、今からベッド用の拘束ベルトは面倒なんでしょ、笑?」
「そうやねん~。あれ、準備めんどうやねん」

残念でしたね~、ご主人様~♪と、時間も遅いし、
余裕たっぷりの、わたし。

ふと、「手を後ろにしてみて。」

「うん…」
と、後ろ手で、カチャっと、手枷同士を拘束されます。

そして、ベッドへ倒される。
倒されるというより、転がされる、感じ。

「もう、あーくん、何~!!」

余裕のわたしは、ペットだけど通常モード。

いや、でも…待って、このパターン。。。
と、ふと、
わたしの前回の記憶が蘇ります。
前回も試すだけと言いながら……

まさか……?

ご主人様は、お道具バッグから何かを出している様子。
わたしは、後ろ手で拘束された状態で、四つん這いにされました。
腕は拘束されているので、肩をベッドに付ける。
バックのスタイルでそして、脚を拡げます。

ブゥゥゥーーーン…

電マ、だ…

「あぁぁん…あぁぁぁぁ…!!!」
クリトリスを電マで思いっきり、刺激されました。

今日は、こういうことは、無いはずだって…!!!

「いやぁぁ!待って…イクっ…いっちゃう!!」
イきそうになると、止められます。

そうしてまた、ブゥゥーーン。
電マで刺激される。

「あぁぁん…イクっ…!!」
そうすると、止められて。
それを何度も繰り返されます。

ほんとに、今日は、こんな予定じゃ無かったはずで……
ただ、まったり、するだけで。。。

ご主人様…ご主人様…

わたしは、責められて楽しまれるペットとして使われます。
意地悪だけど、甘い…そんなご主人様に。


「あぁぁん…イっちゃうぅぅ…」
「イっちゃうのぉ?」
「ぅん…いっちゃうぅぅ…」

と、また、寸止めで電マを止められる。

そして、ブゥゥゥーーン。。。
クリトリスを何度も刺激されます。

「あぁぁぁ…やぁん…いっちゃうよぉ…」
「ん?いっちゃうのぉ…ふーん…」

「うぅん…あぁぁぁ…いっちゃう…いっちゃうぅぅ…」
「何、いっちゃうのぉ…?」
「イク!!ぅん…イクぅぅ…あぁぁ、はぁあぁ…イクぅっ…イきますっ」
「ふ~ん…」
と、弱めるご主人様。

甘くて意地悪、その表現が本当にピッタリ。
可愛がられている、そんな感じ。
そんな雰囲気。

あまりに寸止めされすぎて、おまんこヒクヒク、お尻がビクビクと動いちゃいます。

「ヒクヒクさせてぇ……なぁ?」
「ぅんっ…だって…」

ブゥゥゥゥーーーン…

「あぁぁあぁぁぁっ…いやぁだぁぁ…イクっ…」
「ダメェ~…」
「はぁぁん……」

はぁはぁ…と、息を荒くするわたしに合わせて、
ご主人様から「ふぅ…」という呼吸も聞こえてくる。

楽しんでくれているのかな?
そう、考えます…

イきそうでイけなくて、苦しいのに…
楽しんでもらえているかもと思うと、頑張れる。

でも、次第に、
「ぎゃあぁぁあぁぁ……」

あまりに何十分と、寸止めで刺激され、
もう訳がわからなくなって声は叫び声…

「いぐぅぅ…イきたいぃぃ…」
「イきたいのぉ……」

と、ご主人様は、
「まひろ、可哀相に…」みたいな雰囲気の口調で言ってくる。
でも絶対に、イかせてはくれません。。。

優しいのか、厳しいのか、分からない…
心を、きゅぅぅ…ってされる空気。
これが、好きでたまらない。

ご主人様はさらに、お道具バッグをガサゴソ。

「まひろ、イきたいのか?」
「はいぃ…イきたい…イきたいです…」

「ヒクヒクさせて、なぁ?」

バシィィ……バシィっ…
「あぁぁん…あぁ…」

何度か、スパンキング。
お尻を叩かれた、記憶があります。

記憶が。。。
あまりの寸止めの責めに、記憶は曖昧です…

お尻を叩かれるのが、すごく好きです。
気持ちよくて、叩かれると悦んでしまう…

バッグから何かを取り出したご主人様。

何を、しているの?ご主人様。。。

「!!! あぁぁあぁあぁ……っ」

電マを当てられながら、バイブをおまんこに突っ込まれます。
ズブズブと、容赦なく。

「はぁぁん…あぁん…イっちゃうっ…」
バイブに電マ。
気持ちがいいに決まってます…

でも、やっぱり、止められてイかせてもらえない。

すると、違う形のバイブがおまんこに入ってきます。
少し先が尖った、アナルにも使えるバイブだと、感触で分かります。

尖っている分、少し、痛い…
「ぅがぁぁあぁ…あぁぁん…」

それでも感じるわたし。
電源の入れられていないバイブでも、ご主人様が動かしてくれる動きで、あっという間にイきそうになります。
そして、何度もおまんこに二種類のバイブを交互に入れられ、
片方は、新しく買った、あえて電池を入れなかったバイブだと、認識。

ご主人様…ごめんなさい…
準備が、足りませんでした、わたし…

完璧な準備を、していなかった。。。
それ、電池入っていませんよね…
ごめんなさい…ごめんなさい…

!!!えっ!!
いやぁぁぁ……

突然感じた、アナルに何かが触れる感触。

アナルに、バイブを入れようとされているのが、わかりました。
尖っているほうの、アナルにも使えるバイブ。
期待と不安。

ご主人様は基本、ほぐしてくれません。。。
(バイブにローションはたっぷり付けてくれますよ

だからいつも、普段から自分でほぐしていますけど///
いや、ほぐさなくても、まひろのアナルは入りますけど///

今日は、心の準備が、その…ご主人様…浣腸も、していな……

「あぁぁあぁ…ぅわぁぁあっ…………はぁんっ…」
いつものように、
最初はなかなか入らなくても、力をそっと抜いて…
自然とアナルが、バイブを一気に飲み込んでいくのが、分かります。

ご主人様に楽しんでもらえるように、と…
うまくアナルの力を抜いて、バイブを受け入れる瞬間が好き。

「はぁぁんっ……イクぅ…アナル、、、」

アナルの気持ちよさは、格別なんです。。。

電マも当てられて、
もう少しでイけそうなくらいまでに、なって…
イかせてもらえるかな、アナルで…

ご主人様…気持ちいいよぉ…
アナルが、、、気持ちいいよぉ…

「はぁあぁぁぁん……」

言葉にする余裕は無いけれど、心の中で、そう言いながら感じてる。

スポっと、当たり前のように、バイブを抜かれます。

「はぁぁあぁ……泣」
イかせてもらえないって、こんなに苦しいの…

ご主人様、イきたいです…
まひろ、イきたい……イかせてください(泣)。


ご主人様は満足されたのか、わたしを解放しました。

トイレに行かれたご主人様。
イけないまま、ボーっとしていたわたしに、
拭いていない?オチンチンを舐めるように言われます。

「綺麗にして」
「あ…はい」

ペロペロ。

「わたしもトイレに行く~♪」

「まひろ。」
名前を呼ばれ、ご主人様が指をさしました。
その先には…


部屋の片隅の大きな洗面台。

うそっ…

「そこでしなさい」

そんな…恥ずかしいから……許してください、ご主人様………






ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
| 『逢』 | COM(2) | TB(0) |
2012-11-03 (Sat)
昨日の夜、少し嫌なことがあって、
気分は下がり気味。

すぐに良くなるのかなって、思ったけれど、
それは、翌朝となる今日まで続いていました。

元気は無いから、ご主人様へメールしなくてもいい、くらい。。。
でもやっぱり、したくなる。

こんな時でも、ご主人様には、「自分」でいられるから…


いつもより、少しだけ早くメールを送ります。
元気はあまり無いけれど頑張っていこ♪、みたいなメールを、
笑い口調で、送りました。

珍しく、意外にもすぐにお返事がきました。
そこには、

ご主人様も、あまり元気がない、と。


その瞬間、考えます。

わたしのこのマイナスな気持ちが、あーくんに届いて…
あーくんの元気を減らしてしまっていないかな、って…

それとも、この元気の無い感じは、あーくんのもの?

それか、ただ、一緒のタイミングなだけw

どっちでもいい。
でも、もしわたしが送っているものだったら…

そう考えた瞬間、
ダメダメ、わたしのせいで元気が減るなんて、もってのほか!!
と、
ペットまひろ、元気オーラ発揮ww

元気でいよう。ご主人様のためにも。
いつもキラキラ、そんなエネルギーを贈りたいの。


なんだろう、不思議。
あーくんに元気が無いって思ったら、
元気を贈ろうって、心がキラキラし始めた。

温かな…穏やかな、そんな空気を贈ろうって。

そっと、願っていようって…

いつも以上に澄んだ空を見ながら、
この強い風に乗って、温かな心、届いたらいいな.・:.*


気付いたら、あーくんを想う気持ちで、
わたしはいっぱい、幸せになっていました(笑)。

あれだけ昨日、落ち込んでいたのに。

想うだけで、こんなに…あったかーい心にしてくれる人。

それが、わたしのご主人様.・:.*


あーくんに、メールしよ!!
そう思いました。

文章を打ち込んで…あとは、必殺!自然写真です♪
と、買い物予定もあったから、車を走らせて~、
ショッピングモール。

そこで、ショッピングモール周囲の植物の中を歩きます(笑)。
(怪しいです。)
この季節に、お花を探すのは難しい。

綺麗で柔らかくて、優しい感じのお花はいないかな?

きっと、変な行動(笑)。

地面に生えているクローバーのところで、
しゃがんで携帯で写真を撮ってみたり。

タンポポに急接近してみたり。

う~ん、全然、イメージと違う!!

と、いろいろな花や草を撮ってみるも、全然ダメ。

この季節に、可愛いお花が咲いているわけがないんだ。
もう、写真の無いまま、メールしちゃえばいいかな…

と、ショッピングモールの中へ。
そこの通路に植えてある観葉植物を撮ろうと、変な行動もしてみるw

でも、イメージに合いません。

(´・ω・`)
こんな気分(笑)。

でも、さっきまで写真を撮っていた外の、反対側のドアを見つけ、
こっちの外に、奇跡はあるかもしれない!と、スタスタ。

外で、植えられている木を覗き込んでいくと…

見つけた….・:.*

これなら、綺麗に撮れる予感がするの。
だって、わたしが好きな、小さくて薄ピンクの…可愛い花。

パシャ…

ぅわぁぁ.・:.*..・.:*

綺麗に撮れました。
別に、特別に綺麗な花じゃないんだけど、
お花の回りだけ、キラキラした、不思議に綺麗な一枚。

お花に、わたしの想いが届いたかな.・:.*


そうして、メール。


お返事は別にいらなくて、ただ送って、満足♪
ふふん♪
だって、あんなに可愛い写真を届けられたんだもん。

少しは、癒されてくれると、いいな.・:.*


そうして、お買い物。
お仕事の道具である文房具と、先日の勉強をまとめるファイル。
大好きな無印良品で、お買い物。

ん?あ、お菓子だぁ。

シューチョコ。

シューチョコ??

なぜか、無性にシューチョコが欲しいんですけど。。。

と、一年ぶり?くらいの勢いで久しぶりに、
シューチョコもお買い上げ。

甘いものは大好きだけれど、「シュー」が嫌いなわたしは、
シュークリームも食べないし、シューチョコなんて滅多に買いません。

でも、なぜか、食べたくなったんです。
だから、自分で変な感じ。


家に帰り、お仕事をしながら、パソコン打ちながら、

あ.・:.*
あーくんから、メールが来ましたぁ。

届いたあーくんからのメール、そこには、


シューチョコの写真(笑)。


わたしの心が一気に…、ふわぁぁ.・:.*

繋がるって、こういう感じ。
離れているけれど、想いが届く、そんな感じ。

わたしの心の真ん中が、ふわふわぁ.・:.*


あーくん、繋がってる.・:.*


シューチョコが食べたくなったのは、
あーくんと繋がってるねって、神様が教えたかったんだって思うの(笑)。

あーくんがもしも、このブログ読んだら…

「またそんなこと言ってるwハゲww」
くらいに言うだろうなww

いいんです!!!

ペットがご主人様を想える幸せな出来事があった!
それで、いいんです.゚+.(´∀`*).+゚.


こんな小さな出来事に、わたしは毎日、
きゅんきゅん、ほわほわぁ~、している.・:.*

わたしの心の真ん中は、落ち込みが嘘のように、
ほわほわぁ~。

あーくんの知らない間にも、
こんなにいっぱい、支えられているんだよ.・:.*


悩む日もあるし、心が悲しくなる日もあるけれど、
ご主人様を想っていよ。

大切な人がいてくれる。

それだけで、こんなにも毎日が輝いてくれる。


わたしのこの心で、
あーくんを想って、願い、愛のエネルギーを贈っちゃいます.・:.*
(返品不可ですww)


ありがとう。
逢えない今日も、逢える日も、
どんな時も変わらずに、傍にいますね.・:.*



ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 日記 | COM(2) | TB(0) |
2012-11-05 (Mon)
「あそこでしなさい」

うそでしょ…ご主人様…

そこは、ホテルの部屋に入った時に、一番に目に入った、
広く大きな洗面台でした。

ここで何かを、と…
いやらしいこと想像もしましたけど、その…ご主人様、

おしっこは、、、恥ずかしいです…


「まひろ、イきたい?」
「うん、イきたい…」

「だったら、そこでしなさい」

「えっ…でも…」
「イきたくないの?だったら、いいんだよ、しなくて」
「………イきたい。。。」

「だったら、してみせなさぁい?」

うぅ…こんな洗面台にあがって、しゃがんでするの?
ご主人様に見られることも恥ずかしいし、
『洗面台でおしっこをする』ことも恥ずかしい…です。

だけど、イきたいし、
しっかりご主人様の言うことを聞きたいし、
何よりも、そんな姿を、ご主人様に見てもらいたい…

複雑な心。

見られたくないのに、見られたい。

恥ずかしいけれど、管理されて可愛がられたい。

人としての羞恥心と、ペットとしての甘えた心。

この絶妙なバランスの心で、わたしは気持ちよくなっていきます…


のろのろと、洗面台へ。

ふと見た時計は、すでに深夜3時を過ぎていたはず…。

大きな洗面台。
よじ登ってみる。

「こっち向いて、してごらん」
「いやぁ…恥ずかしい…」

ベッドのサイドに腰掛けたままのご主人様。
そこから、真正面に洗面台。

「出来ないなら、いいんだよ。」
「する…」
「じゃあ、して見せなさい。」

でも…出ないんです。
恥ずかしさと、緊張で。。。

下を向いて、「出ない…」と悲しんでいると、

「こっち向いて。目を見て、しなさい」

ご主人様の目を…見て?
そんなっ……目を見るのは、恥ずかしい///

でも、言葉になりません。

ご主人様を、見ます。
ご主人様と目が合って、見られていると、恥ずかしさでいっぱいになる。

大好きなご主人様に、見られている。
捕らえられている。

捕らえられているのは、目だけじゃない。心もまるごと捕らえられている。
大好きだからこそ、恥ずかしさでいっぱいで…
羞恥で、心が苦しく切なくなっていきます。

出したい。出ない。
恥ずかしい。見てもらいたい。

早く、早く…
でも、出ない。。。

そんな気持ちの中、精一杯、おしっこをしようとします。

でも全然、出ない。。。

ご主人様は立ち上がり、わたしの元へ来てくれます。

「ほら、してごらん?イきたいんでしょう?」
「うん…でも、出ない…」

今日のご主人様は、柔らかい口調。
前回の厳しくこわい感じとは、全然違います。

「イきたくないんだ?やめようか?」
「いや!するっ…」
「だったら、して見せなさい。ほら、目を見て」

あぁぁ///
高さ的に、ご主人様に下から覗き込まれる感じ。
股を大きく開いて、洗面台に跨っている姿で、
この距離と、この姿で、ご主人様の目に捕えられる。

恥ずかしい、恥ずかしい…

ご主人様は、電マを持ってきます。


やめて、ください…!!!
それは、心の叫び。

ブゥゥゥーーン。

「ぅあぁぁあぁぁ……」
「ほら、早くしなさい」

「うぅ…」

でも、出そうと思っても、出ないんです。

ブゥゥゥーーーン。
「いやぁぁあぁぁ……」

イきそうになると、電マは止められます。

「まだ、出ないのぉ?イきたくないのぉ?」
「イきたいっ…イきたいっ…」

「だったら、してごらん?」

それでも、おしっこは出ません。

ご主人様は、お道具バッグをガサゴソ。
「まひろ、あれ、どこにあるん?」
何かを探しているご主人様。

あ…もしかして///

検討がつきます。ご主人様の探しているもの。。。

「その…バッグの隅のほうの、ポーチの外側に。。。」
「あった」

探していたものは、わたしの予想と当たりました。
口枷。

わたしがずっと、拒んできたもの。
猿ぐつわ。

顔が歪む感じが、醜い感じが…堪えられない。
小さい頃、容姿でイジメにあった、容姿に自信の無いわたしの心が、
無理だって思っていたもの。

だから、ずっと拒んできていました。

でも、ご主人様は言いました。
「お前の過去は俺には関係ない」と。

この口枷は、前回逢う前、お道具を揃える時に、
買うように言われていたもの。
拒んではきていたけれど、わたしに拒否権は無いですから、ね…

そして、
「おっ♪イイもん見っけた~♪」

あぁぁ!!!
ご主人様、それは……////

ご主人様が見つけたのは、木製クリップ。

これは、買えなんて言われていません。
わたしが勝手に、買っておいたもの。

前回、「洗濯ばさみ」という言葉を発していたご主人様を思い出し、
今回勝手に、自分で買ってみたものでした。

だから、余計に恥ずかしい…
まるで、使ってくださいと、言わんばかりだもの…///

ご主人様はわたしの元へ来て、
わたしに、口枷を嵌めます。

わたしは、涎を垂らし始める。

ご主人様は、変わらずに、わたしに電マを当てます。
「ほら、おしっこしなさい」
「うぅ…うぅ…」

言葉を発することを奪われ、声だけをあげる。
垂れる、涎。

「涎、垂らして…ほら、イきたくないの?」
「うぅ…いぎぃぃ…うぅぅぅ…」
「なに?言えないねぇ?」
「うぅぅぅ……」

ご主人様は、また、「可哀想に…」みたいな口調で言います。

そして、クリップを乳首へ付けていきます。
「ぅがぁぁぁ……」
「なに?痛いのぉ…痛いねぇ…」

「うぅぅぅ…」
首を縦に振りながら、声を漏らすことしか出来ません。
ただ、涎をダラダラと垂らしながら…

ご主人様ぁ…痛い…乳首が…乳首が。。。

そして、電マを当てられて…
「うぁがぁぁぁ…」
「おしっこ出ないの?イけないねぇ?イかないくていいの?」

首を横に振り、必死におしっこをしてみようとしても、
電マの刺激も加わり、もう麻痺している尿道。

出そうと思っても、出なくて、
出そうになると、電マを当てられる…

その繰り返し。

おしっこをしようと、気になって下を向くと、
「おしっこしなさぁい…ほら、目ぇ見て。」

優しい口調なのに、目を見ることを指示する時だけは、
少し厳しく、叱るように言われる。

胸がきゅぅってなりながら、目を見ます。

口枷を嵌めて、乳首にクリップをつけて、
涎を垂らしながら、股を開いたダラシナイ姿で…
ご主人様を見ながら、おしっこをしようとしている、わたし。

そんな姿を見られている。
こんな恥ずかしい姿を見られている…

わたしの心は、こんな姿を見られることを、喜んでいました。
ご主人様に、こう扱われることが嬉しい…

電マを当てながら、下からわたしを見上げるご主人様。
至近距離で…

「オイラの可愛いペットちゃ~ん…」

あまーく、あまーく、その言葉を言いました。

あーくんっ…
わたしのご主人様ぁぁ……

ふにゃぁぁぁ.・:.*

って、気分になっていきます。
変な感覚。

甘やかされてる感じ。可愛がられている、感じ。
その口調は、わたしを、
小さな幼児に返させるような、そんな無防備な心にさせる。

ご主人様ぁ……ご主人様…
ご主人様がいなくなったら、まひろ、何も出来ないよぉぉ…

おしっこ、したいよぉ…
でも、出ないの…まひろ、したいのに、出なくて…

ご主人様…ご主人様…ごめんなさい…


そんな、状態の心にさせる。
わたしが一番、甘えていられる状態かもしれません///

今日はずっと、敬語をつかっていません。
それは、そんな空気、だから。

いつも調教の時は、自然と敬語。

でも今日は、なぜか、ずっと敬語になりません。

そんな空気。
ご主人様とペット。奴隷じゃない、「ペット」。
そんな雰囲気。

可愛がられて甘やかされて、
それでも厳しくて…

わたしは、甘えることも頑張ることも同時にしている感覚です。


結局、おしっこは出ることは無くて…
(本当にごめんなさい。。。)

「ふぅ。トイレ、行ってこいww」
と、解放してもらいました(汗)。

口枷もクリップも外してもらい、
洗面台から降りるのに、手も貸してもらって、トイレに行きます。

トイレだと、ちゃんと出るんですね…

でも、量は少なめでした。
次は、もっと水分摂っておこうかな、なんて考えます。。。
たくさん、ちゃんと出せるように…

きっと、見てもらいたい。
恥ずかしいはずなのに、
ペットとしてのそんな姿を、見てもらいたいと…
思うのです。



トイレから戻ってきて、
もうイかせてもらえないと分かっているので、
気持ちを切り替えて…

「スイーツ食べよう!!」と、ルンルンして言います♪

だって、もう4時近いですよ…
スイーツの時間も、もう無いと言いますか、
そろそろ、バイバイの時間だよね…?

「イかなくていいの?」
「え?うん…。仕方ない。わたし、おしっこ出来なかったもん…」

「イきたくないの?」
「それは…イきたいけれど…」

「ふーん…」
と、ご主人様。

え…ちょっと待ってくださいっ…
もう時間も4時過ぎていますから、
その…記念日で、スイーツを一緒に………

それに、帰る準備…

なんて、頭でいっぱい言葉が並んで、でも言葉にならないくらいの、
スピードで、
知らない間に(笑)?、
いや、考えたり言葉にする余裕も無い雰囲気で、

わたしの手枷をまた、後ろ手で繋げて、
四つん這いにしたわたしを、
ご主人様は、
激しく電マで責め始めました………

「あぁぁあぁっん………」




ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 『逢』 | COM(3) | TB(0) |
2012-11-07 (Wed)
では、ラストまで、ドバーッと書いてしまいます(笑)。

.・:.*..・.:*

あれだけ責められて、もう今日は終わり、そんな気持ちでいたのに…

ご主人様はわたしをまた、四つん這いにさせて、
電マでたっぷりと責めてきました。

しかもやっぱり、イかせてはもらえません…

「ぅぎゃぁぁあぁぁ……」

もう、ずっと、寸止めされ続けている、わたし。
刺激を与えられ続けた、クリトリス。

はぁはぁぁ…
息は荒く、涎を垂らしながら、悶えつづけます。

「イきたいのぉ?」
「はいぃ…イきたい、イきたいっ…ぅあぁぁあぁん……」

「イきたいのぉ…」

そう言いながら、ご主人様は、電マでわたしを責めます。

「ぅがぁあぁぁ…イクっ…いっちゃうぅぅ…」

そう、叫びにも似た声をわたしが出すたびに、
ご主人様は、電マを弱め、わたしの声や息遣いにあわせて、

「ぅ~ん?…ふぅー」

と、声を出しているのが聴こえてきます。

それがまた、わたしの心を気持ち良くさせていく…

ご主人様に、構ってもらっている感じ。
わたしの声や、悶えを、ちゃんと見てもらっている感じ。
手をかけてもらっている感じ。

そして、それに合わせての声を聴くたびに、
楽しんでもらえているかな、そう思いながら…

わたしの心が、そんな部分で満たされていくのです。

「イクっ…いっちゃうのぉぉ……いやぁぁ…」
「ぅ~ん?イっちゃうのぉ?」
「いっぢゃうぅぅぅ…ぅぎゃぁぁぁ…」

どれだけ、足掻いても、
勿論、イかせてはもらえません。

四つん這いで、脚を大きく拡げ、
ベッドに頭をこすり付けて、悶え、もがきます…

時々、ガサガサと近くで音がするのが聴こえました。

ふと気になって、微かに動かせる頭を、音のほうへ向けると、
電マの刺激が止まった瞬間、

ご主人様が、わたしの顔を見るためか…
隣で、わたしの姿を見ているのが、分かりました。

もしかして、
今まで、ガサガサするたびに、わたしは顔を見られてたの…??

物凄く、恥ずかしくなって…///
わたしは気付かなかったフリをしてすぐに、反対に顔を向けます。

そしてまた、ご主人様の電マ責めに、声をあげ続けました。


しばらくして、
後ろ手で腕を拘束されたまま、わたしは仰向けにされました。

ご主人様、何?
あーくん、ねぇ…時間………

そんなことを、一瞬だけ、頭で考えます。
ほんとに、一瞬。
だって、考える余裕なんて与えられないほどの、責め…

「まひろ、イきたい?」
「ぅん…イきたいぃ……っあぁぁあぁぁ…」

話しかけられている時でも、
ご主人様が電マの責めを休めることは、勿論無いのです。

イク寸前で止められる。もう今日は、それがずっと…
わたしは、ご主人様のされるがままです。

「イきたいぃ…ぅあぁぁぁんっ……」
「イきたい?イきたいの?」

「うん…イきたいぃ…はぁぁ…ぅぎゃぁぁぁ……」

洗面台にのぼる前からだから、もう一時間以上は、
寸止めで、責められ続けています。

イきたいぃぃ…ご主人様、イきたいよぉぉぉ…

「はぁはぁ…あぁぁ…イきたいぃぃ…ぅぎゃぁぁぁぁ……」

え!?…もしかして!!

待ってくださいっ…ご主人様……
その…電マを、、止めてくださいっ…ダメ…だめぇ…

「……っ!!!!!」

「イけ」

「あぁぁぁっ…イクぅぅ…あぁぁああぁん…」

ご主人様は、わたしが絶頂を迎えようとした時、
電マを止めることはなく…そのまま、わたしを絶頂へと導きました。

「あぁぁぁあっ……あぁぁ…」

そして、
今度は、電マを止めてくれようとは、しません。

「だめぇ…また、イっちゃうぅ…あぁぁぁんっ……」

何度も何度も、体をビクつかせながら、絶頂を迎えます。

「あぁあん…イクぅ…あっ!!またぁっ…いやぁぁ…イクぅぅ…」
「イクの?気持ちイイの?」

「ぅんっ…気持ちいいのぉぉ…あぁぁぁ…やめてぇ……」

快楽責め。

快楽責めは、実は、決して楽ではない。
強制的にイかされる。

その気持ち良さは、優しくイかされるほど、心地良いものではありません。

「気持ちイイのぉ?」
「うんっ…気持ちいい、気持ちいいぃぃ…ぅがぁぁぁっ…だめぇ…」

気持ちいいのに、苦しい。
止めてもらえないのが、苦しい。

嬉しいのに、苦しい。
やっと、イかせてもらえたのに…

「あぁ!またっ…イクぅぅぅ…ぁがぁぁぁぁ…」

わたしはしばらく、可愛い声なんて出るわけもなく、
叫びながらイき続けました。。。


そうして、一瞬、ご主人様の手が止まる。

わたしは、すかさず話しかけます。
「ねぇ!もう、ほんとに時間が……っ!あぁぁん…いやぁぁん…
 じゃなくて!!!
 もう、ほんとにヤバイでしょww」

ご主人様も時間を確認して、
「おうww」と。

4時半くらい、だったかな。
わたしは別に大丈夫ですけど、ご主人様を5時までにオウチに…
そう、必死になります。

大切なものは守りたい。

わたしたちは、焦って、急にモードチェンジで帰り支度です(笑)。

支度をしながら、
「ねぇ、あーくん~、スイーツは!?もぅ~!!!」
「知らんがなww」

「ん~っ!帰って独りで食べるも~ん!!」
「そうしとけww」

せっかくの、記念日は、ヤリ過ぎてタイムアウトって…
ちょっと、何なんですか!!

と、思いながらも、あまりに時間が迫っているので、
裸のまま、とりあえず、お道具をしまいます。

正直、どちらでも、いいんです。
スイーツを食べても食べられなくても、
そこには状況は違っても、ご主人様との時間を共有できたという幸せがあります。

ご主人様は基本、とても優しい人です。
人の心を考えてくれる。
わたしの女心も、けっこう分かっています(笑)。

そんなご主人様が、スイーツタイムを無視してまで、
わたしを責め続けてくれたことは…
それだけ、楽しいと思ってくれたのかなと、わたしの心は悦びます。

スイーツタイムがもしもあったなら、
それはそれで、きっととても幸せだったろうと、想像できるから…

きっと、どっちも楽しい時間に違いはありません♪


トイレから戻ってきたご主人様は、 
「まひろ、潮ふき過ぎ~ww」
と、洗面台近くで、最後にわたしのおまんこに指を入れます。

指を入れる瞬間は、やっぱり、ご主人様の顔。
捕らえる眼。

あっ…ご主人様っ…

ぐちゅぐちゅぐちゅ…

わたしのおまんこの気持ちいい場所を、掻き回し、
また少し、イかせてくれました///

もちろん、軽く、潮がポタポタと…
「ほら、すぐ垂らす…」
「だって……」

恥ずかしくなります。
でも、気持ちいいんだから、仕方ないんです(笑)。

着替えて、支度を全部終えて、
スイーツをバッグに入れて、忘れ物チェックをしつつ(笑)、
部屋を後にします。

今日はエッチなこと…、
セックスや調教は、無いと思っていました。

だから、いろいろな思いで、嬉しくなります。

逢えただけでも、嬉しかったのに…
本当に、ありがとう、あーくん。。。

帰りの車の中、音楽に合わせて口ずさむご主人様。
この歌声は、やっぱりカッコいいですね~♪

そんな歌っているご主人様の左手に、
そっと、手を重ね、指を絡ませる。

手を繋ぎながら、運転してもらいます。

大きくて、温かな手。
わたしはご主人様の手が、本当に好きです。

とっても、とっても、安心するの…

汗ばんで、途中で、
「汗かいちゃったね~」と、何気なく手を解いたけれど、
そのまま何も言わず、ご主人様からまた、手を繋いでくれた…

それが、とてもとても嬉しくて///

こういう瞬間に、まだちゃんと、好かれているのかな…
なんて、安心を覚えたりします。

好きとは、言ってもらえないから、
時々、本当に不安になる日もあるけれど(汗)、
いろいろな部分から、「大丈夫」を感じていきます。

そんな温かな手に指を絡めながら、駅を近くに感じる。
なんだか、急に寂しくなってきました。

「ねぇ…寂しい…。もうすぐ、バイバイだもん、笑。」
「何言ってるんや。」
「わかんないけど…急に寂しくなったんだもん…」

「大丈夫や。また会える。
 いつも会えない会えない、って言って、今までずっと会えてるやろ?」

「うん、そうだけど…」

「だから、大丈夫や。」
「うん…」

あーくん…そうだね。
本当にこの数ヶ月も、奇跡のように、逢わせてもらえてる。

その時間が、わたしの安心に繋がっていく。
きっと、また逢える。

そういえば、
初めて逢えた、去年の10月21日。
あの日も帰りが寂しくて…同じことを言ったよね。

「今日だって会えないと思っていたけど、会えたやろ?だから、大丈夫や。」
そう、言ってくれたんだったよね…

思い出すね、あの時。

あの時は、情熱的に…初々しく、恋人主従で。
もちろん、今も気持ちは何も変わっていないけれど、
本当に、出逢えたことに感謝でいっぱいだった。

泣きながら帰ったけれど、
今はもう、わたしは泣いたりしないよ、あーくん.・:.*


宿泊ホテルの前につきます。

わたしは、目で訴える。

キスしたい…って(笑)。

ちゅっ…
と、軽くキスをくれるご主人様。

さらに目で訴えてみる。

「なんやww」
「…もう一回っ。。。」

「笑」

笑って、もう一回、ちゅっ…てキスをしてくれました///

「すごい、好き…」

唇が離れて、そう言葉にしていました。

「知ってる、笑」
そう、笑っていつものように返してくれたご主人様。

「次は、1月に来るからね」
「おう」

そして、バイバイします。

ありがとう、あーくん。
何度逢っても、どれだけ毎日メールしても、
好きな気持ちって、減らない。

過ぎた分だけ、色濃く変化して、
でも、変わらない真ん中の気持ち。


今日は、本当に、ありがとう。
わたしの悩む日々のなかで、逢ってくれたこと。
そして、悩みを相談できたこと、本当に救われた…。


と、宿泊ホテルの部屋で、時計をチェックしたら、5時半。。。
ごめんね、あーくん(汗)。

と、そんなに長く居てくれたことが、
とても嬉しくなりました.・:.*

わたしは、一時間半の睡眠でw、
朝食にスイーツを食べて!!!、
朝からまた、勉強をして…無事に帰りました♪


おしまい♪



ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 『逢』 | COM(2) | TB(0) |
2012-11-10 (Sat)
どれだけ長く一緒にいても、
どれだけ大丈夫と思えている人との関係の中でも、

「言葉にする」ことは大切だなと、思います。
ただ、安心するための言葉ではなくて、
心を理解するための言葉…。


10月の終わりにご主人様にお逢いした、その翌週、
わたしは、同じ勉強を学ぶために、関東へ出て、
ご主人様に逢える確信も何もなく、ご主人様の地元のホテルに泊まりました。

その夜は、残念ながら、逢うことは出来ませんでした。

ご主人様には、元々、先約があったようだし…
仕方ないこと。
ご主人様が楽しめているなら、嬉しいもの♪
なのに、
わたしの心には、なぜか、寂しさが残り続けていました。

それは、ご主人様に逢えなかったから、なのか…何なのか、、、
分からないまま、数日を過ごしました。

そうして、ご主人様とふと、ある夜にメールをしていて、
逢えなかった夜の日のことを教えてもらいました。

先約はキャンセルになったこと。

「でも、ペットに会う気分じゃなかった」と。

その文章を見た瞬間に、
わたしの寂しさは一気に消えていきました.・:.*

不思議と。

そうだったんだね~
.゚+.(´∀`*).+゚.

そんな感じ。

素直に教えてもらえたことが、ただただ、嬉しかった…


「どうして」会えなかったのか、という、
状況や気持ちを話してもらえた喜び。
嬉しくて、感謝と安心でいっぱいになっていました。

そして、「ペット」という文字に、嬉しくなっていた///


わたしが、わたしのご主人様をご主人様として慕える理由の一つは、
こういう、人としての心の部分に触れるときに感じる、優しさや温かさがあるから。

主従を長く続けていらっしゃる方々の中にも、きっと、
ご主人様のあたたかな心に惹かれ、尊敬し、傍にいる方も多いでしょうね。

気遣ってもらい、不安を消してもらったり、
人として、向き合っているからこそ、続けられる主従という関係。

サディスティックな部分だけで過ごすなら、
言葉なんて発しなくていいし、気遣うこともしない。

でも、人だから、それだけではない。

感情がある。
日々の状況や体調でも変化する、心があります。

所詮、人だから…

人としての部分で、どれだけ築けるものがあるのか。
それは、大きなことだろうなって…感じています。


だからこそ、そんな「人」としての部分で、
わたしはご主人様に惹かれています.・:.*


言葉にすることは、実は簡単で、
ご主人様も、それはよく言います。

上辺だけの言葉ならいくらでも、と。

だから、そういう言葉ではない、
理由や気持ちの部分を伝えてもらえることの大きさ。


言葉で伝えることは大切だと、感じています。
誤解を消すことも出来るし、被害妄想を食い止めるためにも(笑)。
でも、その言葉とは、表向きな言葉ではなくて、相手の心が求めている部分に触れる言葉。

本当の安心は、そこで得られるものと思うから…
そこに向き合ってもらうことは大切、ですね。


常に、「ご主人様と奴隷」という、
キッチリしたご関係なら、それは必要ないかもしれないけれど、
わたしには、
今の、この温かな部分が大切だと思っています。

だって、人だもの(笑)。


ご主人様も昔、言ってくれました。
「ペットだけど、人だから。」と。

だから、傍にいたくなるんでしょうね、きっと…

いろいろな部分を満たし、そして教えてくれるご主人様。
だからわたしは、
ペットとして頑張り、人として傍にいたいと、思います。


なんだか、
「ご主人様が好きトーク」になってきてしまいました(汗)。

だって、好きだもん.・:.*
ww


文字に込められた想いを、どう感じ、どう捉えるか、
その中で、感謝や幸せも感じていけるから、
受け取るわたしも、しっかり受け取れる心でいたいです。

それも大切なはずです。
言葉にしてもらえたなら、それを真っ直ぐ受け取れる心。


そして、その気持ちをわたしも言葉にします。

ありがとう。ごめんなさい。
いろいろ…
素直にそのまま、お話します。

長くなっても、そうしないと伝わらないなら、長くても伝えます。
そう、ご主人様に教わりましたしね(笑)!


言葉って、大切だと感じます。


立場とか関係無く、人として向き合う時、
伝えること、言葉にすることは大きいです、きっと。
そして、そこに関わる「心」が、何よりもきっと大切ですね。


言葉をくれるご主人様に、感謝しています.・:.*





ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 日記 | COM(2) | TB(0) |
2012-11-11 (Sun)
久しぶりに、今日は丸一日、
ご主人様からメールが来ることはありませんでした。

少しだけ、やっぱり、
寂しかったりするんです(笑)。


「大丈夫」

そう言い聞かせて、そっと…
心に蓋をする。

笑顔で、ご主人様を想いたい。

でも、
大好きだからこそ、寂しくなる。

こういう時は、きっと心が「女」になっています。
だからやっぱり、
そっと…心に蓋をしてみる。


「好き」という感情は、時々、
わたしの心を苦しくさせる。


「ペットだから。」

そう、何度も呪文のように…唱えて、
胸に手を当てて、
自分の心を…ギュって、してみる。

「どうして、こんなに好きになっちゃったのかな…」

そう思いながら、
恋愛依存体質な自分を見て、まだまだだなぁ…と反省もします。

これじゃぁ、ペットとしてまだまだ、だね…と、反省しながら、
自分の心を…、ギュってする。


好きという気持ちが無ければ、
ただ尽くすことに満たされる、ペットでいられるのかな。

なんて、考えて…

好きな気持ちが無ければ、
尽くしたいと思えないや…と、ナイナイと笑ってしまう。


好きという感情は、
とても大きな部分を占めている気がします。

大切だからこそ、尽くしたい。
好きだから…構ってもらいたくて頑張りたくなるもの。


やっぱり、人間だなぁと、思ってしまいます。

理性と本能の間で、
感情や欲求にもがき苦しみ、そして楽しみ、悦び…
それが、人に生まれた醍醐味なんだと、考えたりします。


寂しい気持ちを、
どこへ向けたらいいのか分からずに、
独り、消化してみようと、がんばってみる…


ご主人様…
元気にしているかな。。。


そんな、弱気なわたしは、
生理前。
えw?
そう、気分下がりますよね(笑)。



だから今日だけ特別、
寂しがることを、許してください…




ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| わたしの心 | COM(4) | TB(0) |
2012-11-12 (Mon)
昨日は、寂しさでいっぱいになって、
つい、
「寂しい」なんてブログで言ってしまったけれど。

でも…

その寂しさは、あっという間に消されてしまいました。

ご主人様からメールは来なかったけれど、
メールでは無い形で、「ちゃんと見てるよ」って合図を、
ご主人様はくれました.・:.*

あ…ちゃんと、見てくれている。。。

弱音を吐いたことが恥ずかしくなり、
でも、しっかり言葉をくれたご主人様の想いに、
わたしは、心がいっぱい満たされて.・:.*

そのまま、スッと…眠りました。


好きな気持ちは、困りもの。
でも、
だからって、無くなったり減ったりしない。
だからやっぱり、困りもの(笑)。


でも、そんな自分の心を暴走させて、ご主人様を困らせたくない。
だから、そっと願うくらいにしておきます.・:.*

いっぱい、いっぱい、好きです.・:.*


今日は、この数日の寂しさにも少し繋がる、
自分の体調不良を、素直にご主人様にメールしました。

そういう、とても大切なメールには、
すぐ、お返事をくれます。

優しい対応に、いつも感謝でいっぱいになる。

不安な気持ちを伝えたら、「大丈夫」と、
いつもの絵文字付きのメールをくれました♪

そうすると、不思議。
心って、安心する。

大丈夫だよね、って思えてくる。

ご主人様に迷惑をかけないためにも、大丈夫でありますように…
これからは、自己管理をもっともっとしていこ。

ご主人様が毎日を、
安心して過ごせるように.・:.*

手のかからない、いい子でいたい。

でも、
時々、我儘も平気で言います(笑)。

甘える日もあります。


やっぱり、バランス。
ずっと「いい子」でいると、時々、ご褒美をねだる感じ。

それを雰囲気や空気で、
きっと感じ取ってくれるご主人様。

昨日の合図(出来事)も、そんな感じ。


ありがとうございます。。。
いつもいつも。



今夜も、おやすみメールを送って、
静かに眠ろう.・:.*


大好きな、大切な…あーくんが、居てくれる。

メールの無い日も、それでも…
居てくれるだけで、毎日を頑張れます。





ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 日記 | COM(2) | TB(0) |
2012-11-13 (Tue)
この最近は、
ご主人様から指示をもらうことも、
わたしが毎日写メを送ることもありません♪
(時々まれに、そっと控えめな写真送りますけどね/笑)

そんな、わたしたち。

ご主人様は少し前に、
「今、ご主人様業、休業中~」なんて言っていました(笑)。

それが、わたしたちの今の空気。


それでも、わたしの心の中での、「ご主人様」と想う気持ちは変わらず、
どういう状態でも、わたしの大切なご主人様.・:.*

でも、何も無いので、ブログのネタがありません…(笑)。

なので、
少し、気になって引っ掛かっている不安と共に、話してみます。。。


先日、お逢いした日に、
ご主人様は何気なく、笑いながら楽しそうにお話をしてくれました。

3Pのお話。女性をもう一人交えて、したい…と。

それは、ずっと前からのお話だし、
わたし自身が女性も大好きなので、楽しみなのですが…
(女性と絡むことは、してみたいですね///女の子大好きです

それと同時に、「スワッピングも興味あるな~」って言い出したご主人様。

え?わたしはご主人様じゃない男に、触られるの?


その瞬間、わたしは、

笑いながら話を流してみたけれど、
とてもとても、不安になりました。


ご主人様……。。。

ご主人様は、もう、
わたしに興味も独占欲も無くなったのですか?


昔、「他の男と何かしたら終わりだから」と言われたこともあり、
ご主人様が、わたしを他の男と関わらせるなんて、考えてもいませんでした…
だから、わたしはご主人様にとって「要らない存在かも」と考えます。


でも、心のどこかで、
違うって、分かっているんです。

信頼度が増したからこそ、話せることで、
大丈夫と思えるからこそ、自分たちの性癖を満たすために何かしても、
壊れていかないって…思ってくれていることだって。。。


だけど、そこで、「好き」という感情が邪魔をする。

好きだからこそ、女心が、苦しく切なくなっていく…

ご主人様、わたしのことはまだ好きですか?
誰にヤらせても、平気なのですか(泣)?
それが楽しいですか…?

わたしの心は一瞬に、ボロボロ。


友人という関係ならば、楽しめることも、
一度、「大好き」を感じた心は、大切な存在だと感じたいが故に、壊れていく。


でも実は…、
そこで感じる苦しさに、わたしの被虐感が満たされていきます。

大切な大好きな人に、壊されること。

そう…
それが、わたしの快楽の部分を刺激していく…

苦しいのに…泣けてくるのに。
言いようの無い、心の快感を刺激する…


これがわたしの被虐の快楽。
大好きな人に、否定されたり構ってもらえない感じが、
すごく苦しいのに、気持ちいい…

これは、昔から、ずっと持っているもの。


ご主人様は3Pのお話でも、こう言いました。

「俺が、もう一人の女としてるのを、まひろは見てるだけ。
 見ながら独りでオナニーさせる。」

わたしは、それがどれだけ苦しいか想像できる…

大好きなご主人様が、目の前で、他の女性を抱くのを、
わたしはただ、見てるだけ…

見たくなくても、見なければいけない…

わたし、きっと泣いて壊れていく。。。

ご主人様は、笑いながら、
「まひろ、泣いてわめくなwwそれが、楽しいんや♪」

と、すごく楽しそうに、話しました。
(本当に楽しそうに話したんですよ!!/笑)


ご主人様は、どうしてそれをわたしにさせるのだろう…
そう、不安になりながら考えます。。。

ペットだから?

誰にでも、させたいこと?
わたしだから…?

どうか、「まひろだから」だと、言ってください…
その特別感が、欲しい…

その安心が欲しい…

それなら、頑張れるから…

でも、、、苦しいのに、
その安心が無い状態が、わたしの快感を刺激するの…


訳が分からない、感じ。

自分でも…

苦しくて嫌なのに、その不安定な状態が気持ちいいと感じる。


そして、まれに、特別だと言ってもらうだけで、
わたしはまた、物凄い快感を味わう…そのためにまた、頑張る。

大好きで追いかけている人が、振り向いてくれない状態が、苦しくて気持ちいい。
大好きな人が、わたしを壊して落としていくのが、気持ちいい。
そして、実は特別なんだと、ごく稀に言われた瞬間の安堵感と、満たされ度。

それがわたしの快楽。

これがわたしの、気持ちよさのバランス。
だからいつも、恋愛と主従の間で苦しくなるのに…そこに溺れてる。

悲しいのに、気持ちがいい…
平和にただ愛されて笑っていたいのに、それだけだと満たされない感じ。。。

これがわたしの、昔から持っている体質。

頑張り続けても、否定されて、お前は必要無いと思わされる感じ。
それは、幼少期、一番苦しかったこと。

そこで欲しかったのは、
お前は一番で特別だという愛情。

わたしは、その愛情を、歪んだ形で欲しているんです、きっと…ね。


ご主人様は、どんな加虐体質を持っているのだろうか。
深く話したことは無いので分かりませんが、
心を壊すのが好きなご主人様は、わたしの心をいつもうまく壊していきます…

幼少期に、親子関係や愛情面で何かしらあった人たちは、それを満たすために歪んでいく。
その一つに、主従やSMの世界もある気がします。
みんな、誰だって、愛し愛されたくて。
それを探しているような…感じ。


だからこそ、
大切に繋がれる関係の相手とでなければ、主従は危険なんでしょうね。

わたしは、ご主人様と、「主従のみ」の関係では無い。
普通のお話もするし、本当にただ、わたしは異性としてもご主人様が大好きですけど///
通常の状態で、冗談言ったり、相談もする。
そのバランスが取れるからこそ、お互い、
主従での加虐と被虐を、うまく出せて満たせるのかもしれません。
壊れない程度に…ね。

でも、だから、通常に戻り、
異性として「大好き~♪」な気持ちになると、
本当に構ってもらえない瞬間は、シュンとなるし…
リアル不安に繋がりますww


面倒な体質なんです、実は(笑)。
でも、ご主人様は、よく分かっています。


逢った日、ホテルの部屋を出るとき、
流れていたAVに、イイ感じの体型の女性が出ていて、
ご主人様は「おっ♪こういう体がイイんだよな~」と言いながら、

通常モードのわたしが不安になるのを察知して、
「そう言うと、またまひろは不安になるしなw」と、
その話を切り上げてくれた…


ごめんね、あーくん。。。

でも、あの体は、わたしも好きでしたww


女性を好きだと思うわたしと、被虐のわたしと、
嫉妬が入り混じる自信の無い通常のわたし。

いつも、そのバランスでグチャグチャしているわたし。


でも、そこで快感を見つけ、独り興奮している。

だからいつでもオナニーしてる感じ(笑)。

メールが来ないのは寂しくて辛いのに、
その辛い間、被虐の部分は興奮し続けている。

いつでも、そう…被虐的要素を探して不安がるのは、
実は、自分のMの部分を勝手に満たしている行為なんだって、最近思います。。。

精神的に、苦しんでいたい。

でも、本当は苦しみたくなくて、愛で満たされたい。
甘やかされたいし、独占されたいし、可愛がられ管理されたい。

そんなわたしを、
うまく扱っているご主人様は、凄いなって思います(笑)。
絶妙なタイミングで、いろいろ与えてくれますw


わたしは昔から、特に、ご主人様が欲しかった訳ではありません。

ただ、大好きな人に壊されることに快感を得る体質だっただけ…


だから、あーくんがわたしのご主人様なんだって、
いつも想って興奮しているんです.・:.*

あーくんだから、、、物凄く気持ちよくなれること…





ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 性癖のこと | COM(4) | TB(0) |
2012-11-14 (Wed)
昨日、性癖について話しておいてアレなのですが。。。


昨日の夕方から、急に襲ってきた情緒不安定。
こんなに乱されたのは、どのくらい振りだろう…

きっと、冬、ご主人様にキャンキャン吠えて噛み付いていた頃、
以来かもしれません。

終わりゆく恐怖。
孤独感。
寂しさと悲しみ。

一体、誰がこんな感情をわたしに送り込んだの!?
もう…こんなのわたしじゃない…

そう思うくらい、いつものわたしじゃない。
そっと…必死に堪えてみた。


大丈夫、大丈夫。
ちゃんと、想ってるし想ってもらえてるもん…
でも、不安。
分かんない…どうしよう(泣)。


本当に堪えられなくて、震える手で、
SNSに久しぶりに泣き言をつぶやいてみる。


あーくんは、わたしの限界を感じる能力でも持っているのか(笑)、
SNSを見たであろう、メールをくれました。

「ムリするなよ」

その一言に、わたしは甘えました。


だって…
この孤独や恐怖や寂しさが溢れたとき、
向いてしまう矛先は、大切な愛されたい相手に…だから(泣)。

今のわたしの状態を、安定させることが出来るのは、
一人しか居ないって…知ってる。
わたしが、「自分」を出せる相手。


あーくんに、甘えました。

「わたし、聞かなくてもいい言葉を聞きたくなってる。」
「?」

「聞いてもいいの?」
「何を?」

「いつも言ってもらえない言葉。そういう感じのこと…
 どうしてこんなに不安なのか、自分でも分からない」


そうして送られてきたメールは、
わたしがいつも聞きたがっても言ってくれない、その一言。

「スキ。」

ぶすーっってした顔のアンパ〇マンの、デコメwww


もうもう!!!
(ノД`)。・゜・.:゜・

こんな日くらい、
いつものテクニックで、誰にでも言ってる軽い空気で、
「好きだよ」って言えばいいじゃん!

ううん…そうじゃなくて、良かった(泣)。
そんなんだったら、本気、凹む。。。
いつものデコメ攻撃でよかった…

ばか…ありがとうぅぅ。。。

そう呟きながら、
大爆笑していました。部屋で、大声あげて、笑っていました。

本当に、可笑しな生意気な表情だったんだもの、
その、〇ンパンマンwww

そして、メールが減っている不安も伝えたら、
お返事が面倒なだけだって教えてもらい。


よかったぁ.・:.*


そう落ち着きました。

そう…
元気でペットモードのわたしは、
弄られても、冷たくされても気持ち良くて。

それが、心地いいのに…

通常で、不安定になると、壊れそうになる瞬間があります。
安心が欲しくなる、普通の女子になります(汗)。

この数日も、「好きだぉ…」なんて、
メールを送っているくらいだし(笑)。
(甘ったれです、スイマセン。。。)

きっと、張り詰めていた緊張の糸が切れたのも重なって、
ぶわぁって溢れたんだと思います。

この数日の体調不良も、もしあの状態が続いていたら、
「まさか…」な展開になってしまったし。。。

独り、不安を抱えていたから…

全部が溶け始め、タイミング良く嫌な出来事もあり、
重なって…
ドバァーーって出ただけだって思います。


あーくん、ありがとう。

本当に、優しさをありがとう…

「いっぱい大好きだからね」って伝えたら、
そこに絵文字でお返事をもらえて、
とっても、とっても嬉しかったんだ。

大好きでいていいんだって…

涙が溢れちゃって…
やっぱり、好きで(笑)。


昨日は、甘えさせてくれて、ありがと.・:.*



だから、ペットまひろ、
また頑張ります.・:.*..・.:*




ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 日記 | COM(2) | TB(0) |
2012-11-15 (Thu)
昨日は、久しぶりにご主人様から、
お昼間(仕事の合間)にメールを頂けたりして…

あ、前日荒れちゃったし…寂しがっていること、
気遣ってもらってしまったかな?

なんて、申し訳ない気持ちになりながら、
密かに、キュンって嬉しく…感謝でいっぱいになりました。


正直、ご主人様に負担をかけたくない。
手のかかる子からは、卒業したい。

でも…やっぱり、構ってもらいたくて、
気にかけてもらうと嬉しくなって、

「メール送らなくても大丈夫です!!」

なんて、口がさけても言えないの(笑)。

でも、やっぱり、申し訳ないって思って…
複雑な心で、ソワソワする。

ごめんね、ありがとう…

それを心の中で繰り返す。


今、日々の生活の中でご主人様と繋がれるツールは、
メールとこのブログと、SNS。

そう…直接繋がれるものは、メールのみ。

だから、メールが一通来るだけで嬉しくて。
送ってくれた、その気持ちに感謝でいっぱいになりながら、
「次はいつ送られてくるだろうか」と…
時々、携帯を必要以上に眺めちゃう。

寂しくなると、
ご主人様との写真見て、窓から空を眺めて…

大好きって想いながら、
胸に手をあてて、自分の心をギュってする.・:.*

楽しんでいるかな?
元気かな?

いっぱい想像して、今度はニヤニヤする(笑)。

だからわたしに、暇はありません♪
いっつも想って、たくさんの感情でフワフワしてる。

幸せ.・:.*..・.:*



実は今日は午後から、わたしはあまり元気がありません。

秋からずっと悩んでいる悩みが、再発したような、感じ…
大丈夫。頑張ろう。
そう思えても、こうやって波がきて…
頑張れるかなぁ~って、落ち込む時もある。

ご主人様に甘えたくなって…
一生懸命、頑張ってみたりして(笑)。

なんだろう…

これは、無理しているのとは、違う感じ。

今日は甘える感じじゃないかな?
そういう空気なんです(笑)。
そう、感じる空気。

よし!相談しよ!

そう思える日は、しっかり相談します。
それは、わたしの感覚で決まっていきます(笑)。
(と、言いながら、たった今、メールでご主人様の様子を伺ったわたしw)

ご主人様もきっと毎日大変だろうから、
適度な距離で、甘えたい。

だから、読める子になりたい。



勿論、
甘えることをやめたりはしません♪

でも、
今はお互い大変だからこそ、人として向き合いながら、
そっと、寄り添えるように…努力をしたい。

大切だし、
大変なこと、感じるから…


だから適度にメールをします。
適度に甘えて、適度に控えてる、つもり。。。

つもり、です(笑)。


負担になっていなければ、いいな.・:.*



大丈夫。
このブログもあるし、気持ちは吐き出せています♪

気持ちを吐き出すことを、大切だと…、
止めたりしないのがご主人様だもの。

何だかんだ言って、
ブログを読んでくれているのを知っているから…
わたしはやっぱり、甘えていますね~(笑)。


ありがとう。

一日に何回言っても足りないくらい、
ありがとうで、溢れる.・:.*..・.:*


繋がれるもの、大切にしたい。

ブログもメールも、この心も…全部。




ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 日記 | COM(2) | TB(0) |
2012-11-17 (Sat)

愛したい。


です。



身体も、心も、心配する。

大切だから、そっと…想う。



時々、何となくの空気で、
メールが出来なくなる時があります。



体調を、心配してる…

きっと、大丈夫って信じてる。

あまり気を遣わせたくないので、
大丈夫?と聞くのを、控えてみる(笑)。


本当はもっと、メールが無くても安心していられるようになりたくて。

大丈夫って心から笑っていられるようになりたい。


出来る日もあれば、出来ない日もあって…


独り、やっぱりソワソワする(笑)。



愛したい。

愛せるように…
自分の心をもっと、成長させたい。

まだまだ、恋してる。




この人を、やっぱり…愛したい。

わたしの心が、そう言い続けてる。

ヱヴァ観て、しんみりしちゃったかなぁ(笑)。


わたしの心で願うこと。

独りよがりにならないように、
言葉に綴りながら、伝えながら、叶えていけますように…


あなたの笑顔を見ていたい。

そう…見ていたい。
これからも、ずっと。

だから、添える人になれるように、
今日も明日も自分を磨こう。

それが、わたしの幸せに繋がっていく。

ご主人様のために、笑顔で磨けるわたし。


そんな、毎日を過ごせる日が、
これからも続いていったら、きっと嬉しいから…


わたしは、人を愛せる人になれるように、

今日もわたしを、誰よりも大切に…抱きしめます。




あーくん、お大事に…….・:.*




ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 日記 | COM(7) | TB(0) |
2012-11-19 (Mon)
昨日は、時代に乗ってみました(笑)。

わたしもご主人様も現在、
携帯はガラケーなのですが、アレなんですね。

LINEって、スマホじゃなくても出来るんですね(笑)!

それを、ご主人様の情報から知ることになり、
昨日の朝は、そんなメールからスタートしました。

LINEに登録したご主人様から、すぐにLINE紹介?のお返事がきて、
さっそく登録してみたりして…

アナログなわたしは、さっぱり理解できず。。。
でも、トークのやり方はすぐに分かるので、LINE上で、ご主人様とお話♪

意外と、すぐにお返事がきます。

え…休日なのに、お返事くれるの?
ドキドキ、そわそわ。

何だかんだで、数十分おきに送り合っている感じ。
昨日は休日ですが、わたしもタイミングよく、携帯を触れる状態にあったので、
お返事に気付けば、送る。

朝からずっと、
「www」いっぱいのトークをし続けていました。


何だか…、出逢い、惹かれあい、
たくさんメールをしていた頃を、思い出しました.・:.*

あぁ…こうやって、くだらないこと、毎日いっぱいメールしていたなぁ…
思い出して、キュンってなる。

メールが来るたびに笑顔になって、
来ない間、ずっとドキドキして…

そんな時期が、あったよね.・:.*

あの頃を思い出して、少し切なくなりながら、
今この瞬間、そんな風にLINE上でトークができることにドキドキします。

やっぱり、連絡がきて、繋がっていられる時間は、
今も変わらずに嬉しい…。


そうやって、午後もずっとLINEをいじる。
とりあえず、画像だけでもアップしようと、大好きな画像を携帯メールから送ってみました。

ふふん♪

ご主人様とわたしは、音楽が好きです。
でも、好きなバンドは少し違う。
そのお互いに好きなバンドのメンバーが、対談したときの雑誌を写真に収めてあるので、
その、メンバーが2ショットで写っている写真を画像にしようって張り切って、送信♪

ご主人様とわたしの、好きな人同士が絡んでる写真なんて萌えますね~
.゚+.(´∀`*).+゚.

が、

ご主人様が、
「左の人、首から上切れてるw」と。

(・Д・;)
うそーん。

…ほんとだ。。。

なんで、わたしが好きなメンバー切れてるのw!?
どうして、こんな風になった!?

ご主人様は、「加工しろよw」と言ってくれたのですが、
どう加工しても、残念な感じになる。。。

顔半分までしか写っていない、とか。
本当に笑えるくらい残念(笑)。

せっかく!
ご主人様とわたしのコラボ写真なのに!!


残念すぎる画像が悲しくて、途中で、
可愛い白イルカの写真に変えてみたりする。。。

「変えなくても加工すればええやん」

みたいなことを言ってもらったのですが、
いや…その加工技術が無いんですって(泣)。

拡大してみたり、アレコレやってみて、全て、残念だったのですw

すると、ご主人様が、
「その画像送ってみ」と。

お….・:.*

そんなことまで、してくれるの?
甘えちゃっていいのかな(〃ω〃)

ご主人様にメールで画像を送ると、すぐに、
LINE上でイイ感じになるように画像を加工してくれましたぁ~♪

もう、一生の宝物、ですね

嬉しい。
ご主人様が加工してくれた画像。
それがLINE上でいつでも見られるってこと。

ご主人様を、感じていられる.・:.*


そうして、結局、寝る時間まで、
LINEでお話をしていました.・:.*


わたしたちは、お互いの状況などから、
休日にメールは今、ほとんど送り合うことはありません。
ご主人様から一通もお返事が無い日もあるし、わたしも一通しか送れない日があったり、
最初の頃に比べると、本当に減りました。

少しの寂しさと…安定しているからこその安心。

それでもやっぱり、メールがくること、連絡がとれることは嬉しいもの。

強く望まないように…、そう思いながらも、
最初の頃のような、いっぱい連絡取れた日々を懐かしく思うこともあります。

だから、昨日は…
そんな日々を思い出すような幸せな時間を過ごしていました.・:.*


ご主人様、
まひろは今でも、やっぱりご主人様を恋しく思う日があります。。。

大丈夫って思いながら、
携帯を覗いちゃう日があります。。。

だからいっぱい、嬉しかった。本当に本当に…



実は今朝も、ご主人様からLINEで言葉をかけてもらい。

メールもLINEもしているという、面白い状態になっています(笑)。
嬉しくて。

ご主人様が飽きるまではw、
心の中、ホクホクさせながらいっぱいお話をさせてもらおうって思います♪





ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 日記 | COM(4) | TB(0) |
2012-11-21 (Wed)
この最近は、ずっと悩み続けていました。

わたしの心がまた、
久しぶりに乱れているから…

こうやってまた、幼少期の傷は暴れだして、
大切な人を見失いそうになる。。。


主従も何もかも、訳が分からなくなるほど、
独りひっそり、泣いていた。

わたしは、ずっと信頼していた人を一人、失った。
いや、失いそうでまだ失っていない…
あまりの失望に、
わたしが手放そうとしていて、でも、まだ迷っている。

そうして思うの。

ご主人様もまた、いつか離れていくのでは無いかと…

恐怖にずっと怯えている。


大切な人はみんな、離れていくものなら、
ご主人様もいつか、居なくなってしまうのではないかと、

そう怯え続けている。


信じている。
信じたい。

だから、こんなにもがいてる。

ご主人様が、やっぱり…大好きだから。


でも人の心は変化していく。

だから、恐い。
恐くて仕方なくて、壊れそうになっている。


そんな怯えている真っ只中に、
タイミングって恐ろしく、向き合わなければいけないものと、
向き合うことになっています。

人と向き合うことは恐い。

大切な人と向き合うことが恐いです。


人を傷つけるのも、傷つけられるのも、
もういいって思う。

でも、これを越えなきゃいけないんだよね、あーくん。


それを教え続けてくれたご主人様。
この最近を、ご主人様も大変な中で、ずっと支えてくれていた。


だからわたしは、
全部をぶちまけることになるだろう、今この瞬間、
ブログを書いてみたりした。

わたしは、そこから離れたいんだ。
適度な距離を保ちたいんだ。

ずっと依存してきた一つから、歩けるチャンス。


寂しくて自信がなくて、愛されたくて依存してきた。
わたしは、
もう…そんなところから離れて生きたい。


大切な人は、一人いればいい。


どうなるか分からないけれど、
頑張りたいと思うの。

それは、
きっとご主人様も頑張って毎日を過ごしているから。

わたしも頑張ろうって思う。


寂しくなる日もあるけれど、
昨日からいっぱい不安に怯えていたけれど、

あーくんの存在は、どうしてわたしに、
こんなに勇気をくれるのだろうか…

不思議な存在。


心もかき乱される。
悔しいくらい泣いたり、寂しくなったり、
ぶつけてしまう。


でも、それだけ、大切。


今まで、あなたを信じるために、依存してきたものから、
今日、飛び立てるかもしれない。

それをさせてくれたのも、あなたで。


だから、
変わっていこうと思います。






ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| わたしの心 | COM(4) | TB(0) |
2012-11-22 (Thu)
まだ答えもはっきり出せていない中で、
ただ、書き残しておこうと思います。

向き合いました。
昨日、ブログを書き上げてからすぐ、最近の悩み事と。

わたしの気持ちは結局、全てを吐き出すことは出来ませんでした。。。
想いをもらい、言葉が出なくなってしまった。

でも、それでも、
嫌に思った出来事や気持ちを、静かに伝えることは出来ました。


わたしが最近ずっと、恐怖に怯えていたのは、

手放してもいいと思った人は、
物凄くご主人様に似ている人だったから。

それって…

と、とても複雑な心でいた。

そしてご主人様は、その人の気持ちがよく分かると言っていた。
わたしはずっと、ゴチャゴチャしていた。

わたしが嫌だと思う人を、ご主人様は理解している。
それは、とても似ている部分があるからだとも、感じていた。

それはわたしの心を、すごく複雑にさせた。




わたしはその人との関係の中での、一番になりたかった。


でも、ずっと言葉にしてもらえず、
時には、一番苦しい時に、傍に置いてもらえず、

わたしは突き放されたような気持ちで、ずっと泣いていた。

残酷な言葉をもらい、限界を感じ、離れようと思い、
勉強しに関東へ行ったり、
自分のこれからを、考え始めたりもしました。


昨日、いっぱい話をした。

お互い、泣いていた。

わたしは、離れたくなっていたことも話した。

全部、ううん、正直、ある程度かな…


今まで、わたしとその人は、きっと依存し合っていた。
大切に思っている気持ちはあったけれど、言葉にしていないまま、甘え合っていた。

それをお互いに、認め合いました。

そうして、それでも、
まだ迷うわたしに、

「傍にいて欲しい」と、その人は言いました。

ずっと一番に想っていた、と…。

「愛してる」と。

今までの人生、こんなに恥ずかく、
そして、複雑な気持ちになったことはあるだろうか…

絶対に言ってくれないだろう性格の人なのに、

電話で静かに、
「愛してる。これからも傍にいて欲しい。
 最初からずっと、気持ちは変わっていない」と言ってくれました。


でも、わたしは、まだ迷っている。
スッキリした、とは言い切れない。


ううん、どうしたらいいのか、
分からないんです。。。

だって、そんなこと言う人じゃないもの。


それに、何かがすれ違い始めた時からの、
モヤモヤしたものは、まだ消えていない…

そんな中で、大切だと言われ、
わたしはそんな気持ちを消化できないでいる。


もう少しだけ早く、この言葉をもらっていたら…?
気持ちを吐き出す方法が、あの出来事のあの方法じゃなかったら…?

わたしの心が、失望と絶望で、こんなにも冷める前だったなら…。。。



でも、ご主人様がずっと言っていてくれていた言葉の意味が、
ようやく分かったの。

向き合えたからこそ、分かったの。

その人に傷つけられ、ボロボロになったわたしは、
そこから離れようとした。

でもご主人様は、
「これから信用できるとこを探していけばいい」
そう言いました。

でも、ご主人様にそう言われても、あの時は、拒絶の気持ちが強く、
理解することは出来なかった。

ボロボロにした人を、どう信用するの?
そう思っていました。

それが、向き合った今なら、出来そう。
ご主人様が言ってくれた言葉が、今なら理解出来ます。

だからこそ、向き合うことをしろと、言い続けてくれたご主人様に、感謝するの…

本当に、本当に、助けられて。


あなたがいなかったら、わたしは全部を、
最悪な形で、本当にぶち壊したかもしれない。

大切な人と和解していく作業は、初めてかもしれません。


わたしの心は今、何か変わった気がします。


まだ、迷い続けている。

でも…少しだけ、前を向けた気がしている。


ここまで、踏ん張らせてくれたのは、ご主人様。

感謝でいっぱいになるの…


それから、
ご主人様に似たその人が、わたしに愛していると言ったことが、
なんだか、大きな自信に繋がる。

ご主人様も、普段言葉はくれないけれど、本当にわたしを…なんて。

たぶんね、ご主人様にこれ話すと、叱られる(笑)。


でもね、自信に繋がったの。
一番だって、言われた。嬉しかった。。。



昨日、電話を終えてから、すぐにご主人様に報告のメールをしました。

その人と、どんなことを話したか。
そうして、ゴチャゴチャ、モヤモヤしている気持ちも…

ご主人様からは、意外な…わたしの予想とは違った、
でも、欲しかった…温かな言葉が返ってきました。

今はあまり考えないようにしな、と。
ゆっくり時間をかけてかみ砕いてごらん、と。

安心した。
あぁ…やっぱり、あーくんだって.・:.*

ゆっくり自分の心と向き合わせてくれる。
それをしたらいいんだって、言ってくれる。
嬉しかった。安心した。


そして…

日が暮れる夕方の、切なく優しい風景の写真が一枚。

メールに添付されていました。


思わず、泣いていました。
その想いが嬉しくて、しばらく眺めていました。

この景色を、ご主人様は日々、眺めているんだなって…
ここは、どこだろう…

そう考えながら、

ご主人様が辛そうな日、わたしはよく風景の写真を送るけれど、
それは…
少しは意味があったかな、とも…思えた。

だって…こんなに嬉しくて温かな気持ちになれた。
解決しない現実に苦しいけれど、
なんだろう…心休まる、そんな感じになれて。

辛い瞬間のわたしに、それを送ってくれたこと。
その想いがとっても、嬉しかった。


その写真一枚から、たくさんの想いが届いた気がしました.・:.*



自分の現実だからこそ、向き合うのはわたしだけれど、
辛いときでも、
傍で支えてくれる人がいる。

壮絶だったあの頃にも、実は、そうやって、
あーくんは手を差し延べてくれていた…

もっと早くに手を。。。
ううん…、今だからきっと良かった。

そうして、辛い今、傍で温かさを感じられることに感謝している。


これからが本番。

だって、スッキリした訳じゃない。

まだきっと悩む。
人生をかけるくらいの仕事だもの。


うん。
とりあえず、もう少しだけ頑張ってみよう。


(一応、変な誤解が無いように。お相手は女性です/汗)


.・:.*..・.:*
*この数日、コメント返信出来ずに申し訳ありません。正直、いっぱいいっぱいです(汗)。少しずつ、お返事できればと思います。ありがとうございます。
.・:.*..・.:*




ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| わたしの心 | COM(6) | TB(0) |
2012-11-24 (Sat)
悩んでいることは、ご主人様に相談しながら、
消化中でいます.・:.*

でも、そんな中でも、嬉しいことはいっぱい起きる♪


昨日は、ご主人様は意外と遅くまで起きていたらしく、
「おやすみなさい」のメールを送ると、

おやすみのお返事が、「」付きで返ってきました。

うわぁっ…
付いてるし(´Д`*)ww

あーくんっっ.・:.*..・.:*


嬉しくて嬉しくて(笑)、速攻で、
「あぃ」ってメールを送ると、

「ニヤニヤするんじゃナイの!(爆)」

と、メールがくる。

(・Д・*)あらー。

バレてる。。。

だって、ニヤニヤしたくなるでしょw
付きで、おやすみとか言われたら…ねぇ?
ふふん♪♪


って、ご主人様!
ちょっと、監視カメラでも付いていますかww?

「なんで、分かるの!?」
って、お返事をすると、

「分かり易いからなw」ってお返事がきました(笑)。

わたしの反応が、手に取るように分かるのでしょうね(笑)。
わたしのメールは、悦びオーラがダダ漏れなんだと思われる。。。

でも、
そうやって突っ込まれることが、また嬉しい。
・.。*・.。*(〃´∀`)・.。*・.。*ポワワァン…


大好きですもん、ご主人様ぁ.・:.*



そんなことを言いながら、結局、
悩み事の相談を続ける。。。

深夜3時くらいまで、付き合ってもらっちゃいました。。。

どうしたらいいのかをアドバイスしてもらい、
そこの言葉は、決定的な言い方では無くて、
自分で考えられるように、少し、抽象的。

だから、ご主人様からの言葉も、
かみ砕き、整理して、自分の今の悩みに照らし合わせて、考える。

ただ、教えてもらうだけではなくて、
考えることをさせてもらっている感じ。

だからいつも、たくさんアドバイスもらったのに、
自分で答えを出したような気分になれるw

いや、しっかり自分で答えを出せるような言い方を、あえてしてくれているんだと思う。

ありがとう.・:.*


そして、それは、翌日の今日まで続き、
今日もいっぱい、相談に乗ってもらってしまった。。。

しかも内容的に、男性の意見はたいへん役立つこと。
男性の冷静な考えから見てもらうと、本当に違うなって思う。

何度も読み返したいメールは、保護しました(汗)。
しばらく、わたしに大切な言葉になってくるはずだから。


でも何だろうね。不思議。

わたしが、いっぱいいっぱいの今、
あーくんは落ち着いていたりする。

このバランスに感謝するの…

支えてもらっているのは、確かだと思う。

誰にでも話せることじゃないし、いろいろな状況やわたしの気持ちも含めて、
理解してくれている唯一の人だから…

こんな今、このバランスで話ができる状況なことにも感謝しているんだ。


本当に、わたしは幸せだと思う。
真剣に、全部伝えながら相談できる人が、できた。

こういう話の時は、主従とか、上下とか、そういうところから離れて、
しっかりお話が出来る。

それって、幸せなことだと思う。


いろいろな部分で、さらけ出して、関わることが出来る人。

こんなにも優しく教えてくれ、叱ってもくれ、
そして、わたしのありのままを、受け止めてくれる。


こんなに温かな気持ちは、初めてなんです。

大好きだけど、ただ恋愛しているのとは違う…

たくさん、学ばせてもらっている。
それは、心も…

あーくんに触れると、
今まで感じたことのない感情や、心のふわふわ感も、溢れてくるから、
本当に、不思議…

ありがとう。
本当に、ご主人様とか、男性とか、
そういう部分だけじゃなくて、大好きでいるから……


と、

そうして、勿論、
あーくんとわたし、なので…

メールの途中に、冗談が混じったり、違うことも話していたりする♪


で、あることをお話していたときの会話で、
それは、もう寝る直前の時間でした。


あーくんから、
「最終的にオイラを通さないとダメやしねw」とメールをもらいます。

え…それって、それって…


その続きの言葉、期待しちゃう…

何をするにも、ご主人様の許可が必要ってこと、ですよね?


と、ペットまひろは期待しつつ、

「え?やっぱりww?」と、
いつもの笑いの雰囲気でお返事してみます。

すぐにメールは届きました。




「当たり前じゃん。
 まひろのすべては、オイラが管理しているんだから」



ご…ご主人様………////


キュンってなる。
あぁ…もう、、、はぃ

こうやって時々、不意に…
わたしの心を縛って、悦ばせる。

わたし、ちゃんと、管理してもらっている。
日々の出来事、いろいろ、全部…

ご主人様…ご主人様……


これが、ご主人様からの今夜最後のメールでした。


お互い、悩んだり、それで体調を崩したりする。
そんな中で、日々の報告や指示は、今は殆ど無かったりする。

でも…それでも、
ご主人様だと、いつも想っているし、その想いは変わらない。

それは、わたしだけじゃなくて、
ご主人様も、そう思ってくれているんだって、感じることができて…

こんな幸せはないって、心が…きゅぅって、嬉しくなりました。。。


時々しか言葉をくれないご主人様だからこそ、
この不意打ちに、たまらなく、反応します………////




たくさんの感情と、いろいろな好きが混ざり合っている。

尊敬は、深いところにあり、
わたしの心は、いつも大きく解放されています.・:.*



ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 日記 | COM(5) | TB(0) |
2012-11-26 (Mon)
「愛してる」という言葉は、
もっと甘く心地良い言葉だと、思っていました…

まさか、こんなに苦しいなんて。。。


最近はずっと、悩み事のことで精一杯でいます。
それは、想いが伝わるからこそ、苦しいものとなっている…

先日、悩み事の相手となる「その人」に、
電話で「愛してる」と言われました。

お手紙とともに、その言葉をもらいました。


それはずっと、欲しかったもののはず。
その人から与えてもらいたかった言葉のはず。

なのに…

「愛してる」という言葉が、こんなにも重たいと思ったのは、
人生において、初めてじゃないかなと思っている、窮屈な心が、今あります。

愛してるという言葉は、同じ想いで、想い合っている相手から言われることで、
初めて心地良いと感じるものなんだ…


「愛してる」が、重たい。


友人同士でも、愛しているという言葉は通用します。
同じ感覚で想い合っていることが分かるから、
「愛しているよ」「うん、愛してる♪」
そうやって、お友達とメールの最後に付け加えることも、あります。

友達として大好きだから。

でも…その想いが、余りにもかけ離れていると感じたら?


愛してると言われました。
お手紙ももらいました。

でも、伝わる、気持ち。
遣われる言葉は、わたしを上手く縛りつけようとしている。

それは、愛じゃない…

信頼できているからこそ、保てる距離があるはず。
信じているからこそ、手放せる気持ちがあるはず。
どこにも行かないと思っているならば、自由にさせてあげられるでしょ?

不安なんだろうな。
そう分かってしまったから…

わたしは何も言えなくなってしまいました。

そしてわたしは、そこに信頼を、見失っている。

わたしには、今、重たい足枷が付けられている、感じ。
その鎖の先には、重いオモリを付けられて。
縛られて、動けない…そんなイメージ。

心地良く感じていたはずのものが、
気持ちが変わってくると、こんな違和感に変わってしまうの?

とても悲しい。
それがわたしの恐怖となる。

でも…

だからこそ、この違和感を消していくために、向き合うんです。
分かり合えるならば、向き合っていけるはずだって、信じたい。
どんな言葉をかけても、壊れないって信じたい。

そこからまた、新しい関係と、信頼を培っていけるはずだって…

愛してた。
本人には言わないけれど…
そして、信じてた。

まだ望みは捨てていないんです…。



言葉って、こんなに儚いんだって気付きました。

わたしは今まで、本当に言葉を欲しがっていた。
ご主人様にも、いっつも求めていました…

少し前にも、ご主人様に言われた。

言葉だけなら、いくらでも言えるでしょ。
行動が伴ってこそ、だよ。

と…。

そういうことなんだって、思った。

言葉で愛してると言われました。
でも、そこで取られた行動は、愛とは程遠いものでした。。。

そこにあるのは、愛だけとは感じない、信じてもらえていない心が見える。
不安だから、言葉で繋ぎとめようとされてる。

それって、信じていないってこと?
と、わたしは悲しくなったんです。

信じているなら、そんな方法を取らなくても良かったはずで。
もっと早くに、向き合えればよかった…

言葉はとても恐ろしい。
人の心を大きく動かせるもの…

でもだからわたしは、これから、
今まで以上に「愛してる」という言葉に敏感になる気がする…

言葉なんて、こわい。。。


その人が今、わたしから愛してるという言葉を欲しがるなら、
それは、違うと感じている。
もっと、向き合うべき部分があるはずだって…

でも、欲しがるなら、あげられる。
適当な相手だったら、ね…どうなってもいいもの。

大切だったから…言わないと思うの。
大切だからこそ、最後のチャンスに賭けるんです。

愛してるなんて、言わないよ。
大切だから。
「今」、だから言わない。


想い合えて、また想いが同じところまでに達したら、
きっと、素直に言える言葉だと思います。

言葉にすることは、大切だとも思うから…


わたしは、本当の気持ちしか言葉にしたくない。


言葉って、こんなに悲しいものなの?
ご主人様は、こういうことを言いたかったのかな…

今まで、変に言葉を欲しがってごめんなさい。

そして…
わたしはこれから、言葉を遣うとき、今まで以上に気にかけると思います。
誰に対しても。
大切な相手ならば、言葉にするなら、本当に思えた時だけで充分。
何度も何度も、言わなくていい…

ううん…今まで素直に言えたはずなのに。
今回のことで、言葉がこわくなってしまいました。


心は傷だらけになりそうです…
でも、だから、向き合うんですよね。


そう、ご主人様に、相談の中で、何度も救い上げてもらっています。
わたしは、ご主人様の言葉が無かったら、今頃逃げていたと思うの。

ありがとう……

もう一度、向き合います。



主従という関係をご主人様と築きながら、
その人との主従のような関係を苦しいと感じるわたし。

なんて、矛盾…(笑)。


誰でもいい訳じゃないってことを、改めて知りました。
そして、主従のオンとオフの大切さも。

あーくんとは、
常に主従だと、心の中では思っているけれど、
主従の関係を強く出す時と、そうじゃない時の加減。
使う場面。

その加減が、納得できるから、信頼や尊敬が出来ているんだと思います。

それは、「人」という部分。
ご主人様だからとか、そういうところでは無い、人としての部分。
だから、ご主人様のペットでいたいと、心が思い、悦ぶんだと思う///


でもご主人様、本当に、今までたくさん、
言葉を欲しがってごめんなさい…

そして、やっぱりまた、欲しがったら、注意してください。。。

誰だって、言葉が欲しい。
愛したい相手から、愛されたいもの…




「愛してる」。

それは、綺麗な言葉?
それは、束縛の言葉?

わたしはもう、愛してると言うことが、今はこわくて仕方ない…


欲しかったもののはずなのに、とてもこわい。




最近、いろいろ考えさせられます。。。




ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| わたしの心 | COM(2) | TB(0) |
2012-11-27 (Tue)
昨日、あんなお話をしたのに、
ご主人様はそのことに触れることもなく、
いつものように楽しくメールをくれました。

勿論、ブログを読んでくれたのかは知らないけれど。。。

でも、なんだか、嬉しかったです…

ご主人様のことを書いたわけでは無いけれど、
「人を信じられない、主従のようなことが苦しい、」
そんなことを書いておいても、

触れずにいてくれた。


寝る前の少しの時間、ご主人様とメールができて。
笑ってメールでお話が出来て。

それだけで幸せでした.・:.*


不思議ですね。

何か特別なことを言われた訳では無いのに、
ただ、ご主人様とお話ができたり、それだけで心がフワフワになる。

悩んでいた苦しさが、消えていく…


だからこそ、ご主人様のこと、
いっぱい考えようって思うの。

だって、悩み事で泣いているより、
ご主人様を想って、キュンキュンしているほうが、心の栄養になります(笑)。


そして、相談にのってくれて、
もらった言葉たちを思い出して、頑張ろうって思えたりもする。


どれだけかけても、
向き合おうって決めたんです。


その勇気をくれたご主人様に感謝して…
時々、泣き言は吐くかもしれないけれど、頑張ろうって思う。


今日はお昼ごろ、かなり久しぶりに、
ご主人様に写メしました.・:.*..・.:*

上半身だけ、だけど。。。

久しぶりに送りたくなりました。

まぁ、これもいつもスルーされるんですけどねw
ペットまひろは、写メに触れてもらえないことも快感。
触れてもらっても快感(笑)。



ご主人様の加減が、なぜだか全部、心地良い.・:.*






ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 日記 | COM(4) | TB(0) |
2012-11-28 (Wed)
わたし、自分のことで精一杯になって…

大切なこと、見失いかけていました。


あーくん、ごめんね……


大変なのは、わたしだけじゃない。

うん、久しぶりに欲張っていました。。。


今日くれた一通のメール。

その一言と、その優しさで、わたしはいっぱい満たされて。


そして、気付いた。


わたしはこの、温かな気持ちで、

あーくんを想っていたいんだって.・:.*


心の真ん中が、あったかくなる感覚。


今日はね、少しまた悩んで、
ちょっと甘えちゃった感じがした。

だから、ごめんなさい、なの…


でも、もらった一通のメールで、
大切な気持ち、思い出せた気がする。


ありがとう.・:.*..・.:*


メール、嬉しかったよ。
そして、安心できた…

気遣って、メールくれたかなって…思ったから、
ありがとうで、いっぱいになったの。


今日はね、もうメール控えるよ♪
だから、ここで言わせてね。


ゆっくり、休んで.・:.*

そして、おやすみなさい.・:.*


楽しい時間も過ごしながら、少しでも、休めて欲しい。



また、明日、メールします。
.゚+.(´∀`*).+゚.




ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 日記 | COM(4) | TB(0) |
2012-11-29 (Thu)
ご主人様の優しさに触れると、
心がとても、嬉しく穏やかに…温かくなれます。


昨日、わたしは、
物凄く久しぶりに、自分の体を、ご主人様に写メで送りました。

お返事が無いことが少し、不安になりました。

あーくんの気分を悪くさせてしまったんじゃないか…

少しの不安。
そして、いつもメールが来る時間にメールが無くて、
きっと、気分が乗らないんだろうなって思いながらも、
「写メ送っちゃって、ごめんね」と、不安な気持ちをストレートに伝えました。。。

夜、23時半頃?

「嬉しかったぉ」って一言のメール。

その口調と空気で、
あぁ、やっぱり今日のあーくんは、メールの気分じゃないんだって、安心して。
その…わたしのせいで気分を落とさせた訳じゃないんだって安心して(笑)。

そして、空気読めなくてゴメンなさいの気持ちと、

それから、
そんな気分の中、わたしの心配を消すように、
一言メールをくれた、その気持ちでいっぱい嬉しくなった。


だから、ありがとうでいっぱいになる…


そして今日、返信は無くて大丈夫なんだって気持ちのもと、
いつものように朝のメールを送ると、

午前中に、珍しくお返事がくる。

「面倒くさい病、発動中」

(〃´∀`)そかそか~.・:.*

そういうことだったんだね、という素直な気持ちと、

あ…午前中の段階でメールで教えてもらえたっていう、
その、ご主人様の気持ちとか全部、やっぱりすごく嬉しくて…


心が、ホカホカと温かくなっていく。


メールが面倒なのに、それをメールで送ってくれたんだもん.・:.*

うん、優しい人です。
本当に、この気持ちが嬉しいなって思う…


メールって、こんなに気持ちが伝わるものなんだって、
いつも不思議に思うの。

あーくんからのメールは、たった一言でも、
雰囲気や空気や気持ちが、伝わってくる感じがして…

だから、不安を掻き消してくれたり、
大切なこと、思い出させてくれる…


学ばせてもらえること、とても多い。
日々の相談だけではなくて、こういうメールのやり取りだけでも、
わたしの心に、大切なこと、教えてくれる感じ…


ありがとう.・:.*..・.:*


お返事した通りだから…ね♪



今夜も、おやすみなさい♪






ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 日記 | COM(4) | TB(0) |
2012-11-30 (Fri)
生活に仕事…もう本当に行き詰まった感じがして、
いっぱいいっぱいで、

今日は午前中、
思わず、独り、大号泣してしまいました。

溢れてくる涙が止まらなくて、車の中、

「あーくん、、、あーくんっ……」

そう言葉にしながら、ボロボロと泣いていた。。。



頑張ろう。
そう思う時、わたしの心の中にある、光。

顔や声…思い出すと、心は安心して涙はもっと、止まらなくなる。

この空の下、きっとあーくんも頑張っているはずで…
想うだけで、わたしに元気をくれる。


逢いたい…とか、そんなレベルじゃない。

この人が、わたしの日々の中に居てくれていること。
それだけで、いい…

頑張って生きよう、そう思えたりする。




昨日は、夕方に一通、メールをもらえて.・:.*
すごい嬉しくて。

「お返事」ってことに気愛いっぱいで(笑)、

大好きオーラで、ルンルンと…
気持ちはいっぱい、でも、内容は少しでも短く、と、
お返事を送りました(*´∀`*)

そんな日があったり、いろいろ、
長い時間を過ごしていくと、いつでもずっと連絡を取っているなんて、
無くなっていくかもしれないけれど…、

気持ちは変わらないから、
喜びはいつでも、同じだけ.・:.*


大変な日があったりもするけれど、
あーくんはわたしの、
「心」が頑張って生きようとする時の、動力。

わたしに、たくさんの気持ちを教えてくれる存在。


大好き.・:.*
そして、毎日ありがとぅ.・:.*


今日は寒いね。
ご主人様に、温かなご飯を出してみたい。

そうやって、ゆっくり料理する時間も好き。

でも、ご主人様は料理が得意だから!、
わたしが作って美味しくないって言われたら泣けてきそうだし(汗)、
妄想だけで満足する.・:.*


身体、冷やさないようにね.・:.*




あーくんは、わたしの心に、
暖かな光を、いつも注いでくれる…



ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 日記 | COM(8) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。