FC2ブログ
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-08-01 (Wed)
嬉しいことばかりで、
デイトのお話が進みませんね。

それは改めて、また日付を変えてアップし直しましょうか(笑)。
だって…初めてのデイトは、
とても大切で、とっても心動いた時間だったから。
大切だから、しっかり残したい。

.・:.*..・.:*

今日のこと。

わたしのご主人様…
普段はとても面白くて優しい。
楽しいお話をたくさんしてくれます。

でも、ご主人様の顔になると、
わたしの絶対的存在。

許されない空気。
この空気に、わたしの体はすぐに反応する…


今日の夕方。
ご主人様に写メを送りました。
昨日のミニスカート姿を見てもらいたくなって。

座って脚を少し開いて、見えるか見えないかって感じ。
ご主人様は、こういうのが好き…
そう、ルンルンしながら、昨日撮った写メを送りました。

すると、
「もっと脚拡げなきゃダメだろ」と…
指摘されてしまう。

え…気に入ってもらえなかったかな…と、
申し訳ない気持ちになっていたわたしに、
ご主人様は…


恥ずかしいと思う格好で写真を撮り、
毎日送りなさい。

オナニーも報告しなさい。


と、
指示をくれました。
指示を、くださいました(涙)。

2ヶ月ぶり…
写メを送ること、オナニーを動画で報告させてもらえること…
毎日、ご主人様のペットだと感じさせてもらえること。

嬉しい……


そして、この冷たい空気。
許されない雰囲気に、わたしは緊張感と共に、ゾクっとします。

ご主人様…
まひろのこと、見てくれるのですか?
また、毎日興奮していいのですか?

思いもよらぬタイミングで、突然やってきた今までの生活。
ご主人様に管理をしてもらう。
毎日のわたしを見てもらう。

ありがとうございます。。。
嬉しくて嬉しくて、仕方ないんです。

ご主人様の冷たい空気は、とっても恐くて…
すごい緊張感と、ゾクゾク感。
でも、褒めてもらいたくて…
満足してもらいたいから…頑張りたくなるんです。


そして更に、
生理が終わったのか聞かれて、
終わったことを伝えると、

「今日から常にノーパンで過ごしなさい」と。

常に…出掛けるときも?
今までは、おうちに居る時だけノーパンでした。
常にってことは、外でも、なの?
そんなの…恥ずかしい…

ご主人様に伺うと、
「勿論だ。」と一言返ってきました。

わたしは今日から、
毎日ノーパンで過ごします。

きっと濡れっぱなし…///
そしてオナニーしたくなって、お願いして、
動画でオナニー見てもらうんです…

ご主人様のことをいっぱい考えて、
ずっと濡らしている毎日。


突然のことで、
正直、驚きに心がついていきません(汗)。

でも、この空気感に、すでにおまんこ濡れているわたし。
オナニーしたくて仕方ない…
この2ヶ月、疼くことは少なかったおまんこが、
ご主人様からの指示で、すでに濡れっぱなしのヒクヒク。

ご主人様…
ご主人様のこと、いっぱい考えていいのですか?


ご主人様に満足してもらえるように…
ご主人様のペットとして、
また、幸せな毎日を送ります♪

すでに、いっちゃいそうです…///


ご主人様はわたしのブログも、読んでくれているみたいで、
わたしは本当に、感謝でいっぱいになります(涙)。

手をかけてもらえること。

なんて、幸せなんでしょうね…

ご主人様の大変な毎日の中で、
わたしに時間をつかい、メールをくださり、指示もくださること。
それが、嬉しいです。
甘えすぎて、オナニー漬けにならないように、
気をつけます。。。
www


ご主人様…
いつでも思うままに、
わたしで楽しんでください。

そして、ご主人様の毎日が少しでも楽しくなりますように…
それが、幸せ.・:.*



ありがとうございます。
"ランキング"
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
| 調教 | COM(0) | TB(0) |
2012-08-02 (Thu)
ご主人様のことを想い、
からだを疼かせて悶える時間は、

とっても苦しかったり切なかったり…
それが気持ちよかったり、
すごく複雑な感情が動いていきます。

でもふと、
こうして夜、あなたを想うと…

やっぱり不思議な感覚と、
優しさと温かさと…感謝でいっぱいになる。


指示をもらって、
ビクビクと痙攣し続ける、からだ。
叱られ、言葉をもらい、
泣きそうな心。

それなのに、
やっぱり、こんなに温かい。
不思議な感覚。

心が、ほわほわ、きゅんってしてる.・:.*


どうしてかな…
まだ10ヶ月。
それなのに、日々の中で、何かが起きて感情が動いたあとは、
今まで以上の強さや深さと、
気持ちよさが増していく。

主従の醍醐味を味わっているような…

切れることばかり不安に思っていた自分が恥ずかしくなる程、
言葉には出来ない…
強く深い、支配。

それが気持ちよくて。
ご主人様のことばかり考えさせられていることの悦び。

ずっと、考えていられる悦びを与えてくれる。


優しいあなたが、
甘やかし続けてくれていたことを、
今の指示の中で、感謝に思うのです。

もちろん、
変わらず、甘やかされたくて。
甘えたくて。
傍で見上げていますけど…

その甘えを許さない空気に、
また酔いしれ、
そして、大好きが増していきます。

カッコ良すぎなんです///


ご主人様…
あなたは、こんなにも素敵なご主人様で。
わたしを強く育ててくれる。


与えられた…
恥ずかしい指示に応えられるように、
今は、妄想訓練中(笑)。

今日は、ごめんなさい。

わたしは、
ご主人様の厳しい言葉に、
とても泣きそうになりながら…
何故か、その言葉に反応して、
濡れていく下半身を恥ずかしく思っています。

頑張りなさいと、
期待をありがとうございます。

わたしは、ペットとしての行動を、
間違えてしまった…

全部を見せること。
恥ずかしいからと、止めてしまって、ごめんなさい。

見てもらいたいって…
言ったのはわたしなのに。

恥ずかしいことが好きです。
ご主人様に恥ずかしい姿を見てもらうことが、好きです。

恥ずかしいことをして、感じる姿を、
全て見てください…。

見てもらうことが、嬉しいです。
恥ずかしいけれど…すごく嬉しいです。

全部全部、見てください…ご主人様。



ご主人様で、いっぱいの毎日です。



あなたが与えてくれる餌は極上。
ご褒美は、最高級。

美味しいものばかり与えられて、
幸せに満ちていきますね(笑)♪


いい子になりたい。
可愛い子でいたい。
だから、頑張るの…

これが、「我慢のいい子」じゃないことは、
しっかり感じている。

だって…
泣いても、どれだけ聞いても、
しっかりお返事をくれて、見てくれて、育ててもらって…
しっかり褒めてくれるから。

すごく満たされていく心が答え。


ご主人様…好きです。
大好きです…

メールで言える空気じゃないから、
ここから伝えます.・:.*


大好き…
ありがとうございます、ご主人様







ありがとうございます。
"ランキング"
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 日記 | COM(0) | TB(0) |
2012-08-03 (Fri)
ブログを書き始めて、まだ1~2ヶ月程だけど…
なんだか急に、
落ち着いている気分のわたし。

そう…それは、
この数日のブログの内容が答えなんだと思います。

このブログを始めたのは、
ご主人様からのメールが減って、
自分の立ち位置が少しだけ不安になっていたのと…
寂しい気持ちと、
ご主人様との幸せな時間を残したかったからで。

今、結果がついてきて、
満たされてしまうと、焦りがなくなります(笑)。

気のせいかもしれませんが、満たされると、
ブログの更新が減りますね。
(まだ、減っていませんが…)

何を書こうかな?
そう、思います。

だって…
育む毎日は、いろいろな感情の中で幸せで、
もちろん、たくさんの感情で動いていくけど、
結果、幸せで…ありがとうが溢れる毎日。
書く内容が無い、ただ幸せな心。

そんな感じです。

昨日は、久しぶりに部屋の掃除を頑張れました。
(頑張る気持ちはいつも一緒でも、片付き方が違いましたw)
「あ、満たされている証拠」って笑顔になる♪

心の満たされ度は、
日々の行動によく表れます。

ご飯を食べられるようになったり…
それが、健康食(笑)。
綺麗でいたいから♪と、
野菜や大豆食品を食べながら、幸せになる。

安定していない時は、
食べないか、ジャンクフードです(汗)。

ご主人様に、ペットとして扱われること。
それを、ずっと待っていたんだなぁ…って思い知らされます。

そして、
メールしてお返事もらって、
しっかり確認できて、ありがとう♪ってなります。


そっかぁ…
今は、ご主人様とメールできる。
それが、きっと答えですね(笑)。

伝えたい気持ちも、
贈り届けています。

心配する気持ちも、
大好きな気持ちも、
指示の確認も…いろいろ、メールしてお返事もらう。

うん…

わたしらしく。
こんな大好き大好きな気持ちを…
メールすることも、
ご主人様は、それでいいって言ってくれたから。

うん、自信持ってメールできる。

ありがとう.・:.*


ほうっておいてと言われた時は、
メールしたら嫌がられて捨てられるの?
とか、思っていたりしました。

だから、想いのすべてをブログに書き続けました。

でも、そうじゃなかった…

短くとも、時々でも、送り続けたメールに、
辛い中でも、お返事をくれたり、

ブログを見つけてくれたり、

心配してもらったり。

そして、
わたしらしい文章でメールすること、
それでいいって言ってもらって、

指示を、またくださったこと。


結果がついてきて、
大丈夫という自信に繋がりました。


わたしたち、

指示をもらって、
毎日、ハァハァしているだけかと言ったら、
もちろん、それだけでは無く(笑)、
何も無く過ごす日もあります。

なんでしょう…
指示は絶対だけれど、無理はしない。
お互いを大切に守るために…

だから、感謝もまた増していく。

うん…
やっぱり、不思議な気持ち。
主従です。
でも、形じゃないなって思う。
気持ちの中で、深くあるもの?

ありがとう。
やっぱり、あーくんって呼んでいい?
甘えるな!…なんて、言われない(笑)。

オンオフの切り替えの雰囲気も、また好き。


そんなの主従じゃないといわれても、
自分たちが満たされていけば、充分です。


ブログ、始めてよかったと思います。
いろいろ、ね。
本当、助けられることのほうが多く、
辛い時には、コメントを下さった方々に、感謝でいっぱいでした。

その時期にブログがあったから、
崩れ過ぎずに、待てたと思うのです。


わたしは、
大切な人を想える「今」を与えてもらえたこと、
こうして、話せる場所があること、
そして、大切にしてもらえる幸せを感じて…

神様に、感謝します♪♪

神様なんて信じないご主人様に何を言われてもww、
わたしは、感謝します。

だって、想うことって、とても幸せ。
すっごく心地いいの…
想える人がいるって、幸せなんです。


今夜も、眠れていますか?
そろそろ…睡眠の時間かなぁって、想う。

本当は、隣で、
裸でくっついて眠りたいです。
ぎゅって、したい…

一日一日を、
あなたがいる毎日で過ごせることが、とっても嬉しい。


おやすみなさい、ご主人様…






ありがとうございます。
"ランキング"
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 日記 | COM(0) | TB(0) |
2012-08-04 (Sat)
昨日のこと。


わたしは朝から、ソワソワしていました。

ご主人様から頂いた指示を、
実行しようと思っていたから…


先日、オナニーを動画で送ったとき、
あまりに久しぶりで恥ずかしくなり、
ろくにイクこともせず、止めてしまいました。

だって…
本当に恥ずかしかった。
大好きなご主人様に…思いっきりイク姿を見られるなんて///
急に「女心」が出ちゃった…
ごめんなさい、ご主人様。

叱られて、
罰を与えると言われました。

罰…
わたしは、罰を受けるほどのことをしたの(泣)?

「躾だ。躾」

躾…
なんだか、きゅんってする言葉です。
躾と言われると、がんばろうって思います。

そして、
ご主人様に、その内容は何がいいか聞かれました。

わたしが自分で、決めるのですか?

ご主人様のペットとして、ご主人様に喜んでもらえそうなことを考えます。
露出が好き。恥ずかしいことが好きですよね、ご主人様。

「あの…ベランダでオナニーします」

「それじゃ甘いな」

ベランダじゃ、駄目…
家の中程度では許されない?

「外でオナニーします」

「外でオナニーしてイクまで動画を送るんだ。」

イクまで動画を送り続ける…

さらに追って指示がきます。
「オナニーする時は全裸ですること。躾報告が終わるまでは自宅でのオナニーは禁止だ」

ご主人様………
はい、分かりました。

今まで、全裸で家以外でオナニーなんて経験ありません。
恥ずかしいけれど、

許される空気ではありませんでした。

2ヶ月ぶりに訪れた、ご主人様から指示が出される日々。

ご主人様の雰囲気が、
明らかに違います…

今まで以上に、厳しい空気。
曖昧な言葉は許されない空気。

でも、それが堪らない…
ご主人様…興奮します。

厳しくて、許しを乞うことすら出来ない雰囲気…
「はい」と言いたくなる雰囲気。

張り詰めた緊張感に、逃げ道などありません。
追い詰められ、言葉や行動を求められるのは、必死でありながら…苦しいのに、感じてしまう自分がいます。

そう…
厳しいご主人様も、
とても好き(照)。


新たに指示をいただきました。

外でオナニー。
勿論、人前で裸になって昼間からオナニーなんて出来ないので(笑)、

公衆トイレで、オナニーします。
全裸で。。。

朝からショッピングモールへ行きました。
ノーパンで。
常にノーパンと指示も頂いているので、ノーパンで行きます。

すでに恥ずかしく、濡れているおまんこ。

まひろは、濡れっ放しです…
ご主人様。

オナニーするトイレを決めて、全裸になります。

何が恥ずかしいって、
盗撮防止のため?携帯って、写真も動画も、シャッター音がうるさい。
そう、何かしているって、きっと周りにバレる…

あそこの個室の人、おかしいって…

物凄く恥ずかしくなる。
同じオンナとして、偏見の目?で見られるかな。
おかしいって思われる?

物凄く恥ずかしくなる。

それでも、イクまで動画を送り続けなさいと。

15秒しか撮れない自分の携帯電話を恨むばかりです。。。

何回、この録画音が流れるの(泣)。


それでも、
濡らす体は…

興奮しているって証拠。


わたし、露出とか…
好きじゃないはずです。。。
たぶん……

でも、恥ずかしいことをさせられること、
好きみたい…

ご主人様の指示だから?
ご主人様に見られるから、濡れているの?

録画しながら、オナニーをする。
誰か来るたびに、気にしながら…
声を控えて、息遣いだけは荒く…

はぁはぁ…
ご主人様、わたし、興奮してます…

気持ちいい…

必死に動画を送りました。

メールがきます。
ご主人様から…

あ、見てくれている。

嬉しくて…
もっと興奮して…イきたくて仕方なくなる。

ご主人様ぁ…
恥ずかしいです…でも興奮してます…

見てください…
まひろのオナニーでイク姿、見てください…

「やらしい格好だな…」

あぁ…ご主人様…
恥ずかしい…

脚を大きく拡げて、激しく弄ります。
気持ちよくて、脚をかなり拡げてる…

あぁ…イク。
いっちゃいます…

恥ずかしさいっぱい、
声も出せない中で、激しく弄り、イきました。

恥ずかしい。。。
「でも興奮してるんだろ?」

はい、興奮してます。
恥ずかしいのに…

……
はぁぁ、もっとしたい。。。

イク姿をご主人様に送るとメールが返ってきます。

「もっとシたいんだろ?もっとイけ。」

あぁ…
そういわれると、その通りで、
ご主人様に言われるまま、
わたしは、公衆トイレでビクビクとイき続けました。

しっかり撮り、
終わりの許可をもらいます…

終わってもいいですか?

「いいぞ。よく頑張ったないい子だ

・.。*・.。*(〃´∀`)・.。*・.。*ポワワァン…

ご主人様に、褒めてもらいました。

ふにゃぁ…ってなる。
ご主人様ぁ…

恥ずかしく、急いで着替えてトイレから逃げるように出ます。

手を洗っている人たちを横目に、
「あの人おかしい」
って思われてないかな?なんて考えながら…


そして、歩きながら…
人前なのに、ニマニマが止まらない(笑)。

褒められると、本当に嬉しいです。
ご主人様に褒めてもらうことが嬉しい。

「やれば出来るんだから、これからも頑張るように。」

はいっ…
わたし、頑張ります。


ふわふわした気持ちで、
指示を終えました。


ご主人様。。。
これからは、ちゃんと報告します。
今までのように、イク姿も全部…

全部全部、見せます…


結局、興奮冷めずに、
家に帰って、オナニーしました///

何度もイきます。
お漏らししながら、潮ふきながら…
思いっきりイきます。
勿論、動画を撮り続けて…



ご主人様…
ご主人様好みに、なれそうですか?
露出…外でのオナニーなんて、、、。
そう思いながらも、
興奮していました、わたし。

ご主人様に、躾てもらえる…
手をかけてもらえる幸せ。

夕方にも、メールをもらいます。

「もっともっと、変態ペットに育てないとな…」

育てる……

きゅん.・:.*..・.:*

育ててもらえる…
嬉しいです、ご主人様。

これからも、ご主人様好みに、
わたし、育ててもらえるんですね…

嬉しい。
すごくすごく…
恥ずかしいことも、いっぱいします。
ご主人様が喜んでくれるなら…
頑張って、恥ずかしいオナニーいっぱいします。

だから、育ててください、ご主人様好みに…それが、わたしの幸せになります.・:.*




逢えなくても、
その中で、精一杯のこと、させてください。
どこまでご主人様を満たせるか分からないけれど…

楽しんでください。

ご主人様のために、何かを出来ること、
とっても嬉しい毎日♪

おまんこ、ずっと濡らしてますよ…
ご主人様.・:.*






ありがとうございます。
"ランキング"
にほんブログ村恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 調教 | COM(0) | TB(0) |
2012-08-06 (Mon)
今日は朝から写メを送りました。

夏休みに入ったご主人様。
きっと素敵な時間を過ごしているはず。
オウチで、穏やかに賑やかに日々過ごして欲しい♪

そんな夏休みの中でも、
写メは送ってもいいと…報告メールもしていいと言ってもらい、
今週はまだ通常生活のわたしは、
ご主人様を想い過ごせる毎日に、感謝と幸せでいっぱいでいます♪

ありがとう…ご主人様.・:.*

今日は朝一番で写メを送りました。
そうして、オナニーは…う~ん、、、しない。
だって、眠くて仕方ない。

昨夜の仕事が遅かったこともあるけれど、
本当に、眠らないとやっていられない体。

ご主人様からのメールのお返事は、全く無い…
少しだけ、シュンってしながら…
(オナニーしろって言われたら、すぐ出来るように、一応気にかけるのですw)

写メを送ってすぐに、ずっとお昼寝していました。

お昼過ぎまで、ぐっすり眠っていたわたし。
ふと、
SNSに入ります。

ご主人様のつぶやきを発見する。
「ひたすら眠くて、寝まくってるw」

(*・Д・)

ご主人様…
一緒ですね~.゚+.(´∀`*).+゚.

と、勝手に嬉しくなってしまう、わたしw

そうして、想います。

眠くなれて…たくさん寝ていますか?
それが、ただ嬉しい。
連休という安心で、心がラクになれていますか?

眠れるって、とても大切で幸せなこと…
体と心、たっぷり休めてくださいね。

大切な人が、
ただ当たり前のように眠れる姿。
それだけで、本当に嬉しくて…
わたしは、とっても幸せな気持ちになれる。

あなたが眠れなかった時のことを思うと、
そんなつぶやきひとつに、とっても幸せが溢れるの。
ペットはあなたをキャッチして、
横でそっと添い寝していますから…ゆっくり体、休めてくださいね♪

あなたが、笑っている姿、
あなたが穏やかに過ごしてる姿、
そんな姿を感じられるだけで、わたしはホッと心が安心します。


ご主人様…あーくん。。。

この絶妙なバランスがやっぱり大好き。


指示をもらい、
いっぱい濡らして…ハァハァしてる。

でも、それだけじゃない。

昨日は日曜日。
朝、おはようのメールを送りました。

……
お返事、きた

心が、ほっこり嬉しくなる♪
ご主人様、まだお布団の中みたい。

う~ん、その腕の中に入りたいですw

昨日はメールをもらい、朝ごはんの時間まで知ることが出来て…
もう、一日がとってもハッピー♪

何時間過ぎても、
その「朝ごはんを食べた」というメールが忘れられず、
ずっと、ニマニマ。

大好きです、あーくん。。。


ご主人様の心が、どのくらい元気になったのかは…
正直、分からないけれど、

それでも、
元気そうなことが嬉しくて。

その雰囲気、絵文字の使い加減…
そんなことまで考えながら、
毎日、ご主人様のことを想うのです。

SNSで、楽しそうだとわたしも嬉しくなって♪
たまらずにご主人様にメールしちゃいます(笑)。
お返事がきたら、もっと嬉しくなって…

実は、
彼女さんがご主人様のSNSのつぶやきでコメント入れてるのを発見して、
シュンってなっちゃって…土曜日は、
ヤキモチ妬いちゃいました(TωT)

まひろさん、成長せず。。。www

ごめんなさい、ご主人様…
ご主人様にとってのSNSを、楽しんでもらいたい。
だから、一緒に幸せでいたくて…
やきもち妬いたらいけないー!!って、無理無理。

だって…
やっぱり、大好きですもの。。。

www

でも、やっぱりご主人様、優しい。
ヤキモチというか、変に心配したわたしに、
「気にし過ぎw」ってお返事くれる。

.゚+.(´∀`*).+゚.

よかったぁぁ♪
って、安心を与えてくれる。


あなたに、無理をさせていないですか?

本当は、気遣わせたくなくて…
ラクに過ごせる毎日があって、
安心して居てくれたらいいなって思います。

変な心配しないくらい、
本当はもっと強くなりたい…
また、叱られちゃうかな…


そう考える。

わたしは、あなたと連絡を取れなかった時間、
成長できていなかったかなと、少し反省している。

でも、変わらずに伝えられることに、
とても感謝していて…

大きく受け止めてくれて、嬉しく思う。


暑い毎日、
涼しいお部屋で過ごしてくださいね♪
報告メールを許してもらえること、
ありがたいなぁって、感謝でいっぱいになっています。

見てもらえる…
そんな日々がやってきたことが嬉しくて。
メールを送れる毎日に、感謝してる。

そう、メールを送り、お返事がくること、
それだけであり難くて…
あなたを感じられる時間が、とてもとても愛しく感じてます…





ありがとうございます。
"ランキング"
にほんブログ村恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 日記 | COM(0) | TB(0) |
2012-08-07 (Tue)
(*日時変更をしただけで、内容は同じです。)

それでは少しずつ、ご主人様との過去のこともまた、
お話していきます。

初めてのデイト。
とっても、思い出深いデイト。
長くなりそうですが、話させてください。

.・:.*..・.:*

主従を結ぶことになった時、
すでにわたしは、ご主人様の住む関東へ、
仕事で出掛けることが決まっていました。

最初は、「逢わなくていい」って思っていたけれど…、
「逢ってみて決めよう」そう、心が変わっていました。

主従を結ぶということを、どこか夢心地で甘く考えていたわたし。
だから最初は、そんな感覚でいました。

「セックスはしなくていい。したくない」
最初は、そう伝えていたくらい。
でもそれは、大きな罪悪感から…
オウチを持っている人間がする行為では無いっていう理性から。

とても大好きになっているけど、一線は越えないでいたい。

そう話していた気もします。
勿論、そんなこと、言葉のやり取りで流され(笑)、
ホテルに行く方向へ話は進むのですが…

実は、この初めてのデイトでも、
わたしたちは逢うまでにいろいろとありました。

逢えることが、こんなに幸せなんだと、噛み締められるように、
用意されているプログラムなんじゃないかって…思うくらい、
いつもハラハラさせられる。

この時は、
主従を結んだ数週間後に、関東へ行くことが決まっていました。

逢おうね!と話を進めていく。

関東へ行く日が確定してすぐの夜、
ご主人様にそのことをメールしました。
ご主人様はホテルを探したり、プラン立てをして、
すぐにメールをくれました。

「仕事の場所は?駅は分かる?どうしようかな。できる限り長く一緒に居られるように考えよう。
 まひろに綺麗な夜景も見せたいんだけどな…めっちゃ綺麗な場所があるねん。でも、ホテルでいっぱい繋がりたいしな」

わたしは、驚きました。
夜景…?何、そんなことも考えてくれるの?
セックスだけの相手じゃないの?

「嬉しい。デイトのプランを考えてもらうのが初めてで…楽しみにしてもらえてるんだって感じる。しかも夜景とか…そういうデイトらしい経験も少ないから…」

「(・Д・)はい?お前、今まで、どんな男と付き合ってきたのw?」

「えっと…体目的と、ギャンブル依存のDVと、全部わたし任せと…そんだけ。
 だから、考えてもらうとか、ときめく

「wwwどんだけ酷いの?」
「だってだって(TωT)」

まぁ、そんなご主人様は女の子慣れしていて、扱いがうまいだけなんですけどw
いいんです.・:.*

でも本当に嬉しい言葉でした。
わたしは、恋愛経験が少なく、またどの過去の男も酷い感じだったので…
デートらしい経験が、本当に全然ありません。
どこかに連れて行ってもらうことも無ければ、プランを考えてもらうなんて初体験で。
あ、こういう幸せ…ずっと昔、願っていたものだ…

そう思い出しました。
わたしの女の子の心が、喜んでる…

まぁ結局、
ホテルに行きたいよねって話しになってしまうのですが…(笑)。

その日に合わせ、
お互いの仕事時間を教え合い、
わたしは通販でルンルンとお道具を買い集め♪♪

二人のテンションは上がるばかりでした。

その日は、ご主人様は、年に一度の健康診断の日。
午後3時くらいにはお仕事が終わる、と。
だから、夜遅くまで長く居られるよ♪

と、教えてもらっていました。

「偶然にも、ラッキーな日なんだね♪」

わたしもうまくいけば、仕事は同じく午後3時くらいに終われる。
でも、研修のような感じで、一人作業ではない為、
はっきりした時間は分かりませんでした。
でも、うまくいけば…
午後3時から、わたしの帰宅時間、最終電車10時くらいまで、
6~7時間も一緒に居られるってことだね!!

二人のテンションは、最高潮。
あと一週間、あと数日。

ご主人様好みの、可愛いミニスカートも買ったりして、
そう指折り数えていた時でした。
デイトを明後日に迎えた、早朝、ご主人様から一通のメールが届きました。

「ごめん。デイト、キャンセルしていい?」

…………
なんで?明後日なのに?


「ちょっと、家族のことでいろいろあって、とりあえず、理由は後でちゃんと話すから」

そういわれても、若干のパニック。
逢えないって、何?
そんな急なキャンセルって、有りなの?

わたしは、泣きました。
涙が勝手に溢れてきちゃう…

そうして、ご主人様の出勤時間に、追ってメールがきました。
そこには、驚くような内容のメール。
まぁ、キャンセルしたくなるような出来事が、起こっているのは、理解しました。
理由が理由だっただけに、頭の中では理解します。

でも、心がついて行かない。

つらい…
仕方ない…でも、こんなに楽しみにしていたのに…

逢いたい。
次はいつ逢えるか分からないのに、どうしてキャンセルするの?

泣き言ばっかりで、何も考えられなくなっていました。
ただ泣いていました。
あんなに逢いたいって楽しみにしていたじゃない!
こんなに逢いたい気持ちは、わたしばっかりなの!?

何時間も、泣き続けました。

すると、
ご主人様はお昼にまたメールをくれました。

「俺だってめっちゃ会いたかったよ!でも今は無茶しちゃいけないって思った。
 無茶してバレてこの先が無くなるくらいなら、今少しだけ我慢して、
 この先明るい未来にしたほうがいいと思ったから。

 まひろが大切だから。 
 大切過ぎるから…

 本当に大事なんだよ。
 まひろの事が。

 めっちゃ好きや…」


大号泣のわたし。
でも、それでも逢いたくて…

パニックになり、
わたしは、ご主人様へのメールも出来なくなり、
泣き続けました。

大事なら、逢ってくれたらいいじゃん。
逢いたいんでしょ…
どうして、どうして…

ずっと楽しみにしていたのに…

その気持ちをご主人様にうまく伝えられず…
わたしは、SNSで泣き言を吐き出すことにしました。




ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 初めての、でいと | COM(0) | TB(0) |
2012-08-07 (Tue)
ただ、泣き続けました。
何時間と…

途中、SNSで泣き言を発したわたしに、
仕事中のご主人様からメールがきます。

「日記見た。辛いのは、まひろだけだと思ってるの?」

わたしは、それでも涙が止まらず、
でも、悲しい気持ちをご主人様にぶつけることなんて出来ないって…
ご主人様からのメールも無視して、ただ、泣いていました。

夕方、
SNSのつぶやきに、ご主人様が一言。
「癒し希望…」

ハッとしました。
コレ、わたしが原因だ。

すぐにメールします。
「あの呟きは、わたしのせいだよね?」

「そうだよ」

「ごめんなさい…でも、わたしも本当につらくて」

「だから俺、ちゃんと話すって、話そうって言ったよね?昼にメールした時、話そうって思っていたのに、それを無視したのは、まひろでしょ」

う…
確かにその通りです。。。
でも、喧嘩になって、気持ちをぶつけるという作業をしたことが無いわたしは、
一人で消化することが当たり前で、ぶつけなかった事を指摘されて、焦りました。

「メールできなかったのは、泣いていたからで…つらい気持ちを泣くことで消化しようって…」

もう、あたふた。
文章になっていないような…でも、とにかくメールします。

「もういいよ。まひろとの関係悪くしたくないし、こういうこと慣れているし、俺が一人で消化するからいい。まひろは何も心配しなくて大丈夫だから。ほうっておいて…」

え?
そこで、引いちゃうの?

あ…
ヤバイ感じ。

なんか、違うよ、この感じ。
それは、いけない。
わたしの直感的な感覚で、モード変換の速攻返信。

「駄目でしょ、ソレ。大丈夫じゃない。」
「ふうん。返信してくるんだ?いいの?やり合うの?」

あ…こわい。
空気が変わった…
でも、ここで引いたら、「まひろはこの程度」って、線引きされる予感がする。
そういう関係になるために、出逢ったんじゃない。

「うん。話す。話すべきだっていったのは、あーくんだよ。
 泣いてメールしなかったことは、謝ります。ごめんなさい。
 今まで、喧嘩らしい喧嘩の経験もなくて、全部をぶつけることをしたことがなくて…」

「何でも話してって、言ったよね?それが出来ないってことでしょ?」

「だから、経験が無いから、どうしていいか分からなかった。」

「で?辛いのは自分だけだって、抑えたの。抑えるの?俺には出せない?」

そうじゃない…
嫌われたらどうしようって、考えちゃうんだよ…
でも、それ言ったら、もっと激怒されるな。
そんなことで嫌うと思ってるの?ってさ…

追い込まれていく感じ。
完全に負けている。
でも、引いたらいけない。全部全部、伝えなきゃ…

抑えていた訳ではなくて。
泣きじゃくる方法しか、知らないってこと。
だって、向き合ってもらえた経験がないから…

「そうじゃなくて…
 泣くことはね、気持ちの発散なんだ。昔からずっと…抑えるのとは違う。出せている行為なんだよ。
 分かり合えないとか思ってる訳じゃなくて、つらい気持ちを発散する方法が泣くことで、
 それにすごい時間を費やして…言えない相手だって思ってる訳じゃないの。
 でも、本当につらい気持ち、泣くことでしか発散出来ないから、時間も忘れて泣いてた」

「ん?よく分からんな…。泣くことは、向き合わない事とは違うのか?」

少し空気が変わった感じでお返事がきます。

向き合わない事と、違うってことも無いけれど…
でも、向き合いたい気持ちはいっぱいあって…

「向き合わない事とは違う。泣くことも大切なんだよ。
 つらい!!って気持ちを泣いて発散することで、落ち着いて話せるようにもなる。
 パニック起こして、しっかり考えられないときは、泣く時間が必要で…
 でも、すぐにメールしたら良かった。本当に、ごめん」

「よう分からんな…泣くことが発散なのは、わかったけど…」

「だから、抑えているとは違うの。向き合うまでに時間が必要だっただけで…その気持ちが無かった訳じゃない」

「う~ん…、よう分からんけど、向き合う気持ちが無い訳じゃないって分かったし、
 泣くのがまひろに大切なんだよね?…もう、ええよ。
 でも次からは、まず全部話してきて。ちゃんと話し合おう」

「うん…ごめん。次からは言う。メールってうまく伝わらない時があるね。電話なら、すぐ伝わるのに…」

「今から少しでも、電話するか?」
「うん」

そうして、声を聴きました…

その時すでに、夕方のメールからもう何時間過ぎていたか…

時間にして、電話をしたのは、夜10時頃?
その日は、いろいろなタイミングが重なってくれて、
何時間もメール出来る状態だったので、何時間もメールで喧嘩?をして、
そのあと声を聴きました。

「あーくんに、本当に逢いたかった…」
「俺だって、めっちゃ会いたいわ。でもきっとまた会える時がくるから」
「うん(泣)。きっとまた逢えるよね…」

仲直りって、
こんなにキュンってするの?
理解し合って、気持ちがくっつくと、こんなに嬉しい気持ちになるんだ。

もう、大丈夫。
ご主人様だって、逢いたいって思ってくれてた。
一人で抱えなくても、こんなに同じくらい想ってくれてた…

またきっと、逢える日がくるよね?
うん…その日まで、頑張ろう。


そう幸せいっぱいで眠りました。






ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 初めての、でいと | COM(0) | TB(0) |
2012-08-08 (Wed)

幸せいっぱいで眠った翌日、
それでも、本当は逢えたであろうデイト日を明日に控え、

せめて、自分が頑張ったことだけは伝えたくて、
昼間に、写メを送りました。

それは、穿いて行く予定だったスカートと、
ご主人様へのプレゼント♪

ほらほら♪
これを穿いてね、これをプレゼントに…
また次逢えた時のお楽しみだねー♪♪


そうすると、間もなくお返事が来ました。

「スカート可愛いなプレゼントまであるんか!

 まひろ…
 期待しないで聞いて欲しいんだけど、
 やっぱり会いたい…
 
 どう行動することになるか分からんけど、何とか会える様にしたいって思ってる。
 
 期待させてダメだったら悲しいから、期待はしないで。
 でも、会える用意だけしておいて。
 そんな中途半端なのは嫌やって思うなら、明日はやっぱりやめにする」

あーくん…
なんだろう…すっごく切ない気持ちになるよ。
逢いたい…
このチャンス、逃したくないね…

「逢いたい。わたしも逢いたいよ…5分でも、10分でもいいの。顔見れるだけでいい。
 直接、逢って触れたい。」


逢いたい気持ちが勝ってくれた。

それだけ、大切に想ってくれているってことだよね…
嬉しい。
この二日間で、絶望と喜びを、思いっきり味わった感じ。

最初は、逢うことすら戸惑っていたわたしですが、
もうこの時は、逢いたくて逢いたくて仕方なくなっていました。

逢うということは、現実的にイケナイ事実を作ってしまうことになる。
それには、大きな覚悟が必要でした。
だから初めは、
バーチャルな世界だから許される。
オナニーの延長線上だから許されるでしょ。
そうやって、逃げ道のような考えを作っていた、わたし。

それだけオウチが大切だから。
ただの欲求不満ってだけで、ハメを外すのは違うって思っていました。
だから今までずっと、妄想やオナニーで済ませてきた毎日が、
今、大きな覚悟で動こうとしていました。

それだけ、覚悟を持って動いてもいいと思えた人…
どういう関係性であれ、
気持ちがこんなに動いている。
この人だから…


その夜は、今まで以上に細かくお互いのことを伝え、
どう動くか、パターンまで考えました。

夕方、ご主人様の仕事が定時の時間には帰れるようにする、とか。
ご主人様の地元までわたしが行く、とか。

わたしの頭の中では、
駅で数分、顔見て話せるだけだっていい…
本当にそう思っていました。

ご主人様には、電車のこともいろいろ教えてもらい…


そして、少しの不安。

本当に逢えるかな。

きっと、そんなことを伝えていたんだと思います。
ご主人様からのメールが残っていました。


「もう怖くないから大丈夫。
 お互い離さないって決めたんだから
 好きだよ…


大好きでいっぱいでした。
お互い、きっとドキドキしていたはず…

そうして、デイト当日を迎えるのです。





ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 初めての、でいと | COM(0) | TB(0) |
2012-08-08 (Wed)
デイト当日、
その日は今までに無いくらい、ドキドキしていました。

仕事用の服を着て(私服ですが)、
ご主人様に逢う時のためのスカートと下着とバッグへ詰めて、
玩具は見えないように奥にしまい(笑)、

仕事で大好きな先輩に会えることも重なって…
すごいワクワクで新幹線に乗り込みました。

朝から、たくさんのメール♪
「こんな服で行くんだよ~」と、
お尻を見せての写メを駅で撮りつつ…
写メだって、いつも以上に送ります。

仕事は何時間で終わるかな?
ご主人様は、早い時間で終わるのかな?

わたしのお仕事は、お昼頃から数時間の予定。
「今からお仕事だよ♪」
というメールをすると、
「オイラは仕事終わって健康診断行くとこだ」
と、メールが返ってくる。

うん、イチャラブって楽しい(笑)。

逢えるのを楽しみに、ワクワクとメールをしている感じ。

今日、ご主人様の顔を見れるんだ…
時間が無くても、ギュってするくらいは出来るかなぁ?

ドキドキする。
生、ご主人様ですもん(笑)♪


そうして、お仕事を開始。
今回は研修で、お仕事のためのスキルアップです。
順調にわたしの作業は進んでいきます。

うん、この調子なら、
お相手の方もうまくいけば、どんなに遅くても夕方4時には終わるかなぁ♪
うまくいけば午後3時、ご主人様と同じくらいに終われますよ!!
逢えるよね、ご主人様ぁ♪


…………
遅い。


あれ、何で終わらないんでしょうか。。。

わたしの倍の時間はかかっています。
その一緒に研修をしているお相手の方を責めるというより、
焦りになっていきます。

逢えなくなったら、どうしよ…

時計は、午後3時頃。

あ、ご主人様は、そろそろ健康診断終わる頃?
と、こっそり携帯を覗くと、
「健康診断終わったよ。とりあえず、待ってるから」
とメールがありました。

ソワソワ…
もう、ご主人様は終わっているのに。
わたしは、予定よりもかなり時間が過ぎても終わりが見えません。

どうして…


午後4時過ぎ、
さすがに、心配は掛けられないと、
「まだ仕事終わらないの」と一本のメールを送りました。

過ぎていく時間に、焦る心。
ご主人様のいつもの仕事終了時間になってしまえば、
逢えることだって無くなっちゃうかもしれないのに…

その時間まで、あと約一時間。

もう…
やっぱり、逢わせてもらえないの?


時計と睨めっこ。
過ぎていく時間。
わたしの研修はすでに、終了済みですが、
でも、一緒に研修受けている方は、作業部屋から出てくることはありません。

時計の針はもうすぐ、午後6時をさそうとしている。

もう、きっと無理…
半ば、諦めの中、それでも微かな望みをかけて、
思い切って、研修をして下さった講師の方に、声をかけます。

「申し訳ありません。早く帰らないといけなくて…」
「あぁ、そっか。大丈夫よ。あなたは終わっているから、今、終了の証書を渡すね」

え…
そんな簡単に済むなら、
もっと早くお願いしてみれば良かった…

「ありがとうございます」
と、お礼を言い、研修場を出ます。

すでに午後6時を過ぎていました。



もう無理だ…
ご主人様、きっと帰っちゃった。

健康診断は3時に終わって、
もう6時だよ。。。


それでもご主人様にメールします。
「ごめんね。今、仕事終わったよ!」

早歩きのわたしは、
小雨が降り出したことも気にせず、
濡れながら駅に向かいます。

もしかしたら、という望みを持って、
携帯を片時も離さずに…

そうしてメールを送った数分後、
ご主人様からお返事が来ました。

「わかった。合流予定の駅に向かうから。まひろは、分かる?俺はすぐに着くからね」


え………

待っていてくれたの?


メールもろくに出来なかったわたしを、
何時間も、待っていてくれたの?


走ります。
大きなバッグを肩にかけ、小走りに。

買っておいた切符を探しながら、
駅に向かいます。

そうして、ここは譲れない!!って、
駅のトイレでお着替え(笑)。

逢った時に、下着が汚れているのが嫌なので、
ご主人様に見せる下着は、トイレで穿きました。

そうして、下着が見えてしまいそうなミニスカートに穿き替えます。


どのくらい逢えるかも想像できないけれど、
ご主人様が気に入ってくれるように…
逢ったときに、可愛いって思ってもらえるように…
どんな状況になっても大丈夫なように…(笑)、
精一杯の格好にお着替えをして、


電車に乗りました。

数分後には、逢えるの?

どうしよう…
今までに無いくらい、心臓がバクバク言ってる…
どう思われるかな。
嫌われないかな…

そう、不安も一緒に抱えて…
ご主人様と約束をした、待ち合わせの駅へ向かいました。





ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 初めての、でいと | COM(0) | TB(0) |
2012-08-08 (Wed)
電車に乗って数駅。

ご主人様との待ち合わせの駅に着きました。
ご主人様はすでに、着いている様子。

ドキドキする…

「着いたよ!」とメールしました。
「周りの状況は?どの辺?何がある?」
「階段を登って…本屋があって」

メールでは理解し合うのに限界があるので、
すぐに電話に切り替えます。

「もしもし、まひろ、どこ?」

あ~!!!
ご主人様の声だぁぁ~。
・.。*・.。*(〃´∀`)・.。*・.。*ポワワァン…

なんて、思いながらも(笑)、緊張はピークに達していました。

「えっと、ユニクロがあるよ。あと、本屋…」
「あ?どこだ、そこ。」

ご主人様も、いつも利用する駅では無いので、把握するのに時間をかけます。
でも、なんとなく向かってきてくれている様子。

「あぁ、ユニクロあるある。で、どこ?」
「えっとね、出入り口のとこに居るよ。背は小さくて、茶色のスカート穿いてる…」

ドキドキする…
そういいながら、ご主人様は近付いてきているはずだから…

あーくん…
どこにいるの…

!!!!!

あ…いた!!!!

見つけた!!!!!!!!!

「あ、あーくん!今、わたしの目の前を歩いて行ったよ!行き過ぎだから、戻ってきて」

「うん?通り過ぎたか?どこだ、まひろ…おお!!いたいた」


ご主人様ぁぁ…
・.。*・.。*(〃´∀`)・.。*・.。*ポワワァン…

あ、やっぱり、髪の毛は明るい茶色なんだなぁ♪

「……小っちゃ!!!!」

(笑)。
わたし、150センチ無いですからね。

「それよりもお前、よく俺がわかったな。あ、髪がこんな明るいサラリーマン、いないもんな!」
と、笑うご主人様。

ううん…違うの。
これ、本当なんだなって思う。

ご主人様が目の前を歩いて通り過ぎた時、
ご主人様だけが、輝いて見えた。

ほんと、「あの人だ!」って、
沢山の人混みの中で、その人だけが浮いて見える感じ。

「そうですね~。髪、本当に明るいね~」
そう言いながら、このキラキラした感じは、胸にしまっておこうって思いました。

そうして、
スタスタと歩き出すご主人様について行きます。

出逢えた余韻に浸る間もなく、足早に。

うわぁ…歩くの速いなぁ…
そう、必死について行きます。

「待っていてくれてありがとう。もう、無理だと思っていたよ」
そう言うと、
「さすがに途中で嫌になったわw俺、こんな時間、人を待ったの初めてや。3時間やで。あり得んわw」

うふふ♪
そんなに待つくらい、わたしに逢えるの、楽しみにしてくれていたんだね…
それって、すごい価値がある。
ご主人様ともあろう人が。
自由で、待つのも嫌いなはずなのに…
3時間もの時間を、駅で潰してくれていた。

どれだけ、想われているんだろう♪

「えっと、まひろが帰るのに楽な駅まで行こうか」
「うん…えっと、時間は大丈夫なの?」

「おう、まぁ、ええやろ。何とかなるわ」

そうして、わたしが帰るまでの約3時間半、
一緒に過ごすことになりました。

ホームで電車を待ちながら、
「ほんま、小っちゃいなw」と言われる。

可愛いでしょ~!!と、思いながら(笑)、
「さすがにこんな小さい子、初めて?小さい子、好きでしょ♪」
と言ってやります。

そして電車に乗って…
残念、やっぱり、
吊革に手が届きません。。。

「俺につかまっていればいいよ」
と、腰を抱いてくれるご主人様に、かなりの緊張をしました。

やめてください。
こういう事をされた経験が無いので…ドキドキします。

腰を抱かれ、かなり密着のご主人様は、わたしの髪の香りを嗅いで、
「まひろ、髪、ええ匂いするな~
そうですかぁ?
(*´∀`*)

完全に、電車の中では、
イチャイチャなカップルですねw
周りが見えないイタイ奴等とは、自分たちなんじゃないかってくらい(笑)。

逢えなかった時間を埋めるかのように、
ずっと密着して顔を見合わせて、お話をします。

目の前に、いる。
ご主人様が、今、目の前に…

乗り換えて、また立ちながらの移動。
電車は帰宅時間のため、けっこう満員でした。


その時、そっと…
ご主人様はわたしのお尻を触ります。

あ…
どうしよ…興奮します。

痴漢とか…わたしは、されたくって仕方ない子。
こんな場所で感じてしまう自分に興奮するんです。

恥ずかしいのと、嬉しいのと…
変態な自分に興奮します。

いっぱい濡れちゃう…


と、
あっという間に電車は目的の駅に到着し、
「行くよ」
と、ご主人様に言われ、慌てて付いて行く。

あぁ…もっと、いっぱいされたい。。。
やっぱり、そういうこと、大好きなんだなぁ、わたし。


駅について、ご主人様はわたしに聞きました。
「どこへ行こうか?まひろが行きたいところでいいよ。カラオケにする?ご飯食べる?」

えっ…
わたしが選ぶの。わたしに選ばせるの?

「ほんと、どこでもいいよ。冗談でも嘘でもない。まひろの行きたいところに行こう?」

恥ずかしい…
歌がうまいであろうご主人様の声も聴きたいから、
素直にカラオケだって行きたい。
でも……

でも…

「ホ…ホテル行く」
俯きながら、小さな声で言いました。

「え?いいの?まひろ、ほんとにええの?」
「うん、いいよ」

ご主人様、意地悪なこといっぱい言うのに、
そうやって優しく気遣ってくれる…

わたしがずっと、抵抗あって拒んできたこと、
その理由も全部きっと、わかってくれているんだ。

優しいですね、ご主人様…
だから、
女の子がすぐ引っ掛かるんですね!!
(あ、間違えたw)


わたしたちは、
ホテルへ向かうことにしました。

やっぱり、繋がりたい。
誰もいない空間で、思いっきり、くっつきたい。

駅を出ると、けっこう雨が降っていました。

ご主人様が「待って。傘出すから」と、折りたたみ傘を広げてくれます。
あいあい傘♪
一つの傘の中…寄り添い、
ホテルに向かい、わたしたちは歩いて行きました。






ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 初めての、でいと | COM(0) | TB(0) |
2012-08-09 (Thu)
ホテルに向かう脚は慣れた様子で、
ご主人様はスタスタと歩いて行きます。

あぁ…
こうやって、いつも彼女さんと仕事帰りにホテル行くのかな…

そう、考えながら、
行き慣れてる?であろうホテルに着くと、

「うわ、部屋けっこう埋まってるな。みんな好きやな」
と、ご主人様。

ご主人様もでしょ…!
そう、心で突っ込みます(笑)。

このホテルに、いつも彼女さんと来るのかな…。
そんなことを、やっぱり気にしてしまうわたし。

夢心地。一回で終わるかもしれないし…
なぁんて、そんな最初の頃の考えなんて、どこへやら…

ご主人様が大好きになっているわたしは、
ヤキモチいっぱい、妬き始めていました。

ホテルの部屋を決め、
エレベーターに乗った瞬間、激しくキスされる。

「はぁん…」

ご主人様のキスは、こういうキスなんだ。
激しいキスに少し戸惑いながらも、
わたしは、全身が性感帯なのかというくらい…
キスだけでも、腰を振ってしまう子。

あぁぁ…気持ちいい。

そう感じていると、
ドアが開いて、カップルが扉の目の前にいて、
急に恥ずかしくなりつつ…
ご主人様についていきます。

お部屋に入ってすぐ…
「おい、電気あらへん!!」

はい!?

「そんなことある訳ないでしょ(笑)!!もう~!」
「だって、見つからへんやんっ~」

可愛い(笑)。

この童顔で、母性本能をくすぐる感じが…
女の子をトキメかせるんですよ!もう!!

でも、こういう姿も大好き。
この笑い溢れる空気に、大好きが増して行く。

「お、あったあった♪」
と、お部屋に入り、一番にしたこと。

それは、ぎゅっ.・:.*

「やっと、会えたな」
「うん…逢いたかった…」

ご主人様…
生、ご主人様だw

逢えて嬉しい。
ほんと、目の前に…いることが奇跡なくらい。
逢えてよかった。
大好き、大好き…

正直、逢えないと思っていた。
ギリギリまで、ずっと不安だった…
だけど現実、目の前にご主人様はいて、
こうやって感じることが出来る。。。

そうしてソファに一緒に座ります。

そうすると、すぐにご主人様、
わたしの足をソファの上に乗せ膝を曲げさせ、脚を開かせます。
M字開脚。

パンツも穿いたままのわたし。
ご主人様は、手をパンツの中に入れておまんこを触ります。

「もう、こんな濡れているのか…」
「はい、ごめんなさい」

すでに、びしょびしょ。
いっぱい濡らして待っていた、わたしのおまんこ。

ご主人様は、お構いなしに、
そのまま指を入れ、おまんこの中で指を出し入れ。
スピードを上げていきます。

「あぁ…はぁん…あっ、あっ…」

あっという間にイきそうなわたしに、
「イクのか?もうイクのか?」
と言いながら、指を休めることなく攻め立てて来ます。

「あぁぁん…だめ…いっちゃう…」

そのまま指を激しく動かされ…
わたしは、あっという間にイきます。 

指でされるのが、すごく好き。
オチンチンと同じくらい…指が好きです。

イき続けます。
潮を大量にふきながら、何度も何度もイきます…

「あぁぁぁっ…いいっ…気持ちいいっ…」

パンツを穿いていることなんて考えもせず、
びちゃびちゃに濡らして、潮をふき続け、イかされ続けます。

気持ちのイイとことろを激しく刺激され、
潮をふくことの気持ちよさを知ってるわたしは、
ご主人様に激しく指を出し入れされて…
頭の中が真っ白になるくらい、気持ちよくなっていました。

気付けば、
パンツも、スカートも…ソファも…
びっちゃびっちゃ。

あーあ。。。

「お前、どんだけ潮ふくのw?」
「だって…指でされるの大好きだし、気持ちよかったから…////」

そうして服を脱ぎ、ベッドへ上がります。


キスをして、体に触れる。
ご主人様が目の前にいる。
ドキドキする。こんなに嬉しい気持ちになる。

触られるだけで、ドキドキする。

キスをして…濡らされて、
オチンチンを入れてもらう。

「やっと、繋がれたな…」

ご主人様が…、
すっごくすっごく嬉しそうに笑いました。

この顔、きっとずっと忘れない。

そんなに嬉しそうな顔、やめてください。

わたしも、すっごく胸がキュンってします…

「うん、嬉しい…」

何度もキスを重ねる。
本当に、愛おしくてたまらない。

やっと、逢えた。
大好きな人。

イクとかそういうのは関係なしに、繋がれているということだけで、
こんなにも満たされる。

そして、クリトリスを触られて、
結局わたしだけ、あっという間にイってしまいました。







ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 初めての、でいと | COM(0) | TB(0) |
2012-08-10 (Fri)
一昨日は、物凄く、オナニーしたかったけれど…
我慢しました。
写メも送っていませんよ~♪

ご主人様は、家族旅行だったみたいなので♪
そんな日に、写メとか…ナイナイ。
ましてや、オナニー動画送るとか、、、さすがに人として考えられません。
ご主人様の楽しい時間は、本当にわたしも嬉しいから…
そういう時は、素直に待っていようって思えるの.・:.*

必死に体の疼きを我慢しました。
そこにはとっても不思議な気持ちが流れます。

オウチはとても大切にして欲しくて…
それは、わたしも同じだから。
目一杯、楽しんで欲しくて。

だから、自然と控えたくなる。
楽しそうにしているんだろうな…って考えると嬉しくて。
すっごく、ほわほわ.・:.*

でも、体って困り者。
あぁ…おまんこにディルド突っ込んで…激しくイきたい。。。

泣きそうなくらい、したくてたまらない。

でも…ご主人様の休日だからぁ……

と、メール出来ない(したくない)状況に、
変に興奮しちゃう。。。

我慢しなきゃいけないって感じに…興奮してる。
そして、変な快感が襲う。
イクとか、そういうのとは違う。

心が、きゅんって気持ちよくなる…
苦しいのに…気持ちイイ…

そうすると、ハァハァなって…
もっと、オナニーしたくなる。。。

ご主人様…楽しんでますか…
まひろ…
あり得ないくらいオナニーしたいんですけど!!!!
www


そうして、今日、
もう朝から、する気は満々…でも、ご主人様の状況を伺ってみます。

「オナニーしたくて仕方ない…」
「すればイイじゃん」

おっ♪♪
していいんですね.゚+.(´∀`*).+゚.

でも、オウチにいるでしょ。
と、分かっていながらも、一応の心配から、動画を送るべきか聞いてみると…

「報告は、絶対だ。
 ディルドにローター、アナルプラグでイきまくりなさい」

………
素直に、何も聞かずに動画送っておけば、よかった。。。

アナルプラグは予定外。。。

でも、言われた通りに、します。

裸になって、お支度♪
携帯の充電も…しっかり満タンw

オナニーを始めます。

最初は、ディルドにローター。
気持ちいいに決まってます……

あぁぁ…久しぶりにおまんこ擦られるって、、、
やっぱり、気持ちいいの…

と、すぐにアナルプラグを入れてみる。

簡単に、入る。

そうだよね…
ご主人様のオチンチンを受け入れるために、
拡げ続けたアナルは、アナルプラグなんてあっという間。

スルッと受け入れます。

そうして動くと…気持ちいい…
あれ…
少し前までは、ディルド入れた状態でアナルプラグすると、
物凄い窮屈感に襲われて…
苦しくて辛かったのに。。。

ご主人様…まひろ、
アナルプラグ気持ちいいです…
おまんこにローター入れているようなくらい、
ただ、気持ちいいだけ。。。

まひろのアナル、感じるアナルになっちゃった…

そうして、動画を送り続けます。
一時間くらい。
脚を拡げ、
ずっとイきながら、動画を送り続けました。

あぁ…気持ちよかったなぁ♪
そろそろ、終わるって報告しようかな?

と、終わりますメールを打ち込み、送信ボタンを押そうとした瞬間、
メールの着信。。。

まさか………

「もっとイきまくりなさい」

………
タイミング、良すぎです、ご主人様。
(監視カメラでも、どこかに付いてるのかなw)

慌てて、オナニーを続けます。
一時間で終わろうなんて、ごめんなさい。

ご主人様がメールをくれる…
見てくれるのですか///?

そうして、またメールがきます。
きっと、わたしのイき方がイマイチだったんだと思うけれど。。。

「電マ使いなさい」

いやいやいや~~!!

なんて、言えない……
すごくイっちゃうのを分かっているだけに、
心は戸惑います。

でも、急いでお道具箱から、電マを持ってくる。
電マは、ご主人様の前でだけ…
そう決めてあるので、ご主人様に逢うときのためのポーチの中に、
しまったままの電マちゃん。

こそこそ裸で、取り出します。

そうして、
ディルドもアナルプラグもやめて、電マだけでオナニー。
動画の撮影を始めて、
電マのスイッチを入れる…

「あぁぁぁん……やぁ……イクぅ…」

あっという間にイきます。
ご主人様の望み通りに、イきまくるペットに大変身。
潮もふいて、もう、ぐっちゃぐっちゃ……

おまんこがしっかり見えるように…
股を大きく拡げて、動画を撮ります。

気持ちいい…
何度だってイっちゃう…

ご主人様…ご主人様…
イクの止まらない…だめ…潮もふいちゃう……
あぁぁん…

「もっとイけ」
ご主人様からのメール。

もっと……(泣)?
どれだけ、イったらいいの…

動画を何回送ったかわからない。
昼間から大きな声をあげて、イき続けます。

あぁぁ…
やっぱり見られるのが、好き…
ご主人様が見てると思うと、気持ちよさは増して…
感度は上がり、イクのだって止まらなくなります…

はぁはぁ…
ご主人様ぁ…気持ちいいです…
電マ好き……

逢った日のことを思い出し、ご主人様の顔、視線…
思い出していっぱい興奮する…

「アナルプラグとアタッチメント付けなさい」

え……
また、アナルプラグ。。。

アタッチメントも急いで付けます。
もしかしたら…と、
すでにアタッチメントを用意してあるところが、わたしらしいw
どこまでもエッチで、
言わないけれど、、、激しいことを期待してる自分が恥ずかしい…

すでに潮をふいてイきまくったわたしには、
アナルプラグは緩すぎます。。。

それでも気持ちよくて…
アタッチメントをつけた電マ。
おまんこの奥深くまで入れて、スイッチも強くする。

「あぁぁぁん…イイっ…」

気持ちいいだけのアナルプラグをグっと入れて、
抜けないように、床とお尻を密着。

そうすると、感じているアナルに腰が動きます。

どうしよう…
アナルが気持ちいいの…

アナルプラグを感じながら、グイグイと腰を動かす。
あぁっ…アナルでイっちゃう……

アナルでイきたい……

アナル用のディルドでも買おうかと、本当に考えるくらい…
もっと大きいの、アナルに入れたいって思います…

もう、電マの刺激とアナルの気持ちよさで、
はぁはぁ…と、いい続けてイく姿。
激しいけれど、止まらない。

指示されて気持ちよくなって…
ご主人様を妄想して、ハァハァなって…
アナルに感じて、
電マの振動でイきまくるペット。


ご主人様ぁ…
ご主人様のオチンチンがほしい…

触れたいです…
舐めたいです…
入れてもらいたい…


そうして、タイムリミット。

もっとイきたいけれど…
正直、今が一番気持ちのイイ感じだけれど…

予定があるので、
オナニー終了のお願いをします(汗)。

「ごめんなさい。終わってもいいですか?」

「しょうがないから、終わらせてやる」

………
しょうがないから。。。

きゅぅぅぅ.・:.*..・.:*

心が、きゅぅってなる。
気持ちいい…心が気持ちいいって言う。

体の反応とはまた違う、
脳から気持ちよくなる快感が襲う。

コレって、何?
よく分からないけれど…ココに、わたしの快感が詰まっているのが分かる。

ご主人様からの言葉が好き。
嬉しくて、冷たい言葉に、満たされてしまう…

ごめんなさい、オナニーでイク姿をもっと、見せられなくて。
もっともっと、見てもらいたかったです…


わたし、言葉責めが好きってこと?
よく分からないけれど…

最後の一言に物凄い快感を覚え…
さらに体が疼き、イきたくて仕方ない、今なのです。
予定がなければ、そのまま続けたかな…

おまんこの気持ちイイところが疼いてる。
ココ、
弄れば潮をふくところ…が、「擦って…」って疼いてる。

ご主人様の指で、激しく掻き回されたら、、、

はぁぁぁん……

時間も何も考えず、思いっきりしたいです、ご主人様♪
2時間の気持ちオナニーありがとうございましたぁ.・:.*





ありがとうございます。
"ランキング"
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 自慰プレイ | COM(0) | TB(0) |
2012-08-10 (Fri)
ホテルに入った時点で、
ココに居られる時間は3時間も無いくらい。

必死に繋がる(笑)。
少しの時間をも逃さないように…
いっぱいいっぱい、触れ合う。

ご主人様に、クリトリスを弄られる。
また、イきそうになってしまう、わたし。

「あぁぁん…あぁっ…」
感じているわたしに、ご主人様は言いました。

「目を開け」

え…
は、恥ずかしい…

「目を開けて、俺の目を見て」

ダメ…こんな至近距離。
10~20センチの距離で、見つめられるのは、
本当に恥ずかしいです。

わたしは、顔に自信がない。
(まぁ、体型も自信ありませんが…)
だから、顔を見られるのがすごく苦手です。
この頃のわたしは、写メを送るのも、動画を送るのも、
顔を写さずに送っていました。

だって…見られたくない…

「俺の目を見て。目をそらすな」

そうご主人様は言って、
クリトリスを刺激し続けます。

やだ…恥ずかしい…
でも、どうしてか、すごく興奮してる…

「あぁっ…イきそう…いっちゃう…」

そうすると、ご主人様は指の動きを止めました。

「はああぁぁ…」
イクにイケなくて、吐息をもらしてしまうわたし。

そんなわたしの顔を、ジッと見られている。
恥ずかしくて目をそらそうとすると、怒られて。

そして激しくクリトリスを刺激されます。

「はぁぁ…イきたいです…イきたい…んんっ…あぁぁん…」

「ダメ~、イかせない」

ご主人様のニヤっとする顔。
意地悪そうな顔。

指の動きを止められるたびに、
「はぁぁぁん…」
と、わたしは声を漏らします。

「ん?イきたいの?」
「うん…あ、はい…イきたい…」

そう言うと、また激しく刺激される。

「あぁぁっ…イクぅ…」

「ダメぇ~」

「あぁぁんっ……」
もう、わたしは涙目でした。

「お願い…イきたい…」
「ん?何?聞こえない。ちゃんとお願いして」

……
こんな至近距離でお願いなんて…
恥ずかしいです、ご主人様…

でも、体はもう限界で…

「イきたいです…お願いします…イかせてください…」

「…イけ」
今までに無いくらい激しくクリトリスを刺激され、
絶頂を迎えていきます。

「あぁぁぁ…イク…いっちゃうのぉ…」
「ほら、目ぇ見て!!そのままイけ」

「あぁぁぁん…あぁぁ…イクっ…」

ご主人様と目を合わせたまま、
わたしはイかされてしまいました…

恥ずかしい…
大好きな人に、ジーッと見られる。
少し冷たく…何も言わせない空気のご主人様の目に、
イク瞬間を捕らえられる…

見られたくない瞬間を、見られている感じ。
恥ずかしいのに…
ものすごく感じている、わたし…

なに、この気持ちよさ…
今までに味わったことのない、感じ…

「なんか、興奮したなw」
「うん…」

そう言って、少し休憩。
と、まぁ、時間も無いので、すぐに触れ合います…

確か…途中、
オナニーも「見せてごらん」と言われた気がします。
少しだけ、ご主人様の前で、オナニーもしました。
長い時間、オナニーをした記憶は無く、
残っている記憶は、ベッドでオナニーしようとするわたしの姿を、
遠くからご主人様が見ている光景…

その、ご主人様に「見られている」光景だけは、
微かに覚えています。。。


そうしてお風呂に入ろうか?という時に、
ふと、鏡が気になりました。

少しだけ、
鏡の前で、立ちバックの体位になる…

メガネを外しているご主人様…
あぁ…やっぱり、そっくり。

あの、夢枕に立った弟にそっくり過ぎる…
なんとも言えない不思議な感覚になる…

あぁ…変に興奮します…

それは、弟だと思うから、では無くて。
この「運命」を感じさせる感覚に。

デジャヴ?
あれ…何かな…初めてって感じがしない…

まぁ、考えるのはやめよう。

そうして、時計を気にしながら、お風呂へ向かいました。

「タオルあらへんやん!!」
「だから、そんなこと無いってばww!!」

そんな、やり取りをして笑いながら…




ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 初めての、でいと | COM(0) | TB(0) |
2012-08-12 (Sun)
もう、あまり時間が無いからと…
お風呂へ入りました。

ご主人様は手の平で、泡をモコモコに作り…
わたしの体を洗ってくれました。

全身、泡でモコモコ
モコモコにされてる~♪♪

ご主人様って人は、こんなに優しい存在なの?

キュンってする…
嬉しさに、ドキドキしてる。
ご主人様、甘やかし過ぎですよ…


ご主人様は、わたしの想像していた「主従」と言うものを、
とても甘く素敵なものに塗り替えてくれます。

わたしは主従という世界を今まで知りませんでした。
SMプレイ。
痛いことして、嫌とは言えない。ただ、それだけ。
それが主従だと思っていました。
ただ「はい」と言って、言いなりになっているのが主従で。
甘えるようなものは何一つ無い世界なんだと思っていました…

でも、違う気がしてる。
目の前にいるご主人様を見ながら…

そんな苦しくてコワイ世界じゃないんだって、安心します。

大好きな…大切な人。
そんな素敵なご主人様の思うままに、構ってもらえる…

もしかして、
とても気持ちのイイ世界なのかな…


そして、モコモコの体を、
ご主人様に洗い流してもらいます♪

お風呂を出てから、
ベッドで横になり…あとココに居られる時間は、
30分も無いくらい。

考えると、寂しい。

そして、正常位で再び繋がります。
普通に、求め合う。
逢えたことを噛みしめながら…
いっぱい繋がります。

ご主人様も気持ち良くなり、
「イキそうだ…イクぞ」

あ…気持ちいい時の表情って、
こんな表情になるんだ…

そんな表情を知れたことも嬉しい…

ご主人様の精子を、口で受け止めます。
でも…飲んでいません。。。
飲むのがすごく苦手なのです…
お腹壊しちゃった経験があり、それがトラウマ…

今回は、すぐ帰る予定もあったし、
何より、一回目のデイトだったこともあり、
ご主人様が広げてくれたティッシュの上に、出しちゃいました。

「ごめんなさい…」

「ええよ。お腹痛くなるんやろ?」

「うん…」

この時はお互い、
逢えたことが嬉しくて…
本当に普通にお話をして、求め合いました。

そして、帰る支度をします…


遅い時間だというのに、
あれだけ逢えないかもって言っていたくらいなのに、
帰りの見送りをしてくれるようで、驚きました。

方向オンチなわたしを心配してか(笑)、
電車も一緒に乗ってくれます。

あと少しでバイバイ。
そんなの寂しい…
って、電車の中でご主人様を見続けるわたし。

「穴開くっちゅーねん!!」

(笑)。

「開かない、開かない。だからいっぱい見つめるの
「アホか!ほら、穴開くわ」
「開かないもん!!もうすぐバイバイだし、見ておかなきゃ、時間が勿体無い!」
「何だ、ソレw」

ご主人様を、ずっと見る。
ふふん♪
照れてる…(笑)。

あぁ…ほんとに大好き。
一回逢って終わりにしようなんて…
今では、考えられないや。

逢ってよかった。
こんなに「想える」ことの喜びを知って。
こんな幸せな気持ちを教えてもらった。

これからも、離れず傍にいたいです…


ご主人様は、
新幹線の改札口まで来てくれました。

もう…帰らなきゃいけない…
やだ…帰りたくないよ…

「離れたくない(泣)」
「また会えるから大丈夫や」

と、ナデナデされます。

「でもでも…」
「ほら…早くしないと、乗り遅れるぞ」

「だって…(泣)。次いつ逢えるか分からないじゃん」
「会えるしww会うしww
 な?今日だって無理だと思ってたけど会えたんだから、きっとまた会える」

「うん(泣)」
「もう、泣くなや」

「だって~。。。だって…」
「離さへんから、安心し」
!!!!
「彼女さんたちにも同じこと言ってるでしょ~!!!」

「あ…言ったこと無いわww」

え?そうなの?ご主人様…

「ほんと?」
「あぁ、言ったことない。まひろのことは、離さへんよ」

ぎゅってされます。
その言葉、信じていい?
わたしは、彼女さんたちとは違うって…信じていい?

「離さない、ね。うん…」

ちゅっ…
(*・д・)

ふいに、キスされました。

そうしたら、ご主人様、
「恥ずかしいわ!!」

ふふ♪
人いっぱいだもんね。
恥ずかしいけど…嬉しい。その気持ちが。

「ほら…ほんまに行き」
「うん…またね。また絶対に逢えるよね?」
「あぁ、大丈夫だ」

そうして、バイバイしました。
見えなくなるまで、手を振り続けて…
少しの涙を拭いながら…

今日、逢えたことに、
いっぱいの幸せを感じて新幹線に乗ります。


ありがとう。
逢えて、顔見て、肌触れて…
今までに感じたことの無い切ない気持ちと、愛しい気持ちを知れた今日。

逢えたことに感謝します…
やっぱり、逢ってよかったよ、逢えてよかった…


新幹線の中でもメールを続け、

結局、電車を乗り継いで帰ったご主人様と、
タクシーまで使って帰ったわたしは、

ほぼ、同じ時間に、お互い自宅へ着きました.・:.*


.・:.*..・.:*.・:.*..・.:*

そうして数日後には、
「会ってから、支配欲が強くなってるw抑えないと」
「ううん、抑えなくていいよ」

「ほんま?じゃぁ、これからもっとハードにいくよ」
「ハードか…大丈夫かな。頑張ります」

「まひろなら大丈夫や。ほんとにキツかったら言って」

そうやって、
わたしたちの、わたしたちなりの主従が始まっていくのでした






ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 初めての、でいと | COM(0) | TB(0) |
2012-08-13 (Mon)
安定してくると、SNSを必要としない、わたし。
そっと、それでも呟きの確認にログインします。

「今日で夏休み、終わり……」

そのご主人様の一言に、
なんだか、いろいろな感情が溢れ、

思わずメールを打ち出しました。

でも、言葉がうまく見つかりません。

「大丈夫?」「大丈夫だよ!!」「頑張ってね」

全部、違う気がしたから…
言葉が見つかりませんでした。

でも、変に心配だけはする。
どうしてか、気になるの。

だから、
わたしの想いを、
キラキラとした絵文字に代えて贈りました。

キラキラキラ~.・:.*..・.:*

それは、
重い腰を上げるための、
本当に小さくていいから、助けになりたくて…

別にわたしが、元気なテンションな訳ではなくて、
頑張ってね!なんて思わなくて、
頑張らなくていいからね、くらいの気持ちで。

気休めになればと、
ふと、贈りたくなった気持ち。

言葉に出来ない、気持ちがあります。
この心がそのまま、ご主人様に届いたらいいのに…

この心をそのまま、
見てもらえたら…いいのにね。

心の蓋をパカっと開いたら、
「ご主人様の隣にいますよ~」って、
ウザいくらいの、いっぱいの好きが溢れるだけですけどw♪



今もまだ、うまく言葉は見つかりません。。。

それでも、想う。
あなたの心の痛みは半分こしたくて、元気は一緒に増やしたい。

やっぱり、
笑っていて欲しくて…
こころ、穏やかでいて欲しくて…

そう、毎日願います…

どんな日も、それが変わることはなくて。

やっぱり、大好きで大好きで…
いっぱいの気持ちで溢れていくの。


どうか、眠れていますように、と。
イイ夢を見られていますようにと…願います。

わたしは、ほぼ毎日、
ご主人様の夢を見ているから…幸せです(笑)

だって、日々の、エッチなお話も、楽しい空気も、
いっぱい幸せの材料になっていて…
夢を見ない訳がありません♪

感謝でいっぱいです、あーくん.・:.*



ほんと、こんなに言葉が出ないことってあるんだね。
表現のしようが無い、複雑なこころ。


ご主人様…
覚えていますか?

あと、2週間です…
もし、それが少しの励みになるなら、
プレゼント忘れずに、持っていきますから♪、
ゆっくりと、過ごしてくださいね。


写メも、動画も、送りますからね(`・ω・´)


生意気かなぁ……
ごめんなさい、ご主人様。
心配性のペットでww




ありがとうございます。
"ランキング"
にほんブログ村恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 日記 | COM(0) | TB(0) |
2012-08-15 (Wed)
先週の土曜日は、大好きな先輩(♀)とデートしてきました


忙しい上に、近くに住んでいない先輩と、
2人でゆっくり過ごすのは初めてのこと。
かなりドキドキしていました。

朝早くからご主人様にメール♪
わたしが先輩を尊敬し大好きでいることを知っているご主人様は、
「ルンルンやなw」とお返事をくれます。
「今からお迎えに行くの♪」と先輩と合流します。

先輩…もう、大好きです。
とっても素敵な先輩は、わたしにとって手の届かないような…そんな存在。
二人で逢えるだけで、嬉しさでいっぱいです。
車で迎えに行き、わたしの車に乗ってもらえること。
わたしの運転で移動できること。
車という密室に一緒に居られるだけで嬉しくて。。。

「まひろちゃん、髪イイ香り。何使ってるの?」
あ…ご主人様と同じこと、言うんだなぁ
いろいろな意味で嬉しくなります。

「まひろちゃんといると、楽だねぇ」
ほんと…ですかっ!?
すっごく嬉しいです。
お疲れの日々を、少しは癒せるかなぁ♪

そして、ご飯を一緒にさせてもらいました。
用事を済ませ、駅近くの飲食店に入ります。

しばらくの時間開いていなかった携帯。
ご主人様からのメールに気付きます。

「パイパン綺麗か見てもらえばw?」
え…///
何、言うんですか…ご主人様。。。

と思いながらも、そのメールを先輩に見てもらいます。

そう…先輩はわたしとご主人様のことを知っています。
そしてエッチで意地悪な先輩。

先輩はわたしの携帯を手に取り、わたしのご主人様にメールを返します。
何を送ったのか知らないまま携帯を返されました。
後から確認すると「じゃぁ、チェックしちゃおうかな♪参加する?」

そして、ご主人様は、
「二人でイかせまくりますか♪」

(*・д・)
なに、この3Pな感じ…
でも、興奮と…ちょっと期待してる、わたしw

先輩がさらに
「今日のところは軽くいたぶっておきます。バーチャルでお楽しみください♪」

「映像配信お願いしますw」

ご主人様と先輩の、そんなやり取り。

その時に「化粧室行ってくるね」と化粧室へ行かれた先輩。
戻ってきて、
「あら、残念。個室が一つしか無い。もっとあれば借りて、イジめてあげたのに

えっ…
何を言ってるんですか///

「ねぇ…写真撮ってあげる。
 そこで脚拡げてさ…」

あのっ…
ここ、飲食店ですよ。

静かで落ち着いた雰囲気。

お客さんは少ないけど…店員さんから丸見えですって……

と、
考えたら今日はスカートじゃない。

「わたし今日、キュロットだから…」

「なぁんだ、つまんない」

「ごめんなさい…こうなるって分かっていたらスカート穿いてきたのに…」

「あれぇ?想像してなかったのぉ?こうなるかもって…」

え…え…
だって先輩に、そんなことしてもらえるなんて…
嬉しいけど、現実あり得ないって思っていたから…

わたしは、先輩が好き。
女性の中で、先輩は…わたしにとって特別な存在。

人として大好きで、
偶然、同じ趣味なだけ。

「まさか、してもらえるとか思っていなかったです…」
「ふぅん(笑)
 ご主人様に報告できないね?」

「あ…うん。。。残念で…〇△×。。。」

「え?何?聞こえない。
 ほらぁ…ちゃんと言えないのぉ?」
と、目をジッと見つめられて、甘く言われる。

……先輩っ。
そういう言い方は、わたし…弱いから…

と、恥ずかしくなっていると、

「面白い(笑)。イジメたくなるよねぇ、まひろちゃん…」

////

ご飯を食べます。
普通に。

そして勿論、少食のわたしがお腹いっぱいにしていると、
「残り、ちょうだい?」

あ…また食べてもらえるんだ…
わたしが残したもの、食べてくれる…嬉しさと変な興奮。。。
「あ…汚いですよ。いいんですか?」
「どうして?好きな子が残したものは汚くないよ。美味しいよぉ

パクリと食べてる。わたしの口を付けたものまで…
その口元に目をやり…

あーあ。
間接キスよりも…その唇に触れたいと思う。。。

「そういえば、まひろちゃん、前にも同じこと言ったよね?」
「あぁ、はい。嬉しいんです。自分の食べ残しなんて綺麗じゃないのに。
 それに口を付けてもらえる。汚くないよって…食べてもらえるだけで、変に興奮するんです」

「Mだ(笑)」

うん…そうだと思います。。。

そして、
楽しく、いろいろお話をしました。

「ロープとか蝋燭とか、いいよね」と先輩。
「わたしは、縄に興味ありますね…」

「縛ってあげようか?」
「え…ほんとですか?」
「縛ってほしい?」

接近されて見つめられて、そう聞かれる。

////
モジモジする。

先輩の…甘い声で発する言葉は、わたしのエッチで甘えたい心を、くすぐる。

目を見て、甘く言う…

「どうしたの?嫌なのぉ?」

「嫌じゃない…」
恥ずかしがりながらも悦ぶ顔を見せられなくて、
顔を隠すしかないわたし。

「顔隠して、どうしたの?」
「いや…ニマニマしてる顔を見せられない」

「ふぅん(笑)。ニマニマしてるんだぁ(笑)

はぁぁ…
もう、困ります。

そんな甘く言わないで…

.・:.*..・.:*

いつかご主人様の前で、レズプレイを見せる。

レズ好きのご主人様の願いでもありました。
主従を結んだばかりの頃に、そんなお話をしたことがあります。

わたしは、正直、女の子も好き。
女の子と体の関係を持ったことは無いけれど、興味は勿論ありました。

でも…ご主人様の前で?
もしかしたら、その女の子がご主人様と絡むこともあるかもしれないじゃない…

ヤキモチ妬きのわたしは、当然、とても苦しくなりました。
ご主人様の指示ならば、拒否は出来ないけれど…
でも、それで自分が崩れていくのは…堪えられない。

もしも、ご主人様の前でレズプレイを見せるならば、
絶対に、信頼置ける相手じゃなきゃ。
わたしが、絶対信頼を置ける人…

先輩…?

いや、そんな雲の上のような…
素敵な大好きな先輩に、お願いできないよね…

でもずっと、恋愛感情にも近い、体の関係を持ってもいいくらいの、
想いがありました。

先輩になら、信頼がある。
それに、もしも先輩がご主人様と触れ合ったとしても…
どうしてかな…泣いたとしても、ただ、興奮するだけに決まってる。

先輩に意地悪されるのも、好き。
(ご主人様、ごめんなさい…)

精神的に追い詰められるの、嫌いじゃない。
2人に、追い詰められたら…興奮しますよ、絶対。

だから、先輩だったら…
許せるというか、興奮材料になってしまうの…

先輩になら、ご主人様の前でのレズプレイをお願いできる…
ご主人様…喜んでくれるかな…
でも、そんなこと先輩に言って、嫌われないかな(泣)?

そして勇気を出して、打ち明けて、告白したことがありました。

もうずっと前だけれど、先輩にお願いしました。

「わたしをご主人様の前で、抱いてください…」

わたしにとって先輩は、大切な存在です。
ご主人様への想いとは全然違う。

でも、大切な人。

ヤキモチ妬きのわたしが、ご主人様の前に、
他の女性を連れていくなんて…考えられなかった。

でも、先輩なら安心してる。
それは、絶対の信頼があるから。


先輩から返された言葉は覚えていないけれど、
喜びのお返事をもらったことは覚えてる。

.・:.*..・.:*

先輩、エッチなことが本当に好き。

「ねぇ、まひろちゃん…次会う時は、夜にゆっくりしてあげる。
 ね?2人で一晩過ごそう?」

「でもわたし…女の子相手でもエッチはご主人様の前だけって約束が…」

ご主人様との決まり。

わたしはご主人様以外の男性には絶対に触れない。
(まず有り得ませんがw)

でも女性はOKもらっていて…
でもご主人様がいない場所では、キスまで。
そう約束しています。

「ライブ中継すればいいじゃない。スカイプとかで見せればいいでしょ?」

「いや…駄目ですよ…きっと目の前でって言われます」

「じゃあ…3人で会おうか。目の前で縛ってあげる。
 いつにする?予定合わせるから、予定立てて」

あ…え…
ヤバい。

嬉し、過ぎる///

大好きな人、2人と…エッチなこと出来るの…

大好きなご主人様と、大好きな先輩…
2人と。。。

どうしよ………


濡れっぱなしだ…
何よりも、ご主人様が興奮してくれるかもって思うと…

嬉しくて嬉しくて…

「秋くらいには、会えそうじゃない?」

そんな!!…心の準備があるんですってば…
でも…秋か。。。
計画立てちゃおうかなw♪

ご主人様と先輩、2人の予定を聞きながら、調整させてもらって…
プラン立てできることに、悦びながら…妄想しつつ、

先輩とは、本当に楽しい時間を過ごしました。
時々、意地悪なことを言われながらも、
真面目なお話も、たくさんしました。
幸せです

たくさんのお話をして、さようならの時間になりました。

さよならする時…

「個室使えたら、2~3回、イかせてあげたのに…
と耳元で囁かれます。

えっ……

ギュッてされる。
駅の中。
たくさんの人の中。

「まひろタン、いい子いい子~」
と小さい子を甘やかすような口調で言いながら、
頭を撫でられて、抱きしめられる。

「恥ずかしい?」
「いえ、嬉しいです…」
「そう

そうして本当にバイバイする。

「まひろちゃん、おいで
手を広げられたので、迷わずハグします。

気持ちいいw


大好きです。
尊敬している大切な先輩。

今日は、一緒にお食事できて嬉しかったです。
ご馳走様でした.・:.*
お揃いのシュシュもプレゼントに貰い、本当に嬉しかったです。


さようなら、また会いましょう♪
そして、お仕事いってらっしゃい。

見送りながら、
改札口の奥、登りのエスカレーターに乗る先輩を、見続ける。

ミニスカートだったから!!!
見えそうで、興奮してましたww


今年中に、3人で……叶うかなぁ.・:.*





ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2012-08-16 (Thu)
ご主人様…
あなたに出逢えて、本当に幸せ.・:.*

今日は、心がいっぱい満たされています。
それは、とても素敵な言葉をもらえたから…

泣きそうな心に、
いっぱいの愛情を注いでくれる。

うまく言葉にできないけれど、
言いようのない安心感と、
あーくんのペットになれて、本当に幸せだって…
感謝で涙ばっかり流れてくるの。

わたしの心を追い詰めて、
そして救い上げて、気持ちのイイ感情をいっぱい注いでくれる。

そんなに好きにさせて、
どうするの(笑)。

ズルイ…ww

.・:.*..・.:*

昨日はご主人様といっぱいメールしました。

夕方から、夜寝る時間まで…ずっとしていました

わたしの、おっぱいの話をw

わたしの胸は、小さい。はい。。。
元々は、Aカップ。いや、AA。
今はCカップ。
(ご主人様に言わせれば、Aカップなんでしょww)

でも、ご主人様の好みは、大きな胸。
それが、ずっとずっと引っ掛かっていました。

ご主人様の好みを知ってから、
おっぱい体操を始め(笑)、
胸に良いと…苦手な豆乳を、毎日飲んでいたりします♪

今は、少しでもご主人様が喜んでくれたらいいな♪って気持ちから
毎日、おっぱい揉んでルンルンしてます♪

でも、少し前のわたしは…
嫌われないように、と。
捨てられないように…、と。

必死の思いで、やっていた、バストアップ。

昨日、下着屋さんでサイズを測り直し、
ご主人様にメールで、ルンルンと、
「B~Cカップって言われていたのが、C~Dカップって言われた
と伝えると、

「はかり間違いか、店員さんが気を遣ってくれたんじゃねw」
と。

もぅ~!!!!
ヾ(`Д´)ノ

そんなこと、無いもん。。。
しゅん…

心はいっぱいの、涙色。

頑張っても頑張っても、どうにもならない容姿。
ご主人様に気に入ってもらいたくて…
褒めてもらいたくって…
認めてもらいたくて?

頑張っている毎日の心に、雨が降りそうなくらいの雲がかかる。

笑いながら冗談を言い合う。

「偽物Cカップww」

ご主人様、ひどいひどい~!!!
そんなこと無いもん…大きなパット入れているのは左だけだもん!!
(偽物じゃんwww)

そう、メールしながら、
やっぱり、ちょっと涙色。

分かってる。
いつものPMSが原因だって…
生理前は、情緒不安定。
流せる言葉が流せず、不安ばかり膨らんでいくの。

そうして、
「少しでもあーくんの好みに近付きたい」
なんて、言ってみる。

ご主人様は、好みを教えてくれる。
お気に入り?の女の子(アイドルか何かですかw?素人ですかww?)の写真を添付して。

なに、この可愛い子。
敵うわけないじゃん。。。

心の雨は、もう、どしゃ降り。

こんなに可愛くないよ。
30には見られない自信はあるけどw、さすがにこんな童顔じゃない。
おっぱいは、豊胸でもしなきゃ、こんなにならないって…

そう心でつぶやきながら、
聞いたら痛い思いをするのを分かっていて、聞いちゃう。
「わたしは、どこまで当てはまってる?」

「さて、どうかなwww」

うん。教えてもらえる訳が無い…w

そんな簡単には甘やかさないwって言われたけど、
でも、どしゃ降りの心の雨は、豪雨になっていて。
自信をなくす。
必要とされなくなったら、どうしようって…不安で崩れていく。

いっつも思うの。
ご主人様はわたしの心を、追い込んでいく。
ほんと、プレイじゃないところで?、
心を痛めつけていく(笑)。
(このSっぷりが、何だかんだ言って好きなんですけど///)

どうしたら、こんな可愛くなれるのかな…
整形でもするか、豊胸するか…
そうしたら、もっと好きになってもらえるの?
そうしたら…捨てられない?

あぁ…悪い考え方してる。。。

ご主人様からメールが届きます。

「必要ちゃうかったら、とっくに捨ててるww」

ホッとする…

いや、いつもの元気なわたしなら、
「めちゃめちゃ愛してるから離さんわ!!」
くらいに脳内変換するんですけどね

そっか…彼女さんも必要だから、手離してないんだ。。。
とか、要らんことまで考える始末(笑)。
もう、末期状態。
心は、豪雨で土砂崩れを起こしていました。

そうして、ご主人様からのメールが終わり、おやすみの時間。
寝ようって思っても、
さっきご主人様にもらった女の子の写真が頭から離れない。

もっと、可愛く生まれたらよかった…
もっと、おっぱい大きく育てばよかった…

コンプレックスとトラウマが重なって大変w
なんて、おやすみメールを打ちながら、

ぼろぼろ泣いて。

大丈夫だよね…
心では分かっているの、大丈夫だって…

あーくんは、わたしのこと、
きっと大切に想ってくれていて…
容姿だけで、動いたりしないよ。

ペットはわたししか居なくて。
そのペットを、とっても可愛く思ってくれているはず。

だって、もし、
わたしの目の前に、好みの男性が現れたら?
その人が、理想のSだったら?
わたしは、そっちを選ぶの?

ううん…きっと無理。
あーくんしか、考えられないもの。

心がこんなに、キュンってして…満たされるの。
分からないけどね、すっごく嬉しくなったり、笑顔になれたり、
想うだけで、愛しい気持ちでいっぱいになるの、
あーくんしか居ないの。

もちろん、揺れ動くし、不安にもなるけれど…
それは、好きな気持ちが大きくて…
大切だからこそ。

誰でもいい訳はなくて。
容姿や好みだけで、動くとか…そんな軽いものじゃない。


眠りました。
意外と、眠れました。

目が覚めたら、意外と元気な自分に落ち着いて。
ご主人様に、メールします。

「おはよう。寝たら、元気でたw」

お返事が、きました。


「そんなコンプレックスとかトラウマとか、俺の前ではいらんねん。
 俺の前では、飾らないありのままの まひろでいなさい」

ぶわぁぁぁって…
止め処なく、涙が溢れた。

よく分からない、この感情…
なんか、すごい、心が、ぶわぁぁぁって…

すごく大切な気持ちのイイ心が、溢れていくの…

このわたしで、いいの?
このわたしで、居ていいの?

もちろん頑張るけど…
無理しなくても…
それでも、受け止めてくれるの?
必要としていてくれるの?

嬉しい気持ちだけど、それだけじゃない。
そんな簡単な言葉じゃないような…

不思議な気持ちがいっぱいで、
涙ばかりが流れていく。


今日は、ずっと泣いている。
嬉し過ぎて…心、満たされて。

ご主人様の好きなバンドのアルバム聴きながら、
切ないラブソングに、また涙してみたり…(笑)。

.・:.*..・.:*

晴れた心に、雨が降ってるよ。

あーくん…
虹、かかってる感じがする.・:.*


この虹の先は、あーくんの心に繋がってる?

だってね…
いっぱい満たされてるの。

だから虹の先には、あーくんがいて。
いっぱいの心を贈ってくれているんだって思う.・:.*

きっと、あーくんに言ってもらったから(涙)。
とても大好きで大切な人に言ってもらったから、
こんなに、気持ちの良い感覚が溢れていくんだね。


好き.・:.*

大好き。大切。愛しい。
不思議(笑)。


あーくん、
わたしも、同じ気持ちでいるからね。

ありのままの、あーくんが好き。
丸ごと、大好き。

ヤキモチだけは妬くけれどw、
でも、そのままの、あなたで居て欲しくて。
笑いも、悲しみも、涙も…欲求も、
そのままでいてください。

どんなあなたでも、まるごと好き。
大切で…愛しくて。

あなたの言葉に、
心も体も、いっぱい反応して濡らしていくの。

あーくんだから、感じる。
あーくんのペットで、居られる悦び。

ありがとう…
わたしを、わたしで受け止めてくれたこと。


今日からも毎日、おっぱい揉むねw
だから、一週間後…確かめてください
(小さいって言わないでくださいよww)





ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| わたしの心 | COM(0) | TB(0) |
2012-08-18 (Sat)
少し前に、
安定してくると、きっと更新が減るんだろうなって、
書いたことがありますが…

その通りのような(笑)。

書きたいこと、過去のデイトのお話とか…まだあるのですが、
お仕事が忙しかったせいもあるけれど…
ご主人様と毎日メールをさせてもらって、
幸せに、ただ、過ごしていました♪

一昨日かな?
一昨日は…デコメ責めに合っていました(泣)。

わたしの携帯は、本当に使い辛い。
デコメのやり辛い機種なんですが…
ご主人様は、軽々と、いつも絵文字たっぷり、デコメ送ってくれます。

可愛い絵文字のみのメールが始まり…

そのお返しは、やっぱり絵文字を入れてみようと、
物凄い、二度手間になるデコメを、必死に操作。

やっと、送っても…

ご主人様は、またすぐに、
軽々と、デコデコ可愛い絵文字とか送ってくる…

キィィ~~~~!!!
って、なりながら、ありったけのデコパーツを送ってやりましたw

意地悪なご主人様
そんな、ご主人様も好きです


でも、何よりも嬉しかったのは…
そんなメールを終えて、仕事をしたあとに、
おやすみのメールを深夜3時頃にしたら、
すぐにお返事がきたこと.・:.*

デコメでww

でも、寝るタイミングが重なったこと…
「おやすみ」って、何度か言い合えたことが、
わたしの心を、温かくしてくれる…

きゅんって、するの….・:.*..・.:*

たとえ、
デコデコメールでもww


オンのご主人様の冷たさや、絶対の強さ。
それは、わたしの脳をいつも犯して、気持ちよくする…

でも、それだけじゃない。
ただ笑いながら過ごす日も、とっても幸せ♪

大切な人がいる、毎日。
それだけで、幸せ。

ご主人様が笑ってくれると、とっても嬉しい。
ご主人様の心が、いつでも晴れていたらいいなって思うから♪


主従って、深いんだろうなって…
今、改めて思っているんです。

心の繋がりなんだって…思います。

逢えない毎日なのに、
こんなに近くに感じて…こんなに満たされて、
まるで、ずっと隣にいるような、そんな錯覚まで起こしそうなくらいの、
心の安心と、距離。

ふわふわして…
笑顔が溢れて…

ありがとうで、いっぱいになります。

逢ってもいないし、電話もしないから声だって聴いていないのに…
想うだけで、満たされてしまう…

こんなに愛しいご主人様の、ペットのわたし。
幸せです。
あなたを想える、毎日が。

どうか、メールの無い今も、
少しでもハッピーで過ごせていますように…
そう、そっと、願います.・:.*


そろそろ、
ドキドキ始めてもいいかなぁ。

カウントダウン、始めちゃおうかなぁ…

今までで最短。
前回から2ヶ月での…でいとが、叶いそうです。
今回はわたしのお仕事に合わせて♪

だから日付は少し前に確定し…生理に重なります(泣)。
でも、いいんですよ。

なんだろう…
ご主人様となら、何でもアリで。
何でも気持ちよくなれる気がするから…

一緒にお話をするだけになっても、
その時間を共に過ごせるだけで、嬉しい。
と、生理だからって、そんな気持ちでいたら、叱られちゃうかな…

生理に男性と関わること、無かったので…
未知なんですよね。。。

今はただ、一日でも早く生理が来ますようにと、
必死に過ごしています(笑)。

どうなろうと、
想い溢れるデイトの一つに、なっていくはず…

なかなか逢えないご主人様。
逢えるだけで…顔見れて、声聴けるだけで、
またきっと…たくさんの幸せを感じてしまうと思います///

どんなお洋服に、しようかな♪






ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 日記 | COM(0) | TB(0) |
2012-08-20 (Mon)
今日は…
とっても、とっても嬉しいことがありました。

それは、
ご主人様が、写メを、送ってくれたこと…
本当に久しぶりの、写真。

ご主人様の姿を見られたこと。
今日の服装を知れたこと。

何よりも…
送ってくれた気持ちが嬉しくて。
物凄く、幸せな気持ちになりました。

ご主人様ぁ…
見ているだけで、興奮します。。。

先日、ご主人様が旅行に行った時、お洋服を買ったことをSNSで知りました。
その時に、着ている姿を写メでくださいと、
おねだりをしてありました(笑)。

そのときには、「写メ撮る暇がない」ってお返事をくれて。
まさか…まさか、です。
その服を着たご主人様の写メを送ってもらえるなんて……

カッコいい。。。
大好きです、本当に…

嬉し過ぎて、
メールに気付いた瞬間に、
外出先だったから、速攻でトイレに!!!

パシャ。
と、全身撮影

偶然にも今日は、オシャレしたこともあり、写真送ろうと考えていたので♪、
テンションはマックス。

ご主人様…見てください♪
今日のまひろですよ~♪♪

ピンクのチェック柄のワンピース姿。
ミニスカートで可愛い服なんです♪

と、人が来たぁぁ!!
って、今度は個室に入り、デニムの上着を脱いで、
少しセクシー?なポーズで、

パシャ。

ご主人様に写真のお返しです


幸せ
ご主人様…大好きですっ。

休日でも、ご主人様をいっぱい感じられる。
毎日、ご主人様を想えること…嬉しいです。



ですが、、、

夜に、いや、さっき、
お返事が来ました。

「ノーパンなんだろうな?」

あ……
ちがう。。。

どうしよう(泣)。
生理前で…外出先だったから…

慌てて、素直に謝りました。

そして………、お叱りを受けました。

どうして、理由を話して許可を取らなかったのか、と。
勝手な判断は、言うことを守ってないって事だ、と。

ペットの自覚があるのか、と。。。


その通りで(泣)。
謝りのメールをしましたが、お返事はありません。。。



ご主人様…ごめんなさい。
勝手に判断しました。

許可や報告が足りなかったこと、
言われて気付いて…ペットとして、恥ずかしく思っています。

そして、
そんな状況の今に、
少し、喜んでいる自分…
ごめんなさい。叱られたのに、喜んでいる。。。

ご主人様、そんなに細かく、管理をしてもらえるのですか?
そんなに沢山、毎日、許可や報告のメールをしてもいいのですか?

そんなに、管理、支配、してくれるんですか(涙)?

素直に嬉しくて…涙が出そう。。。
ありがとうございます、ご主人様。
気持ちよくなっている自分が、恥ずかしいです…

こんな毎日が、嬉しいのです。
もちろん、今は反省の気持ちもいっぱいですけど(泣)。。。
お返事が無いということは、怒っているから…?

どうしよう…
デイトまで、あと数日という状況で、
この事態。

自覚、あります。
ご主人様の、ペットの自覚、あります(泣)。
ごめんなさい…ごめんなさい…


どうしようって、涙が出てくる……
心配、不安…
何よりも、申し訳ない気持ちがいっぱいです。

許可も得ず、パンツ穿いて、
ごめんなさい…ご主人様。






ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 日記 | COM(0) | TB(0) |
2012-08-21 (Tue)
昨日は、ご主人様に叱られて…
許可を得ずに勝手に下着を穿いてしまったことを、
謝り続けました。

ご主人様からお返事が無かったのは、寝ていたからのようで…
朝も若干、パニック気味で、メールをしてしまいましたが、
朝のお返事で、寝ていたことを教えてもらい、一安心でいました。

やっぱり、ご主人様が眠れていること…
それを知れるだけで、とっても幸せな気持ちと安心でいっぱいになります。

ご主人様….・:.*

と、ご主人様がお仕事の間は、メールは来ないので、
わたしから、何通かのメール。

写メや、伝えたいことなどをメールしながら、
もうすぐ逢えることを妄想して…ルンルンしていたわたしに、

夕方、ご主人様からメールが届きます。

「何かバツを与えてやらないとな」

あ……
ですよね。。。

今回の件については、自分でも大きく反省をしていました。
罰を受けて当然なんだと思ったし、受けたいと…思いました。

「罰をください」
そう、お返事をしていました。


そうして、全てが動き始めた……


今日のご主人様は、ずっとオン。
この張り詰めた空気に、わたしの緊張は高まります。

コンビニでフリスク買ってくるように指示されます。
何をするのか、想像がつく…
状況的には、少し難しいけれど、コンビニに行って目的のものを購入します。

食事の時間は、許されました。
食事が終わったら、メールしてこい、と。
ご主人様は最初、わたしの夕食のことを、「エサを食べてるか?」と、
「エサ」と表現しました。。。

エサ…ペットですから…わたし、ペットですね…

表現一つで、堕とすの、やめてください…
ゾクっとする、この心。

そうして、食事を終わらせて、家事をこなしつつ。。。
ご主人様からのバツを受ける。
フリスクを噛み砕いて、それをクリトリスと膣内に塗り込め…と。

痛い…ですよね?

前に、「歯磨き粉をクリに塗ってごらん」と言われ、
その時は、少しの痛みに、気持ちよさが溢れました…

フリスクって、痛い…はずだ、絶対。

案の定、物凄く痛く、
泣きそうになります…

でも、時間が経てば、やっぱり気持ちよくなってる…
はぁぁ…感じてるのかな、わたし…

と、そこに更なる指示がきます。
「氷を膣の中に入れろ」

やだ…(言ってません)
絶対に、ヒリヒリする…

と言って、やらないなんてことは無くて。
氷を、おまんこの中に入れる、前に、フリスクの余韻。
氷が触れた瞬間に…
痛い…痛すぎます(泣)。。。
声が漏れそうになるのを、必死に堪えて…
氷を入れると…入れてしまえば、気持ちよくなる。

そうして、おまんこの熱で、
あっという間に溶けてゆく氷を感じながら、恥ずかしくなりました…

すべて、メールで報告します。
写真も交えながら。

これで、今日のバツは終わり、
でも…

「会ったときは、あのブログのようにしてやろうか?」

ご主人様が読んだ、奴隷さんのブログ。
わたしも読んでありました。

え…待って。待ってください…そんなこと…!?

パニックになる。
だって、その内容は、わたしの主従の想定外のような…
苦痛が伴うものだったから…

想定外というより…
あまりに急な展開、みたいな。

そんな、今までに経験の無いことばかり、ですよ…
それを、会った時って、あと数日。。。

どうして、今このタイミングで、
逢う予定が重なってしまってるの(泣)。。。

このタイミングでミスをした自分を責めた。
わたしの、バカっ。。。

デイトは今まで、いつも甘くって…
ご主人様に逢えるまで、ドキドキの幸せで溢れているものだったはず…

こわい。。。
本当に、そんな「調教」のようなことを、
しかも、あれだけのこと、したりしませんよね…
わたし、付いていける?
ご主人様に、付いていけるかな(泣)。

「本気ですか…?」
思わず聞いてしまいました。

「本気だ。」

………
どうしよう。

どうしようと思っても、これを「罰」だと思うと、
当然ですね、と思う自分がいて。

気持ちよく無く。
痛く苦しいから、罰なんだって…
そうして、もうミスをしないように覚えさせるために。

そう思ったら、理解できるんですが…

でも、不安。
だって、リアル調教が、初めてだから。

いつも、少しのSM?
いや、セックスをして求め合って重なって。
優しく笑ってくれる、あーくんが居て。。。

今回は、完全に、調教モードのご主人様に、
ビクビクしていないと言ったら、嘘になります。

冷たいご主人様。
泣き崩れる、わたし。

どちらも、初めての姿だから、不安で当然なんです。

堕ちる自分を見るのもこわく、それで感じてしまう自分がいたら、
もっとこわく…

ご主人様を前にして、見られて、感じないわけない…

でも、ご主人様は、ありのままでいなさいって、
言ってくれていたから、そんなわたしでも、汚いとか、思わないのかな…

不安な気持ちを伝えました。
そして、ご褒美…
頑張ったら、楽しい時間もあるのか聞いてみました。

「頑張れたらな…」

頑張れるかな(泣)。
いや、頑張りますけど!!でも、今のご主人様の空気じゃ、
そんなものが存在するなんて思えなくて…
怯えています、わたし。

罰を受けるんだもん…
こわいに決まってる。
甘くないのかな…

「こわいです」と伝えると、
何がこわいか聞かれます。

気持ちを全部、伝えていく…

でも今考えて思うのは、きっと一番こわいのは、
わたしたちの関係が…何か、変わってしまうことは無いのか、ということ。

今までのような、甘い時間も、笑う時間も、
全部無くなって、
こんな張り詰めただけの関係になっていくのかな…
(よし、メールしてみますw)

深くなっていきたいです…
でも、今までのような空気だって…欲しい。
欲しがったら駄目ですか、ご主人様…(泣)。

頑張ったら、ヨシヨシしてくれるかな…
頑張ろう。

可愛いペットだと、笑ってもらえるように、
絶対に、罰を受け止めてみせます!!

偶然にも、お道具の準備で、
拘束グッズを買うように言われていて…明日辺りに届きます。

偶然?
この罰を知っていたかのように…
口枷とか…調教のために買い揃えるようなものが、届きます。

全部、使うことになったら、どうしましょう…

今はただ、いっぱい考えます。
頭の中で。
ドキドキしない自分。

きゅん.・:.*って、するわけなく…

きゅうぅぅぅ…ってなる感じ。

ご主人様からの深夜のメール。
「極限まで追い込んで、何をされても、尻尾振るペットに仕込んでやりたい」

何をされても、悦ぶペット…
変態ですよ…

でも、ご主人様に、そう躾られて、
ご主人様にされることだけで感じて壊れていけるのは、幸せなこと?

「追い込んで」
この言葉が似合います。
そう、いっつもわたしの精神を追い詰めていく。

心を、いつも追い込んでいくんだ(泣)。

「お前は俺のものだ。心・体・意思、あらゆるものが、俺のものだ」

そう、最後にメールがきました。

全部全部、ご主人様のもの…
脳を犯されていく。
毎日、報告をしながら、犯されていく。

心の奥のほうが…縛られて、
ご主人様でいっぱいになっていく。


数日後、今週末…
どうなってしまうのか…



と言いつつ、生理がきませんw
このままいくと、逢える日は、生理です。
そうしたら、どうなっていくのかなぁ…




ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 調教 | COM(0) | TB(0) |
2012-08-21 (Tue)
生理がきました♪
と、嬉しい気持ちになったわたしは、
迷わずすぐに、ご主人様にメールしました。

よかった…今日が生理初日。
それなら、逢う日は、ほぼ終わっている。

汚い姿をご主人様に見せなくて済む。
ご主人様の好きなように…してもらえる。

ホッ…とした、心。

そう、嬉しいんです。
逢える日に、生理が軽いこと。
ご主人様に、思うままにしてもらえるって、物凄い安心…

「されたいんだろ?」

そう言われたら、
わたしは、「はい」としか言えない…今の心。


今朝、いつものように、ご主人様にメールしました。

「おはよう。あーくん。今日は美容院に行ってくるね!」
「いってらっさい」

勿論、お互い、絵文字入りですよ
そう…
なぁんだ、大丈夫だ(笑)。

どれだけ脳ミソを犯されても、
冷たい言葉で捕らえられても、
いつものようにお話だって変わらず出来るんだ。

きっと、何も変わらず、
ただ、溢れていく気持ちに、増えていく世界。
そう…広がっただけ。

そう解ったら、昨夜の不安はどこかへ飛んでいきました(笑)。
(一つ前のエントリーでの不安)

毎日、睡眠時間は2~3時間のわたし。
美容院で、うとうと~。
たった数分、意識が飛ぶと、ご主人様の夢を見てる(笑)。
担当さんに髪を触られて、
「この髪を掴まれたりするのかな?」とご主人様のこと考えて、またウトウト。

夢見て、いやらしい声でもあげたら困るのでw、
頑張って起きていました。


やっぱり好きで…
きゅんってして…きゅぅぅぅってなる。


わたし、SMとかよく解りません。
主従も、初めての世界で、未だに解りきってはいないかも…

それでも、ご主人様が目の前に居る。
それだけで幸せで。
ご主人様が好きなようにして、満たされていく姿に、
きっとわたしも満たされる。

冷たい姿を、見ることになったら…
恐くなりながら、濡らすのかな。
今までにされたことの無い行為に、戸惑いながら、
嬉しくてお漏らしするかもしれません。。。

ご主人様に、言葉で追い詰められた時は、
本当に逃げ道が無く、はぁはぁ…となりながら、ビクビクしてる。

でも、落ち着いて考えると、
悦ぶんです、心が…


恥ずかしい…
なんて、
恥ずかしい子…


やっぱり逢うのが楽しみで、
美容院行ったり、お洋服選んだりしてる自分♪

顔が見たいです。
肌に触れたいです。

そして、思うままに、してください。


お仕事で行くわたしは、珍しくホテルを予約。
交通費が会社負担って、ありがたいですね(笑)。
その浮いたお金で、ホテル。
仕事に影響を及ぼしたくないからの、選択なんですけどね。

しっかりお風呂入って、寝て、仕事に挑む。

でも、ということは、
どれだけ汚されても…堕とされても、平気ということ。

何もかもが、用意されていたかのように動いていくと…
ゾクゾクします。


きっと、その日にならないと解らないことばかりです。
でも、
どんな時間になっても…

目の前にいるのが、あなたで。
それだけで嬉しくて…

やっぱり、大好きで、幸せな気持ちになるはず。

主従って、うまく出来ています。
だって、されたくて仕方ない人に、していくんだもん。

そして、相性って…大切なのかな。

ご主人様はいつも、わたしの精神を追い詰めていく。
わたしの心を、追い込んでいく。
それが、好き。

ただプレイをするだけじゃない。
心を繋げて解放していく。
心は縛られっぱなし…
行為もプラスされたら、どれだけ気持ちいいのか…
それは、わたしたちは、今からだけど…

ワクワクも、してる。


ワクワクしてるんじゃん(笑)。

そりゃ、こわいです。
初体験って、不安でいっぱいのものでしょ。
未体験のものには、いろいろな気持ちが溢れるんです。
それに…ご主人様、とってもこわいもの。

でも…そのご主人様が、わたしを見てくれる。

興奮しますよ、絶対に…


駄目…好き過ぎますw

SMをしたいから、あなた。
では無くて。
あなたがいて、人柄を好きになって、
信じられるだけの、普通の会話をたくさんして…
自分たちの興奮の、偶然、好みが重なっただけなんだ…

あなたとの先に、偶然、主従がありました。

あーくん。
一年になるよ。

あーくんが、わたしにメールをくれて。
いろいろ話していた去年の8月の終わり。
そこから一ヶ月で、主従を結ぶなんて、あの時はまだ思っていなくて(笑)。

いろいろなこと、
笑いながら話していたね。

その中で、あなたの心を好きになって…
この人になら、と預けたわたし。


あの頃のように、毎日たくさんのメールして、
興奮している自分が、嬉しいです。


昨日、わたしが「こわい」と言えば、
何がこわいんだ?
と、聞いてくれた。

わたしの発した言葉の、理由や深い意味を知ろうと聞いてくれたこと。

だから、大丈夫って思える。
不安な気持ちも全部、伝えられるから…
任せられるってこと。心を預けているっていうのかな…

そんな感じ。
オンのご主人様は、どれだけ厳しくて冷たくても、
そういうところ、適当にしない。
心を見てくれる。
壊されても、なおしてくれるのもご主人様で…

わたしはそのまま、染まっていくだけ。

痛いことは、好きかは解りません。
だって、されたこと無いもの…
でも、そう躾られていくんですよね…


いろいろと、ドキドキしています。
とりあえず、早く生理が終わる方法を探してみよw

お道具をチェックして、まとめて…

妄想しておきます。。。



今日も、ご主人様の体と心が、
穏やかでありますように.・:.*..・.:*

それは、毎日変わらず、想い願うこと。

あなたの笑顔が、わたしの栄養になる。
あなたの幸せが、わたしの心を満たしていくから…




ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2012-08-22 (Wed)
今日は朝、ご主人様からメールが無くて、
少しだけ寂しい(笑)。

朝メールが無いだけで、寂しいと、思うわたしが、
「甘えられている」証拠だって…思うの。

少し前までは、一日に一通メールがきたら一安心で、
メールが無い日もあって。。。
ただただ、毎日、ご主人様の心配をしていました。

だから、寂しい!なんて思える自分は、贅沢な悩み。
今、ご主人様との状態が幸せで…甘えているってことだなぁって思います。

人は慣れると、欲求が強くなって、大切な心を忘れそうになる。
だから忘れないように、あの日々を思い出したり、するの…

あなたの過ごす日々が、何事もなく過ぎていると信じて、
「あなたが居る今日」に、変わらずの感謝でいられますように.・:.*..・.:*

あなたが、居てくれるだけで、本当に幸せ。


逢えないからこそ、心配に思う。
飛んでいけないから、悔しく寂しく、想う。

傍にいられたらと、時々、思ったりして…

あなたが何かを必要とした時に、動ける自分でいられたらと、
何も出来ない自分に、独り、泣いたりする。。。


好きになるって…
こんなに愛しくて、切ない気持ちが溢れるなんて、
知らなかったよ。

毎日、やっぱり想い過ぎ(笑)。


ご主人様…
依存しないって、頑張ろうって思っていたのに、
ワンワン甘えて、また依存しそうです(笑)。

気をつけます(笑)。


どうしてか、
こうやって独りで考える時間があると、
すごくすごく、「大好き」が溢れてしまう。

写メ見て、ニマニマしています、時々。
そうして、声を想像したり、感触を思い出したり…
はぁはぁ、してる。。。


あと、数日。
やっぱり、ドキドキしている。

この心は、いつも変わらない。

顔見れるかな…
また、緊張して…恥ずかしさでいっぱいになるかな。

可愛いお洋服を着ていこう。
ワンピース着てみようって、いつも思いながら、
脱ぎにくいから…って、裸になることを考えて、
脱ぎやすい服を選ぶ自分が、恥ずかしい…///

この数日は、いつも以上に体のお手入れをして。
メイク道具も、細かいところを新調したりする。
やっぱり、オンナ心がドキドキと動いてる。


でも、やっぱり、
今日もご主人様は、少しでも元気でいられているかな…
って、考えるわたし。

痛みや苦しみは、半分こしたい。
全部もらってもいいって思います。
毎日、そう思う。

そうしたら、わたしの大好きを、全部あげます。
(ウザいw)

そうして、笑っていて欲しくて。


毎日、同じことばっかり言ってるね。
でも、それだけ、好きです。

あなたからのエサを待っている。
どんなものでも、嬉しくて美味しくて。
すぐ涎垂らすから、気をつけます///



電車に乗ってるかな。
お昼、食べているかな。
仕事、しているんだろうな…
スーツ姿か…////

カッコいいな。
(妄想が激しすぎるw)

今、眠ったら、イイ夢を見ますね、きっと(笑)。



デイト前の一週間は、
デイトへ向けての準備物が、届いたり…
慌しい毎日。

デイト…そう言える、今。

どんな雰囲気になろうと、どんな状況になろうと、
逢えることは嬉しくて、
ご主人様に触れられる時間が、愛しくてたまらない。


気持ちイイ場所を、探そう.・:.*..・.:*


キスをしたい、触れたい、
抱き合いたいです、笑い合ってお話がしたい、
拘束してください、叩き続けてください…
泣き崩れるまでボロボロにされても嬉しいから。


どれがあっても、どれも無くても、

気持ちのイイ「気持ち」になれたらそれで良くて。
どんな姿の、ご主人様も大好きで…

こうしたい、ああしたい…
いろいろして、
二人が一番、気持ちよくなれる場所を、
発見できたら嬉しくて…


わたしは、「あなたにされること」に興奮します。
「見てもらうこと」は特に…///
ご主人様の視線が、好きでたまらないから。

どんなことが好きか…
「ご主人様」が好きだから、
「ご主人様にされること」が好き。

拘束も、オナニーも、お尻叩かれることも、
好きですけど…
「ご主人様だから」、物凄い快感に変わる…



今日もまた終わっていく。
あなたに逢える時間に近付いていく…

その時間に、感謝して…


わたしはココから、
あなたを大好きと…想い続けます.・:.*..・.:*

無理しないで、過ごしていてください、ご主人様





ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 日記 | COM(0) | TB(0) |
2012-08-24 (Fri)
昨夜、ブログを書き上げてみたけれど…
どうしても、しっくり来ずに、消してしまいました(笑)。

もっと、「わたしらしく」いようって。

不安な心は、きっと全部、ベストタイミングで伝えることが出来るはずで、
変な心配は、いつも無いから…
無理に、書き上げたような内容に、朝は嫌になり…
ポチっと、内容を消しました(笑)。

それよりも、
大好きって言っているほうが自然で。

どんなこともされてみたいって…
ドキドキしながら濡らしていることを伝えることが、
今のわたしには、しっくりくる。


きっと、緊張しているから(笑)。
物凄く、ドキドキしている…
だから昨夜は、無駄に時間を潰したりして、ブログを書いていました。

支度が終わっていないのは、
ギリギリまで、「期待しない」でいるため。

今回は特に、前々から、ご主人様の口から、
逢うときのお話が出るから、
ご主人様も…
楽しみにしてくれているのかな、なんて、思ってしまい、
余計に、ドキドキして、
いかんいかん…と、落ち着かせています。

期待して、痛い思いをすることの悲しみを知っているから、
ご主人様との時間が、大切過ぎるからこそ、
期待しすぎないで迎えたい。

やっぱり、顔は見られない、かも////
どうしよ…声も聴けるんだ。
大好きな肌に触れて、脇に納まりたい。。。

好き過ぎるって、困る。。。


今日は朝から郵便局へ行って、
局留めにしてあった、通販したお道具を受け取りに行き
今、一番待ちに待っていた…ご主人様への大切なプレゼントが、
届きました。
似合いそう…って、また妄想して、ハァハァしてる(笑)。

そうして、生理が終わらないことに苛々しつつww、
膣洗浄でもしようと考え中なのです。
さすがに4日で終わりませんね(汗)。

逢えるときは、その時のベストのわたしを差し出したいから。
どんな状況になろうと、大丈夫なように。

それはつまり、どんなこともされたい、ってことですけど////

そう、体を整えていくのも、
わたしからの愛情なんですよ.・:.*

ご主人様のしたいことを受け止める為に。
ご主人様に喜んでもらう為に。

あなたを、綺麗な体と心で、
ぎゅって…抱きしめる為に………


「俺達は恋愛じゃない」って言われても、
きゅんってするから、これは恋愛感情だって認識する。
でも、ただの恋愛程度の感情じゃない…ね、この不思議な気持ち。
ごめんなさい、
いっぱい、好きになって…(笑)。

でもだから、
ご主人様にメールで、心や脳を犯された翌日は、
満たされた顔をして、肌質が上がっています(笑)。

そんな時に、おっぱいを揉むと、効果が上がる(笑)。

幸せそうなわたしが居て。

想えることの、大切さを知るの…


今から24時間後には、
可愛いお洋服を着て、きっと駅に向かっている。

そうして、ソワソワして…
また普通電車に乗っちゃうかもしれません(笑)。

今回は、個人でホテルに泊まるから、
先にチェックイン。

逢う直前に、体を綺麗に出来るのが、嬉しいです。
メイクも直して、ワクワクして…
結局、コーヒー飲みたくなるのかな。

いっぱい、考える。


きっと、また今夜は夢を見る…
逢う前なのに、
ご主人様に逢ってドキドキする夢を見てしまう(笑)。

いつも、考えすぎて、先に夢で見てしまう…
夢で楽しんでしまうww

気をつけましょう(笑)。


朝は、変に不安が走り、ご主人様に、
「あーくん、大丈夫?」ってメールしちゃいました。

一言、お返事をくれたこと…
ありがとう.・:.*..・.:*

わたしの不安を消してくれて、ありがとう。。。

毎日、考えて…
今日も笑っているかな?
少しは穏やかかな?
なんて、想ってる。


明日は、プレゼントを渡すことが、
一番の楽しみだったりします(笑)。

今のご主人様に、きっとピッタリだよ。
だって、ペットまひろが選ぶもの…いつもイイ線、いってるでしょ

あなたの心を癒したい。
だから、あなたに必要なものをキャッチできる心でいたい。

うん…
やっぱり、あーくんの心が幸せを感じられるように、
いっつも、願うんだ。




明日の下着は、何にしよう。

サニタリーショーツもお揃いのやつがいいね
でも、お揃いに出来るブラは、乳首はみ出るの。
(´・д・`*)
最近、おっぱい大きくなったから!!!
(強調してやるwww)

あ、タンポンしよか。
使ったこと無いけど…挑戦してみようかな。。。
そうしたら、ノーパンでいける?

外でもパンツ穿かないように言われ、
初めて、ノーパンで逢いに行けると…
恥ずかしくも嬉しく思っていたのに、ちょっと残念なんです。

やっぱり、
ご主人様好みに、されていく。
ご主人様が好きなことに、わたしの心が悦んで反応するようになってる。


今夜は、早く寝ますね。
そうして、フルーツも大豆製品もたっぷり食べて、
綺麗な体で行きますからね






ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 日記 | COM(2) | TB(0) |
2012-08-27 (Mon)
土曜日の夜、
ご主人様に逢ってきました.・:.*

デイトの内容は…
またゆっくり書いていきたいなって思っています。
(あまり憶えていませんがw)

すごくすごく、濃くて…
幸せな時間になりました。

たくさん責められて泣いて…
でも、最後には抱きしめてもらって。

今までに無いくらい濃い時間。

お話もいっぱいしました。
ご主人様にくっついて、いっぱいお話もしました。

その全部が、本当に濃いものだったから…

逢えて本当に嬉しかったです。


わたしが欲しかったものが、
ご主人様との関係の中に、こんなに詰まっていて…
こんなに満たされていくんだって実感しました。

出来ないことを叱られること。
泣いて許しを乞うこと。
許されて抱きしめてもらうこと。
限界まで頑張ること。
本当の限界を伝える勇気と、そこへの挽回。
頑張った後の、
そうして、与えられる幸せな時間…


うん…
ペットって、幸せな位置にいます.・:.*


ご主人様の股の中?
脚の間に納まって、脚にスリスリくっつきながら、
いっぱいお話をしていた時間が、
実はすっごく心地よくて。

やっぱり、身体の一部が触れ合っていることが好き。

ご主人様の傍に、
ずっとずっと居たい。


聞きたいことを質問して、
教えてもらえることもなく焦らされて…
それでも、
ご主人様は笑ってる。

きっと、わたしがどこかで大丈夫ってわかっていることを、
知っているんだろうな。

遊ばれてる(笑)。
言葉遊び?

わたしも、わかっているのに、
言葉にしてもらいたくなる…
教えてもらえないって解っていて、聞いてる(笑)。

それでも、
大丈夫って思える、変な自信.・:.*


好きです。
(あ、また言っちゃったw)

大好き…
やっぱり、誰でもいい訳はなくて。
同じ嗜好なら誰にでも感じることもなくて。

あーくんだから、こんな気持ちになれるんだって…

あなたに飼われ続けたい。
だから、この先も、もっと頑張りたくて…


あー……

早く逢いたいです、また(笑)。

次はいつ行けるか解らないけど。
いっぱいお仕事して、お金貯めよw
そうして、逢えない時間は、自分磨いて綺麗になりたい。


なんで、
こんなに愛しくて、きゅんってなるんだろ。。。



早く、調教デイトをニマニマしながら書き上げたい(笑)。

ありがとう、ご主人様。
本当に本当に、体も心も、いっぱい気持ち良くなりました.・:.*





ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 日記 | COM(2) | TB(0) |
2012-08-28 (Tue)
朝から、ボロボロ泣いている。
こんなに涙が溢れるのは、想いが溢れるから…

あーくん、苦しい?
昨日は、眠れた?

SNSの中のご主人様。
もっと早く覗いて、もっと早くに気付けばよかった(泣)。

ご主人様が苦しそうな日は、
わたしも一緒に苦しくなるの。

それは、不安定とは違う。
大切だから心配で。想う気持ちが溢れていくから…

あなたを想って、
心の奥のほうが、切なくて、きゅぅぅってなってる。


わたしは何も出来なくて。
傍で抱きしめることも出来なくて…
なんて、ちっぽけな存在なんだって、悔しくて(泣)。

ボロボロ涙が出てくるの…

あーくん……
あーくん…………

どうか、何もしなくていいから、
今日もそこで変わらずに、居てください…

あなたの存在だけで、わたしはとっても元気だから。

…ね。.・:.*..・.:*


逢えた時間は幸せで。
わたしはそれを励みに頑張るね。
また逢える時間を楽しみに、毎日を過ごすね。


逢えない時間は、体を差し出すことの出来ない悲しみの分、
想わせてください…


ご主人様が、デイトのあとに、
そうやって心が揺れてしまうのは…

わたしとの時間が、心地よかったからだと、、、、、

思いたいよ(泣)。


思い込みすぎ?期待しすぎ。


でも…、
わたしは、すごく気持ちよかったよ。
心がいっぱい、気持ちよくなれる。

あーくんとの時間は、
自分に戻れる時間で。
無理をして作らなくていい時間。


現実に帰ると、わたしはまた、少し背伸びをする。


今日のご主人様は、何を思う?
お返事のこないメールに、ただ心配するしか出来なくて。


今も、PCの画面もよく見えないくらいに、
涙ばかりが溢れて…

ボロボロ、ボロボロ。。。



好き。
どうやっても、好きで。

この想いが変わっていかないの…

想い過ぎて、ごめんね。

重くない(笑)?



わたしは、デイトをブログに書くね。
心に残ってる、あの素敵な時間を、残していくね。

だって…
幸せだったの。

心をご主人様でいっぱいにさせられて。
いつも逢えない分、抑えていた心を、
ぶつけていくような…

想い合う心を、深く深く刻んだ時間だったから。


いつもより長く居てくれたことが、
あなたの想いだって思いたくて、感謝でいっぱいになった。

離れたくなくて…
でも、当たり前のように笑顔でバイバイする自分が不思議で。

何でだろうね。
いつもずっと傍にいる感じがするから、かな。


でも今は、少し、遠いの。
だって…悲しみや苦しみを共有したいのに、
あなたはきっと、独りで抱えていて…(泣)。

こういう時こそ、傍にいたいのに。
いられない。

せめて、もっと、心、傍に居られたら。


こういう時こそ、抱き合いたい………の(泣)。



あーくん。
ゆっくり、していて。

嘘でも何でもない。

わたしは、変わらずに居るよ。

わたしに直接触れたくなかったら…、
このブログに触れてくれたら、いいな.・:.*


ここは、わたしたちの、交わる場所。
あなたと繋がれる場所。

あなたを思いっきり、想える場所(笑)。



どうして、心痛くなったのか…分からないけれど。
生きるって、難しいね。

でもわたしは、エサを待つんだ。

エサを与えなきゃ、飢え死にしますからね!!
いいですか!!

ってね(笑)。

意地でも、待ちます。



あの美味しかった味。
栄養。
もう一度、いや、この先もずっと…もらうんです。


また…
上から、いっぱい垂らしてください。



だから、
今日も、ただ生きていて欲しい。

ずっと言ってる。

あなたの存在があるだけで、
こんなにも満たされるんだって………

涙もいっぱい溢れていくの。
想える心が、あなたを想って、こんなにも涙してる。。。


無理はさせたくないから、
これは全部、ただのわたしの想いだから…

もし、読んだなら、
流していいからね.・:.*


想い過ぎて、ごめんなさい。
でも、止まらない……….・:.*..・.:*





ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| ご主人様へ | COM(0) | TB(0) |
2012-08-29 (Wed)
ふふん♪♪
ご主人様のリクエストにお応えして~♪♪
更新しちゃおうっと。

え?
あ、はい…

ちゃんと、ご主人様からメールがきました♪
昼間。
ご主人様のお昼休みに。

そこには、とても嬉しい言葉がたくさん詰まっていました。

ご主人様の今の心を、そのまま教えてもらえたこと。
それが、とても嬉しくて…(涙)。

本当に欲しかったものというか…
ずっと、願っていた。
痛みを半分こしたかったんです。

半分こ出来なくても、
少しでも和らいでくれたら嬉しいって、思います。

昼間のこと。
わたしは素直に気持ちを伝えます。

「吐き出してラクになるなら、吐き出して欲しい。聞くことしか出来ないけれど…」

それは、わたしのそのままの気持ち。
傍にいられないことが悔しいことも伝えました。

こういう時こそ、
ご主人様の心が晴れない時こそ、
わたしは、そっと…傍に居たくなる。

痛みを、分けてください。
あなたの痛いところ、わたしは感じたい…

まさか、でした。

ご主人様のその時の気持ちを、
短文でも、
そのままぶつけてもらえるなんて…

すごく嬉しくて。
結局また、泣いていた昼間.・:.*



そうして夜に…
えへへ♪♪

もう、ブログネタにするって言っちゃったもん♪

ご主人様からメールがきます。
「ブログ、アップするたびに教えて」

おぉっ!!
でいとブログを、楽しみにしているんですね
でいとブログのこと、しっかり更新伝えますよ~。

「いやいや、これからずっと。相当楽しみにしてるんですよ」

(・Д・*)
ご主人様……

「更新してないか毎日何回も見に行ってるから、、、、」


毎日、何回も?
毎日…何回も……
興奮、、、する。。。

あぁぁ…もう
ご主人様…何なんですか、このご褒美ww
悦びますよ!!

もう、いっぱい更新したらいいですかww

「教えないと、見に行かないぞ」

教えます(*´ 艸`)

「ご主人様、これもブログネタにしますね!!
 タイトル、ご主人様はわたしが好き。どうですか!!」

「都合良すぎww流石、妄想大魔王ww」

しゅん…
ご主人様、わたしのこと、好きじゃないんですか…


まぁ、好きなんて言ってもらえませんけどww
言ってもらわなくていいんですけど

だって…
ねぇww?


伝わるの。
きっと、大丈夫だろうなって♪
だって、わたしの妄想の中では、
ご主人様は、ペットまひろを、めちゃめちゃ愛してる!!ですからww

どんだけww
どんだけww

妄想でもね…
そう信じて、ご主人様を想えるだけで、
本当に、きゅんってして…幸せになれるんだもん。

大切なことに変わりは無い。
でいとのブログも書き上げていますが、
本当に大切にしてもらったから……


うん…言葉が無くても、いいんです。

いや、それが堪らないんだろw?

はい、Mですからねww


時々、こうやって、求めてもらうことに、
とてもキュンってなって…
本当に幸せだって思う。

大好きで、想えるだけで本当に嬉しい。


だから、ブログに書いちゃった

次はきっと、でいとブログアップしますね。

ありがとう、あーくん。
本当に、すっごく嬉しかったんだ。
わたしたちが繋がれる…
この場所を、楽しみにしていてくれるということが…

おやすみなさい、ご主人様.・:.*




ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 日記 | COM(0) | TB(0) |
2012-08-29 (Wed)
4回目の、でいと。
ご主人様に、逢ってきました.・:.*

今回は、お仕事の出張があったので、
そこに便乗でのデイトです

逢う為の、チャンスは逃したくない。
簡単に逢いに行ける訳ではないからこそ、逃さない。
それは、守るものがあるからで、その大切さをお互い知っているから。

だから、逢えることに、いつも感謝でいっぱいになります。


今回は、翌日の日曜に仕事を控えての、土曜の深夜デイト。
ご主人様の体調も考えたら、今回だって逢えないかもしれなかった。

一ヶ月前、ご主人様との関係に、調教や指示が再開した頃に打ち明けた出張の日時。
「どーなるか分からないけど、了解」
そうお返事をくれたご主人様。

あれから一ヶ月の間。
今までに無いくらいの、強さと厳しさで、日々わたしを支配し躾けてくれました。

だから…
今までで一番、「逢えるだろうな」そう思えていた。
変な不安が消えていた。
ご主人様との関係に、今まで以上の信頼が…築けているような感じ。

2ヶ月前のデイトの時、
その直後の…出来事。

あの時間があったから、想えることの大切さに今まで以上の感謝が溢れ、
ご主人様が居てくれて、
変わらずわたしをペットとして扱ってくれることを嬉しく思いました。

そうして…やっぱり、大切な人で。。。
本当に、この一ヶ月、素敵な時間を過ごしてきたように思います。


デイト当日は、お昼まで実家で過ごしていました。
長い時間、オウチを空けるので、王子に「ありがとう」と♪

そうして焦りながら支度を始めます。
でも、時間が無いことがプラスに働いて、ご主人様へのドキドキは少な目(笑)。
緊張している暇なんて無いんだもん。

それでもお風呂に入り、身体の手入れをします。
おまんこはパイパンに.・:.*
脱毛も通っているけれど、まだまだツルツルになりませんね(汗)。

一番心配している生理は…この日5日目。
終わりそう。
ご主人様に逢う時間には終わっていますように、と…
膣内を軽く洗浄します。

滅多に逢えないなら、
逢えるときは最高の時間になりますようにと、願います。

そうして、
仕事の荷物に、今回のデイトに合わせて増えてたお道具。
ご主人様へのプレゼントたち

大きなバッグ2個と、バッグと同じくらい大きな袋のプレゼントw
一番大切な、想いのこもったプレゼントは…
無くさないように、バッグの中にそっとしまって。

向かいます。
駅へ。

逢えるのは、きっと21時半過ぎかな。
今回は仕事もあるので、ホテルを予約しました。
先にホテルにチェックインしよう…19時に、ご主人様の地元へ着くように向かおう。

計算して…かなり早く向かうw
やっぱり、待っていられなくて(笑)、14時には駅に居ました。

悩みます。
新幹線で2時間。普通電車なら3時間半。

気持ちを落ち着かせたい…
だって、やっぱりドキドキする。

ご主人様のことを想う時間がいっぱい欲しいな。
ただ、想いながら過ごす時間が欲しい。
そうして今回も、普通電車を選びました。

ドキドキと時間を過ごしながら、電車に乗ろう。
普段使わない、キャリーバッグをゴロゴロ。
重たいお道具。
150センチに満たない体で、必死に歩きます。

早く、逢いたい。
荷物はいっぱいだけど、頑張って向かうんだ♪

キャリーバッグと格闘しながら、ゴロゴロ…
そうして、必死に歩いていると…

「ブチっ!!!」

え!!!
まさか!?

キャリーバッグを、引っ掛けた。
自分のサンダルのストラップに。

切れた…接着部分から、外れた感じ。
サンダルのストラップが…

今から、電車に乗ろうとしていた、
電車の時間が迫る時に、サンダルを駄目にしました(泣)。

電車を一本遅らせて…
サンダルを買う時間を見つけることも出来ず、電車に乗り込みます。

丁度、その頃、ご主人様からメール。
暑かったこの日。
プール帰りのご主人様からメールをもらいました

サンダルのことを、泣き言メール。

ご主人様の地元の駅周辺のお店を教えてもらいます。
だって…
可愛い格好で逢いたいの(泣)。
せっかくオシャレした。

黒のリボンが目立つ白ブラウスに、
前回も穿いて気に入った、チェリー柄のピンクのフレアスカート。
ふわふわした可愛い服。

それに合わせて、白いレースの入ったサンダルを選びました。

今から向かうのに、
足を悪くしたくないし…まともに歩けなくて、迷惑かけるのだって嫌なのに。。。

どうして、どうして…

せっかくご主人様に逢えるのに、
もう、気分は真っ暗。
全然、ドキドキ緊張なんて無くて、泣けてきます。

ご主人様は長い時間、メールの相手をしてくれます。
いろいろなお店を教えてくれる。

ありがとう、ありがとう、あーくん(泣)。。。


途中、乗客が減ったときに、
駅で必死になって買ったボンドで、ストラップを直してみる。
木工用ボンドでwww

ご主人様には、
「木工用はダメだろww」って言われながらww

やっぱり、ブチっって…(泣)。
お気に入りの可愛いサンダルなのに…

そうして、ご主人様の駅に着きます。
悲しい心でも、やっぱり…
ご主人様の住む町の名前を見ると、ニマニマ

あーくん

まずはホテルへ。何とか歩きます。
トボトボと。。。

時間は既に、19時半過ぎ。
ご主人様に逢うまで、あと2時間半か。
時間が、無い…

そうして、ご主人様に教えてもらったお店を歩き回ります。
もう、ご飯を食べる余裕も無く、
サンダルのことだけを頭に、探し回ります。

ホテルの近くのデパート。
全然、無い。
可愛いお店が無いwww

ご主人様、お店少ないですよーw!!!

やっぱり、あの駅ビルだ。
あそこはオシャレなお店があったね!
でも、お金あんまり無いし…

と、駅ビルでお買い物。
でも、やっぱり予想通りの金額の高さに、わたしには手が出ない(笑)。
文具屋を見つけ、最終手段だ!と、強力接着剤を買ってみます。
もし、サンダルが買えなかったら、この接着剤で直してみせる!

結局、サンダルを買うことは出来ずに、
時間は、20時半。

あと一時間…

前回、ご主人様は21時半~22時には家を出れるって言っていた。
だから、それを予測して、あと一時間と考えます。

もう、接着剤しか無いや。
そうホテルに戻ります。

本当は、お風呂に入って…
体を綺麗にするはずだった時間。

メイクも直して、気持ちもドキドキでいっぱいにするはずだった(泣)。

はぁ…家でパイパンにしてきて良かった。
もう、お風呂は諦めて…


でも、
浣腸だけは、するんです。
それが、わたしの想い。

先に、浣腸してみます。
可愛い服は汚せないので、全裸になって。
一人、全裸で…浣腸をする。
お腹が痛むのを我慢して…接着剤をあけていきます(笑)。

でも、やっぱり我慢出来ないのと、
サンダル直しに集中したくて、トイレを済ませます。

あんまり、出る訳はなく。
しょんぼり…
アナル、もっと綺麗にしていきたいのに(泣)。

でも、それよりもサンダルで…
直そうって、ふとサンダルを見ると、
ストラップの内側が外れたのを、庇うように履いていたせいか、
外側まで外れそうになっている!!

こっちも外れたら、完全に履けない。
どうしよう、どうしよう。
焦る気持ちで、接着剤をストラップにつけていく。

「靴の修理に」と書いてあった強力接着剤。
そう、強力な接着剤。
普段、余裕のある自分なら、まだ気にかけたこと。

いや、元々かなりのドジだから、普段でもやったかなw?

必死に、ストラップの外れた部分ををサンダル本体に埋め込んで…
いい感じ♪


うわぁぁぁぁぁ!!!!


指にいっぱい、接着剤がつくw
指と指が、くっついてるwwww


何じゃこりゃぁぁぁ!!!

(いやいや、あんた、焦り過ぎww)


泣けてきた。
だって…こんな接着剤がいっぱいの指は、
ボロボロで、ご主人様を触ったら、ガサガサで…
痛い思いをさせるじゃない(泣)。

もう、最低、わたし。。。

必死に、お湯をかけながら、剥がします。
せめて、指と指は、離さないとwww


泣きそうになりながら、剥がす。
あと何分かな。
まだ21時くらいかな…

あと30分か。
間に合うかな…少しでも、綺麗にしていかなきゃね…

もう、今にも泣きそう。
涙が溢れてきそう…
こんな最低な状況って、有り得るの?
数ヶ月に一回、逢えるという大切な日に。
サンダルも指も、ボロボロで…もう、悲しい。


と、時間を気にして、
一応、携帯を見てみると、

え!!!

ご主人様からメールがきてる。

20:58
「コンビニ寄ってから向かう」

えぇぇぇ!!
ちょっと…待って!!

あぁ、こんな早く逢えるのに…
嬉しいのに、嬉しくない(笑)。

だって、こんなボロボロのわたしは見せたくないの。
でも絶対に、笑われるだけって分かってる(笑)。

「わたしもコンビニ行きたいな」
ご飯も食べていないわたしは、
そうお返事をしながら、指は諦めてw、着替えます。
(あ、さすがに指と指は離しましたw)

もう、メイクも直せない。
着替えて、荷物のチェックをして…

トイレに入ります。
せめて、生理は、終わってるかな…。

よかった…

うん、これなら…ほぼ、もう終わったような感じ。
下着を、パンツを脱ぎます。

パンツを穿かずに、ご主人様に逢える。
それだけが、今のペットとしての救いになるような…そんな微かな悦び。


サンダルがくっついていることを確認して、それだけは安心して、
エレベーターで降りていきます。

ふと、考える。
そんなに早くに出てきてくれたことに。

逢いたいと…思ってくれた気持ちかなって。
すごくすごく、きゅんってなるの…
こんなに早く逢えるの、初めてだよ…

「ホテル前に着いたから、出てきて」
そう、ご主人様からのメールに、外へ出て、ご主人様の車を見つける。

ご主人様だぁぁ!!
あーくん……


やっぱり、複雑な心…
逢いたかったのに…なんだか、悲しい?
こんなに逢いたかったのに、ドキドキがいつもの半分…
緊張が少なくて、良いことなのかな?

複雑だけど、でも、やっぱり大好きで大好きで…

あーくん……
早く、顔が見たい…と、

車のドアノブに手をかけました。




ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村

| 『逢』 | COM(0) | TB(0) |
2012-08-30 (Thu)
2ヶ月ぶりのご主人様…

あ、髪が短い。
数日前に写メももらっているから、予想していたけれど、
キャップの下に覗かせる髪は、短いのがよく分かる。

「DVDを返したいから、付き合ってもらおうと思って」
「はいは~い♪♪」

あれ?
わたしに早く逢いたいからじゃなくて、DVDを返すために早く家を出た?
なぁんだ…
でも、早く逢えたことに変わりは無い。
嬉しい、たった数十分でも、いつもより長く居られること…

と、駅前に向かう。
ドキドキ感は、やっぱり少なく。
とても自然に、逢えました。

「ねぇ、見て、この指。今、サンダルを接着剤で。。。」

「笑!!!!」

ご主人様は、やっぱり笑った。
わたしらしいって(笑)。
本当にドジで、困りますね、わたし。

でも、話して…ラクになる。
悲しい気持ちも全部、ご主人様の笑い声が吹き飛ばしてくれる。

駅前に車を停めて、一緒に降ります。

うわぁっ…プチデート!?
外を、人がいるところを、人前を歩けるって…と、
そんな普通のことに、物凄く嬉しくなってドキドキします。

「あ、まひろ。そこ、コンビニ。行きたいんでしょ?じゃぁ俺、DVD返してくるわ~」

おぉぉぉう。
ドS ww

ご主人様、わたしのオンナ心を。。。
くっそ。
何で、さっきわたしは、コンビニに行きたいとメールしたんだ。。。

いいんだ。いいんだ。
ご主人様の横に並んで歩くのは、きっといつか出来るんだもん…


そうして、あっさり車に乗り込んで待っているご主人様の元へ。
でも、ご主人様らしくていいや(笑)。

車はいつもの道を走っていく。
ホテルに向かって。

今日はいつもと違う車の中。
いつもは、ラジオが流れている車の中。
今日は、音楽が大音量。

大音量、大好き。
わたしもいつも、爆音で運転しているから♪

そうして、ご主人様の近況を聞かせてもらいます。
時々嬉しそうな顔を見せたり、そんな表情一つが嬉しくて。
どんなことも聞かせてもらえることが嬉しい。

「穴開くわ!!」

えっ!!
わたし、また見つめ過ぎ(笑)?
だって…ずっと見ていたいんだよ。

ホテルまで、10~20分。

あ…歌ってる。
ご主人様が、流れる音楽に合わせて歌う。

うまっ…
歌声は、こんな感じなんだ。。。
カッコいいな。

そうやって、ニマニマ見つめる。
「カラオケ行きたいな~」とご主人様。
「うん!一緒に行きたい!!てか、こっちのホテルにはカラオケ付いていないんだね」

「うん。俺、ホテルあんま行かないし、よく知らないけどw」

ホテル…あんまり行かない。
その言葉に、ホッとしてみたり(笑)。

「そうだ、まひろに話そうと思ってた。前に言ってた、音楽のこと…歌詞を気にしないって…」

と、前にご主人様と連絡がうまく取れなかったときに、
一人悩んで、被害妄想いっぱいだったわたしが生んだ、勘違い。
ご主人様が、音楽の歌詞をあまり気にしない理由、どうやって音楽をいつも好きになっていくのかを…
教えてもらいました。

大切なこと、わたしが不安に思ったことは、
こうやって、ちゃんと教えてくれる…

ありがとう…不安な心を、安心に変えてくれて…

そうして、ホテルにつきます。
広いお部屋を選ぶ。

.・:.*..・.:*
あ~、ここからのお話は、
かなり、うる覚えです。。。

いろいろあり過ぎて…はい。
.・:.*..・.:*

部屋に入り…
キャップを外したご主人様は、やっぱり短髪で。
カッコいい。いや、可愛い(笑)。
いつも以上に若く見えます。

少しお話をしながら、まずは、プレゼント~♪
大きな袋のプレゼントは、車にポイしてきましたw
それは、ずっと前からあげる約束をしていたから。
そうして、大切なプレゼントを渡します。

アクセサリー。

本当は、身につけるものを渡すなんて、環境的に、イケナイ事だと思ってる…。
形残るもの、ましてや身に付けるものなんて、厚かましいって思っていました。
でも、このアクセサリーに関しては、絶対の自信があって、
渡したい気持ちをいっぱい乗せてメールしたら、欲しいって言ってもらったので♪
張り切って、用意しましたよ~。

見た瞬間に、「ええやん!!」って気に入ってくれて♪
すぐにつけてくれました。

うん…すごく似合ってる.・:.*

気持ちが嬉しいんだ、って言ってもらい(涙)。
本当に、頑張って間に合うように準備できて良かったって…

あーくん、
いつもいつも、願うの。
あなたの幸せ。あなたの笑顔を。
そう、なりますように….・:.*..・.:*


そして、ご主人様はすぐに、わたしのバッグをチェックします。
一番最初に迷わず取り出したのは、
いやらしい下着。
大きなパールが、おまんこの部分に当たる、パンティ。
リクエストされたので、購入しました。

「おう、コレ!コレ!これで外を歩かせたいんだよな~」
「え?外…?///じゃぁ、今日は出来ないね」

いつか、そんな日が来るのかな…ご主人様に外で調教される日。

「はい?これ、日々の調教用だ」

えぇぇ!?
うそぉぉ~!!

そんな、コレ穿いて、一人で歩くの。。。

「当たり前ですよ。何のためだと思ったの、笑」

う~ん。。。
だって…ね。逢う日の為だって、思って買ったんですよ。

「着けさせてみたいわ。今日は無理なんやろ?」

「あ…生理、もう、ほぼ終わった。だから今、実は何も穿いてきていない///」
「マジか!穿いて」
「うん…///」

穿くと、

「どう?パールはマンコに当たるの?」
「うん…当たってる。。。」
触られると、ドキドキする。
「いやらしい顔になってきたな。」
「そんな…///」
「じゃぁ、そこ立って。歩いてみて!」
「うわぁ…あぁ、はい。」

歩く…変な違和感。
「どう?」
「あんまり分かんない」
「じゃぁ、その部屋の隅から歩いてみて」

テクテク歩く。

あ…歩幅を小さく、そっと歩くと、擦れる。
おまんこに、パールが、擦れる。。。

「多分、歩幅が小さければ、当たるというか…擦れる感じ」
「ふぅん。よし。」

と、今度は拘束グッズを開けているご主人様。
今回の、一番の、楽しみ?
どんなベッドにも使える、手足を拘束できるベルト。
ベッドの四方にベルトが出る状態になり、手も脚も広げて、大の字の拘束になるもの。

ご主人様、嬉しそうに組み立てる。
しかも早い。
「そういうの、好きなの?」
「おう。プラモデルとか昔作ってたしw組み立てるの好きやな」
それにしても、手際がいい。
男らしい姿に、きゅんってする…

「まひろ、髪結べる?こう、上のほうで」
と、ご主人様に、髪を束ねる位置まで指示をもらい、結びます。

ポニーテールみたいな。
そんな感じ。

着実に、組み立てて、ちょっとお手伝いもしつつ、
一緒に、ワクワクします(笑)。
「よし。出来た!まひろ、そこ、寝転がって!」
「え!?服も着たまま?」
「おう。まずは、長さの調節をするだけだから。合わせないとわからんし、服着たままでええから。」

あぁ、そっか。
そうだよね。はいはい~。

と、横になり…ベルトをはめられていく。
ご主人様、嬉しそう。いや、楽しそう。
ご主人様が、やっぱり素早く、わたしの手足のベルトを締め上げていく。

ご主人様が近付くだけで、ドキドキしてる。
顔と顔が接近すると、心臓はバクバク鳴る。
手を…足を触ってもらえるだけで、嬉しくなる。
ありがとうございます、ご主人様…
足まで、触れてくれて…

と、
ギィィィィ!!!

けっこうキツく締め上げられる。
ぅわぁ…あぁぁ…ダメ、そういうの、

興奮する…

思いっきりされるのが、気持ちいい…
乱暴にキツク締め上げられていくのが、好き…

「動ける?どう?」
「あ~、かなり動けないよ~!」
と余裕のわたし。

「よし!」
ニヤっとした、ご主人様。

え…まさか…
だって、調整するためって言ったでしょ。
だから、その…待って…

ご主人様の顔に、変わる。

あ…もう、何も言えない…

スカート捲られて、ご主人様の手が下半身を触る。
おまんこを触られて…緊張する。

何をされるのか、わからないけど、抵抗出来ないことだけは分かるから…
緊張と共に、
大きな興奮を、感じ始めているわたしに、

ご主人様の調教が、始まっていきます…





ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 『逢』 | COM(0) | TB(0) |
2012-08-31 (Fri)
ご主人様に、叱られた。
また、同じことで……

遅くに返信をしたから、メールは返ってきません。
不安と、悲しみと…
一番は、せっかく叱ってもらったのに、
直せていないことに、ご主人様に対して申し訳なくなったこと。

期待して、叱ってくれたのに。
わたしはまだ、直せずに…同じ事をしたんです。


わたしは、いつもただ、謝るばかりで。
理由をつけることが出来なかったり、自分の意見を伝えるのが苦手です。
嫌われたり、捨てられることばかり考えて不安になると、
いつも、とりあえず…謝ってしまう癖がある。

自分の意見を受け入れられるか…そう、不安定になる。
考えることもやめて、
恐怖に、謝ってばかりになる。

それをこの前の調教で…
散々、叱られたのに(泣)。

どうしよう…

もちろん、叱られて指摘されて、
お返事は送りました。

わたしの頭で考えたこと…
これで大丈夫か?なんて考えたけど、
自分の考えを不安に思って伝えないと、もっと叱られるもん…

調教のことを思い出す。
あの、ご主人様の…空気と、
痛かった心を思い出す。

「ごめんなさい」でいっぱいになって、
そうして、ただ「ごめんなさい」じゃダメなんだって、
もっと心は苦しくなって…

ボロボロと泣けてくる。

伝えたい気持ち、いっぱいあっても、
昔から、いつも遠慮や不安から言えないでいた。
ご主人様は分かってか、いつもそこを責めて追い詰める。
言いなさいと、わたしに判断させたり、選択させたりする。

ペットという立場の中、歯向かうことはしません。
従うし、構ってもらうことに、どんなことでも悦びます。

でも、しっかり考えて、自分の気持ちを伝えることも大切?

…さらけ出すということ?
だって、間違ったら、指摘してくれます。
信じていたら、伝えられるはずだよね。

聞きたいことが、ある…わたし。
(答えてもらえそうに無いことだけどww)

そう…
分からなかったら、勝手に悩んで被害妄想になる前に、
聞いてきなさいって、ずっと前に教わったんだ…(泣)。

それも、出来ていないかもって、
今ふと気付いたよ…ご主人様…


自己嫌悪中です。
でも、寝ます。

自分の体を大切にしないと、また叱られます(笑)。

ご主人様と…話したいです。。。


と、ここで吐き出しながら、
ブログを更新したことを、ご主人様に報告するんです。

わたしには、隠すところがありません。
ご主人様の前では、いつも、裸。

心もいっぱい、えぐられて…裸にされて、わんわん泣いてる。
指摘してくれるのも、直してくれるのも…
罰を与え躾けてくれるのも、ご褒美をくれるのも…

ご主人様、だけ。。。


ご主人様………

逢って、また叱られたいと思うわたしは、
甘ったれです…
あんなにこわくて泣いたのに…
どうしてかまた、ああやって追い詰められたいと思うのです。



そんなデイトも、また更新しますね.・:.*





ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 日記 | COM(0) | TB(0) |
2012-08-31 (Fri)
ベッドに拘束されたわたし。

手も脚も動かない。
大の字に広がった体。

ご主人様は、楽しそうな顔をしてる。
ローターを持ってきて、わたしで遊ぶ。
(ココの記憶は、本当に曖昧です。)

「ほら…脚を閉じてみろ」

「できない…」

「笑、閉じれないなぁ?」

そう言いながら、ローターでクリトリスを弄られて、わたしは気持ちよくなっていく。

「あぁ…あぁん…いっちゃう」

バシっ…
太ももを叩かれる。
ご主人様の手で、叩かれる。

「イクなよ」
「はい…」

「脚、閉じてみろ」
出来ないのに、そうやってまた言う…
「出来ないぃ……」
「なに?」

「できない…です」

「聞こえない!」
バシっ…
太もも、おまんこも…容赦なく叩かれる。

「できません…あぁ、イク。いっちゃう…」

「イクな」
「はい…泣。あぁぁん…」

ご主人様は、ずっと焦らす。
寸止めの繰り返し。

少し放置され、フラッと居なくなるご主人様。

ローターをバイブに変更らしい。
今回、新しいバイブ。

電源を入れると、うねってる。
こんなバイブを、おまんこに…?

それでも入れられて、刺激されれば、わたしはあっという間にイきそうになる。
「あぁぁん…イクっ」
「イクな。」

「ぁぁ…はぃ…」
か細い声で答えると、叱られる。

「聞こえない!!」
バシっ!!
「はい!…ぃきません…」

「だから、聞こえないって言ってるだろ!」

え…
ご主人様…こわい。こわい。

「はい、ごめんなさぃ。いきません…!」

そうしてまた刺激される。

「あぁぁん…はぁぁ…イク」
「イクな。」
「はぃ…」
「聞こえない。もっと大きな声で言え!」

バシっ!!!
太ももの内側を、思いっきり、叩かれる。

「……はぃ。。。泣」

「だから、聞こえないって言ってるだろ。なんで、何度言っても出来ねぇんだ!」
バシっ!!!

「ごめんなさいぃ…泣」
「なに?」
「すいません!!!」
「だから、何が?」
「あ…大きな声で…言えなく…て…」

顔を、顎を掴まれる。
ご主人様の顔が近付く。
「だから、聞こえないって言ってるだろ?」

「ごめんなさい…泣!!!」
大声で、謝ります。

涙がいっぱい溢れて、頭真っ白。
ごめんなさい…できない自分と、恐怖でうまく言葉が出ない自分。

それでも焦らされる。
バイブを入れられれば、気持ちよくなる。
「あぁぁ…はぁぁあん…ぃっちゃう…」
喘ぎ声だけは大きく、イクことははっきり言わず、ご主人様に叱られる。

「イクのかイかないのか、わからん。はっきり言え!」
「ごめんなさい…」

睨まれる。
あぁ…できていない。大きな声で…言えていない。

「イク時以外は、声を出すな。」
「はい…」

バイブの音が響く。
でも、ずっと焦らされているおまんこは、イきたくて仕方なくて、
「あぁ…はぁぁ…イっちゃう」

「だから!イク時以外には声を出すなって言ったよな!」
バシっ…!!
「ごめんなさい…泣」

「イク」以外の、微かな漏らす吐息や喘ぎ声さえ叱られる。

もう、わけがわからなかった。
こんなご主人様を見るのは、初めてで、
でも、余裕なんて何も無くて…ただ、必死でした。

ボロボロと泣いて謝ってばかりで…
半分、記憶が無いです。
もう、何を言われたのかも、覚えていない…

ただ、何度も叱られ、叩かれ、謝った。

「変態だな…こんなことされて、感じてるのか?」
恥ずかしくなる…
モゴモゴ何も言えずにいると、
「だから。大きな声で言ったよな?いい加減にしろよ?」

顎を掴まれて、
顔を近く、そう目を見て叱られる。

ごめんなさい、ご主人様…泣。

あまりの出来なさに、
「裸で廊下で一人でするか?」
そう言われる。

廊下…裸…それはっ…
咄嗟に、首を振ったのか…「したくない…」とでも言ったのか…
記憶は曖昧だけれど、

当然、叱られるのです。
「何だ?なんて言った?」

あ…拒否権は、無い。
出来ない、したくないは、服従じゃない…

「ごめんなさい…泣」
「何が?」
「あの…ふくじゅ…う…を…」

バシッ!!!
「聞こえない!!!」
「あ…あ、泣。ごめんなさい…言うことを…聞くー…泣」

わんわん泣いていた気がします。

服を脱がされていく。
拘束されたまま、ブラウスのボタンを外されて、
中のタンクトップを捲くられ、
ブラジャーを、ずらされて、胸があらわになる。

「写真撮るか?ブログに載せるか?」

!!!!
いや!!
それは、嫌だ!!!

言葉も出ずに、焦る顔のわたしに、

「撮ってやる。笑」

携帯を持ってくるご主人様に、怯えるわたし。
心のどこかでは、「絶対、大丈夫。ブログに載せろなんて本気で言わない」って分かっている。
それでも、この状況で、心が怯えない訳がない。
写真を撮られる。
「顔。こっち向けろ。もっと」
そうやって、顔まではっきり写るように、写真を何枚か撮られていく。

いつもの…今までのご主人様じゃなくて…
訳もわからずに、頭は混乱している。
でも、嫌なわけはなくて、ただ興奮する自分に、心がきゅぅきゅぅと、痛くなる。
追い詰められていく。

心を、追い詰められて…涙が止まらない。

ご主人様が近付いてくる。
ドキドキしてる…だって、好きで…
ご主人様が好きで…叱られたいわけじゃないのに…
できない自分に、ボロボロ泣ける。

ごめんなさい、という気持ちと、
抑えていた何かが溢れて、涙でいっぱいになっている。

もう、近付いてもらえるだけで嬉しい。
ご主人様…ご主人様……

ご主人様が、キスをくれる。
そして、首筋に唇を這わせ…

「キスマークつけてやるか?」

!?
どうしたらいいの……泣。
言葉が出なくなった。

だって…してもらいたいのに…
してくださいって、言えるわけない。
そんな残酷なこと、言わないでください、泣。
見つかる場所に、痕はつけられなくて…

どうしていいのか、言葉が出ない。
ズルイ。そんなことを言うの。

「なに?」
「あ…その…」
「嫌か?キスマークをどこにつけられたい?」

首筋に…付けてもらいたいに、決まってる、泣。
目立つ場所に、欲しい…
ご主人様の、痕が欲しい…

でも、それが許されない、現実。

首筋に…つけてくださいと、
言いたくて仕方ないのを、必死に堪え、でも、いらないなんて言えなくて。
切なくて…悲しくて…
言葉は出せず、悲しい顔をするしか出来ませんでした。

ご主人様は、そんなわたしを叱り付けはせずに、
わたしをただ見て、何も言わず、
わたしの脇近く、白い腕を、噛んだ。

すぐに消えるくらいの、痕を残す…

ご主人様も、分かって言ってるのかな…
答えられないくらい、苦しいことだって…
その痛みは、甘く、切なくて…心が、きゅぅってなる。。。

ご主人様、
キスマークが欲しいです…
本当は、マーキングされたくて仕方ない…

いつかいつか、首じゃなくていいから、
どうかどうか……

ご主人様は、わたしの腕を噛み、おっぱいも噛み、
そうして…上のほうから、わたしにご褒美?をくれました。

ご主人様が、口に唾を溜めて、わたしに垂らしてくれる。
わたしは、大きく口を開ける。
欲しくて欲しくて…堪らなくて。

ご主人様…ください…
いっぱい、いっぱい…

何度も垂らされる唾を、美味しく飲み込む。

欲しそうな顔、大きな口をあけて、
ご主人様の唾液を待ちわびます……

「欲しい?」
「はい、ください…」
「なにを?」
あ……
「はっきり言え」
「唾をください…」

そうやって、垂らされる唾は、
ご主人様の一部だから、嬉しくて。
美味しくて美味しくて。

あぁ…ペットだ。
こうやって餌付けされていくんだって…

ご主人様…わたしのご主人様…


ご主人様は、満足そうに笑ってた。
今までに見たことのない笑顔。
ご主人様の顔での、笑顔?

一度だけ、イかせてもらい、拘束を外されます。

そうして、驚いた。
体が、震えだす。
今まで、拘束されていたからなのか、心が安心したからなのか…
急に震えだす。

手も脚もガクガクと、震えてる。

立っていたご主人様に抱きつきます。
ご主人様は、
抱きしめ、頭を撫でてくれました。
「よく頑張ったな…」って。
何度も、何度も撫でてくれ、
震えが治まるまでずっと、何分…わからないけれど、しばらく抱きしめてくれました。







ありがとうございます。
ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村
| 『逢』 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。